Nikonレンズ Nikon中・望遠レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S レンズレビュー 周辺減光・逆光編

ニコン「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」のレビュー第五弾を公開。今回はレンズの周辺減光や逆光耐性についてチェックしています。

まえがき

2021年6月に「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」と共に登場したニコンZマウント初のマイクロレンズ。「S-Line」としてハイエンドな光学設計・ビルドクオリティ・操作性を備え、フルサイズZマウントでは珍しい光学手ぶれ補正まで搭載した本格的なマクロレンズ。

概要
レンズの仕様
マウント Nikon Z 最短撮影距離 0.29m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1.0倍
焦点距離 105mm フィルター径 62mm
レンズ構成 11群16枚 手ぶれ補正 4.5段分
開放絞り F2.8-4.5 テレコン -
最小絞り F32-51 コーティング N/ARNEO
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ85×140mm 防塵防滴 対応
重量 630g AF STM
その他 OLEDディスプレイ・コントロールリング・L-Fnボタン
付属品
キャップ・フード・ケース

レンズ構成はEDレンズ3枚、非球面レンズ1枚を含めて11群16枚構成。一眼レフ時代の105mm F2.8と比べて特殊レンズを贅沢に使用しています。MTFを見る限りでは、特に高周波成分の分解能に優れており、フレーム周辺部における落ち込みも低減している模様。キヤノンと比べるとオーソドックスなマクロレンズですが、光学性能は期待できそうですね。

フォーカスは複数のユニットからなるマルチフォーカスを採用(他社でいうところのフローティング構造)。至近距離における収差の変動を抑え、ピント距離を問わずに高い結像性能を得られると言及しています。駆動にはステッピングモーターを使用しており、静かなで滑らかなAFを期待できます。
コーティングは従来のナノクリスタルコートのほか、最近導入が始まっているARNEOを採用。特に垂直の入射光に対して高い逆光耐性を発揮するようです。

S-Lineらしく、しっかりとした防塵防滴仕様に対応し、レンズ前面は撥水・撥油性のあるフッ素コーティングによりメンテナンスが容易となっています。
鏡筒には独立してカスタマイズ可能なコントロールリングを搭載し、絞り・ISO感度・露出補正などを割り当てることが可能です。コントロールリングの隣にはOLEDディスプレイを搭載し、ミラーレス用レンズながら視覚的にピント位置や絞りの確認が可能。

レンズサイズは競合モデルと比べて大きくも無ければ小さくも無い。機能性はそれぞれ大きく異なるもの、絞り操作やL-Fnボタンに対応し、OLEDディスプレイまで搭載したZレンズはバランスが取れていると思うのです。この中で三脚座に正式に対応しているのはキヤノンRFのみ。

価格のチェック

売り出し価格は大手カメラ専門店の最安値で「116,820円」を確認。フルサイズミラーレス用の中望遠マクロレンズとしては良心的な価格設定と言えるでしょう。(例えばキヤノン「RF100mm F2.8L MACRO IS USM」は163,350円、ソニー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」は131,100円です。)
思いのほか手ごろな価格設定だったので初動の需要は供給が追い付かないほど多くなった模様。

周辺減光

周辺減光とは?

周辺減光とは読んで字のごとく。フレーム周辺部で発生する不自然な減光のことです。中央領域と比べて光量が少なく、フレーム四隅で露出不足となっていることを指します。主に大口径レンズや広角レンズで強めの減光が発生、ソフトウェアで簡単に補正できる現象ですが、露出不足を増感でカバーするのでノイズ発生の原因となる点には注意が必要。特に夜景で高感度を使う場合にはノイズが強く現れる可能性があります。

最短撮影距離

絞り開放で僅かに光量落ちを確認できますがほぼゼロに近い。1段絞ると完璧に抑えることが出来ます。マクロ撮影で周辺減光を心配する必要はありません。
注意:「F2.8」と記載していますが、ニコンは実効F値を表示するので実際には「F4.5~F51」となります。)

無限遠

最短撮影距離と比べると遥かに目立つ光量落ちが発生。F2.8のレンズとしてはかなり目立ち、広い範囲に影響を及ぼしています。絞ると急速に改善しますが、F5.6まで絞っても僅かに光量落ちが残っています。F8まで絞るとようやく解消。
もちろん自動補正で簡単に補正できますが、シャドウを持ち上げることによるノイズ増は考慮しておく必要があります。(特に高ISO感度時)

逆光耐性・光条

逆光 中央

このレンズは従来のナノクリスタルコートと新しいARNEOコートの2種類を採用しています。新しいARNEOコートは直入射光に対して高い効果を持つと言われています、実写を確認してみると、強い光源の周辺もコントラストが維持されているように見える。(光源周囲のRGBゴーストはセンサー面の反射なので回避は難しい)
ゴーストは中程度の影響で発生するものの、100mmクラスのレンズとしては良く抑えられている。実写でゴーストが問題となるシーンは少ないはず。

逆光 隅

強い光源が隅に移動するとゴーストの影響は非常に軽微。ニコンZ S-Lineレンズは逆光耐性に強い傾向があり、このレンズも例外では無いようです。僅かに発生するゴーストも目立ちにくい濃度・色であり、これが問題となることは少ない。

光条

F2.8から光条が発生しているように見えますが、シャープな光条が発生するのはF5.6あたり。面白いことにF11~F16で分散タイプの光条に変化した後、F22~F32でキレのある光条へと変化する。全体的に見て、実写で有用な光条が発生するにはかなり絞る必要があり、回折の影響を考慮すると実用的とは言えない。解像性能とのバランスを取るのであればF8が最適。

今回のおさらい

玉ボケのレビュー時にも指摘しましたが、このレンズはマクロ域以外で口径食が目立つ。それは周辺減光としても現れており、1~2mほどの撮影距離でも影響が強く、無限遠を使った風景撮影では特に目立ちます。これを抑えるためにはF5.6あたりまで絞る必要があり、絞り開放を使いたいのであればヴィネッティング補正は必須。

補正で玉ボケの形状が改善するわけでは無いので、玉ボケを改善するには絞る必要があります。元々のボケが綺麗なので、隅の口径食が悪目立ちするシーンは少ないと思いますが、それでも場合によっては目障りと感じます。

レンズの性質上、強烈な逆光で撮影する機会は少ないと思いますが、もしも強い光源がフレームに入ったとしても、フレアやゴーストが問題となる機会は少ないと思います。ゴーストが発生したとしても、フレームを少し調整することで回避しやすい問題のはず。

購入早見表

作例

オリジナルデータはFlickrにて

関連レンズ

Fマウント

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER