FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

富士フイルム「XF50mmF1.0 R WR」は巨大で高価なレンズだが個性的でゴージャスな描写

PhotographyBlogが富士フイルム「XF50mmF1.0 R WR」のレビュー公開。絞り開放はややソフトな描写ですが、ボケ描写に力が入っているみたいですね。

大きく重いが個性的な描写性能

PhotographyBlog:Fujifilm XF 50mm F1.0 R WR Review

  • Xシステムのレンズラインアップでは最大クラスの単焦点レンズだ。重さ845g、全長10cm強だ。使用しているレンズの量を考慮すると理解できるサイズである。
  • XF56mmF1.2 R」と比べて2倍の重量があり、全長も3cmほど長い。携帯性を重視する場合は56mm F1.2を選ぶ価値がある。
  • 大きなレンズだが、X-T4との組み合わせではバランスが取れている。過度なフロントヘビーとはならず、ビルドクオリティはボディに匹敵する。
  • フォーカスリングは幅広く、滑らか、そして緩すぎない抵抗量で動作する。回転角は120度だが、最短撮影距離と無限遠にはハードストップが無い。
  • 絞りリングは1/3段ごとに動作する。バッグに収納時は誤って操作してしまう場合があるものの、良好な抵抗量とノッチを備えている。
  • X-T4とX-Pro3の組み合わせでAFはXシリーズ最速とは言えない。顔検出・瞳検出は良好に動作する。AF動作時に聞こえやすいAF駆動音が発生するため動画撮影には適していない。
  • ハイコントラストな領域でのみ色収差が見られる。
  • 周辺減光量は良好に抑えられており、F4まで絞ると解消する。
  • 歪曲収差は良好に抑えられている。
  • 絞ると良好な光条が発生するものの、いくらかフレアが発生する。
  • ボケはF1.0の大口径と相まって、XFレンズ群の中では間違いなく最高のボケ味だ。意図的に球面収差が残されており、解像度は56mm F1.2と同等だ。
  • シャープネス
    ー中央はF1.0で少しソフトだが、F1.4で快適なシャープネスとなり、F2.8でピークに達する。回折は目立たず、F11やF16も問題なく使用可能だ。
    ーフレーム端はF1.0~F2.0がソフトだが、F2.8で十分シャープな描写だ。最適な設定はF8である。

大きく重く高価なレンズだが、他のXFレンズでは実現できない描写を得ることが出来る。56mm F1.2との違いは僅かかもしれない、しかし間違いなく差は存在する。ユーザーを満足させてくれるニッチなレンズだ。AFは高速でも静かでもないが、手間いらずでF1.0の世界を体験することが可能である。
価格は1499ドルと最も高価なフジAPS-Cレンズの一つだ。とは言え、個性的でゴージャスな画質の超大口径レンズは決して期待を裏切らない描写だと思う。

とのこと。
絞り開放からキレッキレの光学性能ではないようですが、そのぶんボケ描写に力を入れているみたいですね。作例を確認すると、確かに滲みのある柔らかいボケ描写に見えます。PhotographyBlogの作例ではF8~F11までガッツリ絞っている作例が多いものの、F5.6程度の絞り値でも四隅までシャープですね。既にFlickrのレンズ専用ページには200点を超えるユーザー投稿が公開されています。そちらも併せて確認しておくといいでしょう。

XF50mmF1.0 R WR交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~