SONYレンズ SONY広角レンズ レンズ

DPReviewが FE PZ 16-35mm F4 G のハンズオンを公開

DPReviewが「FE PZ 16-35mm F4 G」のハンズオンを公開。レンズの外観や操作性について紹介しています。やはりズームリングはリニアレスポンスで動作するみたいですね。

DPReview:Hands-on with the Sony FE PZ 16-35mm F4 G

  • Eマウントで6本目となるコンシューマー向けのパワーズームレンズだ。
  • フルサイズ用のパワーズームレンズとしては2本目である。
  • XDリニアモーターを使用してフォーカスレンズを駆動している。
  • このレンズはズームの駆動にもXDリニアモーターを使用している。
  • ズームは非常に滑らかで応答性が良い。
  • 光学手ぶれ補正は搭載していない。
  • 16-35mm F4 ZA OSSよりも10%短く、重量は2/3となる353gだ。
  • 絞りリングは必要に応じてクリックの解除が可能だ。
  • ズーム制御は4つの手段がある。
    ・ズームリングを使用する
    ・レンズ/ボディのズームレバーを操作する
    ・ボディにカスタムボタンを割り当てる
    ・Wi-Fiで遠隔操作する
  • ズームレバーは操作量でズーム速度が変化する。
  • ズームリングは回転量に応じてズームするが、素早く回転した際のズーム速度には上限がある。
  • フォーカスリングは回転速度に応じた移動速度ではなく、回転量に応じたリニアなフォーカス移動となる。
  • 側面にはAFLボタンとAF/MFスイッチを搭載している。
  • 特に16mmで非常に高いシャープネスが得られる。
  • 35mmは絞ると良好だ。
  • 軸上色収差は適切に補正されている。
  • ボケはたまに騒がしくなるが、一般的な撮影シーンでは魅力的だ。
  • インナーズームで、軸方向にズレることが無い。
  • フォーカスブリージングもきちんと抑えられている。(完全ではないが)
  • フォーカスブリージング補正に対応するカメラで完璧に抑えることが出来る。
  • パーフォーカルに見える。つまりズームしてもピントはあったままだ。
    実際にはズーム中にフォーカスを調整することで実現している可能性はあるが、結果はほとんど同じだ。
  • レンズが軽量で、重心の変化もほとんど無い。このため、ジンバルに載せやすく、絞りとズームはどちらもリモートで操作可能だ。
  • ジンバルに載せるため、手ぶれ補正ユニットを搭載しなかったのだと思われる。

小型軽量で見事な光学性能を備えた便利なズームレンズだ。価格は1200ドルでFE 16-35mm F4 ZAの売り出し価格よりも安い。(訳注:国内では少し高めかもしれませんが、海外ではZAが1350ドルで、本レンズは1200ドルとなっています)

とのこと。
本日10時から予約販売が開始される新しいF4広角ズームレンズですね。驚くほど小型軽量な広角ズームにも関わらず、インナーズーム・パワーズームに対応し、さらに防塵防滴・絞りリング・クリック切替など、豊富な機能を備えている模様。海外では16-35mm F4 ZA OSSよりも安価な売り出し価格となっていますが、国内ではどのような実勢価格となるのか気になるところですねえ。

パワーズームを操作する専用リングは回転量に応じたズーム操作が可能となっており、静止画でも使いやすくなっているようです。動画撮影時にズーム速度を調整したい場合は側面のズームレバーを使うのが良さそうです。

ソニー FE PZ 16-35mm F4 G 最新情報まとめ

FE PZ 16-35mm F4 G
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソニーストア icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, レンズ
-