FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ FUJIFILM関連の情報 カメラ レンズ 価格情報 機材の噂情報・速報

富士フイルムが「XF50mmF1.0 R WR」の供給不足を示唆

富士フイルムが9月3日に正式発表した「XF50mmF1.0 R WR」について予想を上回る需要があると告知。供給不足の可能性を示唆しています。

予想を上回る需要

「フジノンレンズ XF50mm F1.0 R WR」 の商品供給に関するお知らせ

お客様各位

平素は富士フイルム製品をご愛顧賜り厚くお礼申し上げます。

この度、2020年9月3日(木)に発表致しました「フジノンレンズ XF50mm F1.0 R WR」は、弊社の予想を大幅に上回るお問い合わせをいただいており、発売日に商品をお届けできない可能性がございます。

現在できる限りご要望数にお応えすべく鋭意努力しておりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【広告】AmazonにてProGrade Digital CFexpressがセール中

稀に見るF1.0のAFレンズですが、Xマウントレンズとしては非常に大きく、高価なモデルです。それにも関わらず、非常に好調なスタートとなった模様。生産数を絞っていた可能性もありますが、APS-C「F1.0」にもそれなりの需要がありそうですね。
そうは言っても、グリップの小さなボディが多いXシリーズとしては非常に大きな中望遠レンズです。大きなグリップを備えた「X-H2」の登場に期待したいところ。

参考:正式発表時の情報

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、世界で初めて*1、開放F値1.0の明るさを実現しオートフォーカス(AF)機能を搭載した「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」(以下、「XF50mmF1.0 R WR」)を2020年9月24日に発売します。

「XF50mmF1.0 R WR」は、50mm(35mm判換算:76mm相当)の焦点距離を備えた大口径中望遠単焦点レンズです。開放F値1.0の明るさを活かし、なめらかで美しいボケ味を実現。高性能なAFにより素早く正確にピントを合わせることもできるため、被写体を際立たせたハイクオリティなポートレート撮影などをお楽しみいただけます。なお、「XF50mmF1.0 R WR」は、「Xシリーズ」用交換レンズの35本目となるレンズです。

製品名 発売日 希望小売価格(税別)
「フジノンレンズ XF50mm F1.0 R WR」 2020年9月24日 200,000円

まとめ

  • 2020年9月3日正式発表
  • 2020年9月8日 10:00 予約開始
  • 希望小売価格:20万円
  • レンズ構成:9群12枚
    (非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚含む)
  • F1.0-F16
  • 最短撮影距離:0.7m
  • 最大撮影倍率:0.08倍
  • 絞り羽根枚数:9枚
  • フィルター:径77mm
  • サイズ:φ87mm×103.5mm
  • 重さ:845g
  • DCモーター駆動

XF50mmF1.0 R WR交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, FUJIFILM関連の情報, カメラ, レンズ, 価格情報, 機材の噂情報・速報
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.