SONYレンズ レンズ 海外の評価

FE PZ 16-35mm F4 Gは静止画/動画どちらでも満足のいく汎用性の高いレンズ

Phototrendが「FE PZ 16-35mm F4 G」のレビューを公開。静止画ではズーム操作に混乱する可能性があると言及しつつも、ハイブリッドユーザーを大いに満足させる汎用性・光学性能を評価しています。

Phototrend:Test Sony FE PZ 16-35 mm f/4 G : l’ultra grand-angle paré pour la vidéo

外観・構造:

  • レンズ構成は12群13枚で、2枚のAAレンズ、1枚のEDレンズ、1枚のUEDレンズ、1枚の非球面EDレンズ、1枚の非球面レンズを使用している。
  • 前面にはフッ素コーティングが施され、鏡筒は防塵防滴仕様だ。
  • ズーム・フォーカスどちらにもXDリニアモーターを使用している。

携帯性:

  • 全長88.1mm、直径80.5mmである。
  • F4 広角ズームとしては小さく軽いレンズだ。
  • さらに重量は353gだ。
  • 携帯性は静止画・動画どちらでも有利となるだろう。
  • インナーズームのためレンズ全長は一定である。

操作性:

  • 絞りリングを搭載している。専用スイッチでクリックの解除が可能だ。
  • ズームコントロールスイッチで左手の親指で簡単なズーム操作ができる。操作量によってズーム速度の調整が可能だ。
  • ズームスイッチがあるボディにも対応している。
  • ズームリングはリニア制御で操作できるが、焦点距離が印字されておらず、非常に緩い。必ずしも実用的とは言えない。動画撮影ではスイッチ操作のほうが遥かに簡単だ。
  • ズームリングとフォーカスリングは混同しやすい。直径は同じではないものの、表面の質感は同等である。

フォーカス:

  • 最短撮影距離が28cmであり、クローズアップの撮影が可能だ。
  • フォーカス音は全く聞こえない。
  • フォーカスは特に高速で、複雑なシーンでも効果的に被写体を追従する。
  • ズーム操作中もピント位置は一定だ。
  • 特定のカメラに実装しているフォーカスブリージング補正に対応している。
  • 光学的なフォーカスブリージングも極僅かだ。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • 解像度はとても見事だ。
  • 16mmは絞り開放から中央がシャープだ。フレーム端はいくらかソフトだが、F5まで絞ると改善し、F6.3で本当にシャープとなる。
  • 20mmは絞り開放から特にシャープだ。フレーム端も非常に良好である。さらにF5.6まで絞ると本当に優れている。
  • 24mmや28mmも20mmと同様の結果が得られる。
  • 35mmも非常に良好で均質な結果だ。絞り開放から中央と端がどちらも非常に良好である。F5まで絞るとピークに達する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • しらみつぶしに探しても色収差は見当たらなかった。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 大きな歪曲収差が残っているが、自動補正され静止画・動画で問題なくなる。
  • 35mmでは糸巻き型の歪曲収差が発生する。
  • Lightroomには補正用のプロファイルが無いので、今のところは手動補正が必要だ。

周辺減光:

  • 16mm F4で目に付くが、絞ると急速に改善する。
  • 35mmで周辺減光は見当たらない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 太陽をフレームに入れると緑色のゴーストが発生する。
  • 絞ると14本の美しい光条が発生する。

総評

我々の結論は非常に肯定的である。ビデオグラファーやフォトグラファーを満足させることのできる汎用性のあるレンズだ。光学性能は優れており、小型軽量で快適に使うことが出来る。手ぶれ補正は搭載していないものの、AFはレスポンスが特に良好だ。多くの点で魅力的なレンズであり、FE16-35mm F4 ZAに取って代わることだろう。

動画向けのレンズだが、静止画と動画のハイブリッドユーザーにも適している。携帯性が良いので旅行にも最適だ。ただし、純粋に静止画用として考慮するとズームシステムは非常に混乱する可能性がある。

  • 長所
    ・とても良好な画質
    ・電動ズーム
    ・応答性の高いAF
    ・小型軽量
    ・F4
    ・価格は従来モデルなみ
  • 短所
    ・操作リングが緩すぎる
    ・静止画には意味のない電動ズーム

とのこと。
ズーム・フォーカスどちらにもXDリニアモーターを使用した珍しい電動ズームレンズですね。ズームリングはリニアなズーム操作が可能となっていますが、Phototrend曰く、少し使い辛さを感じる模様。出来るのであれば、購入前に実機を操作して確認しておきたいところですねえ。

光学性能は歪曲収差などカメラ側の補正に依存する部分があるものの、補正込みで考えると良好な結果が得られるようです。ただし、広角側のフレーム全体の画質を重視する場合は素直にGMレンズを選ぶべきかもしれません。とは言え、F値が大きくても問題ないのであれば、このGレンズも絞って広角側の画質を改善することは可能のようです。

特にも角にも携帯性の高いF4広角ズームは魅力的。特に全長が非常に短いので、カメラバッグに収納しやすいのは動画撮影に興味がなくても魅力的。家族写真や荷物を軽くしたい旅行、風景などのシーンで役に立ちそうです。

ソニー FE PZ 16-35mm F4 G 最新情報まとめ

FE PZ 16-35mm F4 G
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソニーストア icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, レンズ, 海外の評価
-