SONYレンズ レンズ 海外の評価

FE PZ 16-35mm F4 GはソニーEマウント広角ズームの堅実な選択肢

IMAGING RESOURCEが「FE PZ 16-35mm F4 G」のレビューを公開。主に動画撮影向けの広角ズームレンズですが、静止画用としても良好な画質で、携帯性が強みになると高く評価しています。

IMAGING RESOURCE:Sony FE PZ 16-35mm F4 G Hands-on Review

外観・構造:

  • 記載なし。

携帯性:

  • 35mm判のF4 広角ズームとしては信じられないほど小型軽量だ。
  • 重量はFE 16-35mm F2.8 GMNの半分となる353gだ。
  • インナーズームのため、全長は88.1mmから変動しない。
  • ズーム操作でバランスが変わらず、APS-Cカメラに装着してもうまく扱うことが出来るだろう。

操作性:

  • 小型軽量ながら機能的なデザインだ。
  • ズームリングは電子制御で焦点距離は鏡筒にプリントされていない。現在の焦点距離を把握するにはカメラのライブビューを確認しなければならない。
  • ズームリングを前後に動かして、回転方向とズーム方向を確認する必要があった。些細な問題だが、メカニカルなズームレンズと比べて使いやすさに差がある。
  • ズームリングのレスポンスはリニアだが、XDリニアモーターを使ったレンズの移動速度には限界があり、リングを素早く回転させてもズーム速度が追い付かない。
  • 側面のスライドスイッチやボディ側のスイッチを使ってズームも可能だ。
  • 設定によってズーム速度を非常に遅くすることが可能だ。非常に速くすることも出来るが、完全にシームレスな移動ではなかった。
  • 専用の絞りリングも搭載している。ズームレンズでは珍しい機能だ。
  • 絞りリングはクリックを解除して動画撮影向けの無段階操作に対応している。
  • 絞りリングはAポジションでロック可能だ。

フォーカス:

  • XDリニアモーターを使用している。
  • 非常に高速で静かで正確なフォーカスシステムだ。
  • 静止画撮影において欠点や問題は見当たらなかった。
  • 近接から無限遠までの移動は1秒程度だ。
  • マニュアルフォーカスは滑らかに動作し、簡単にピントを合わせることが出来る。ただし、トルクが弱く誤操作することがあった。
  • 優れた最短撮影距離で、被写体を大きくクローズアップすることが出来る。(ただし望遠側)

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 大部分でとても見事な画質だ。
  • 16mmは絞り開放から非常にシャープで、絞っても大きな改善は見られない。隅は中央ほど見事ではなく、F4では少しソフトだ。絞っても僅かに改善するのみである。
  • 24mmは16mmと似ている。絞り開放から非常にシャープである。隅は16mmよりも遥かに良好で、絞るとさらに少し改善する。
  • 35mmの中央は他のズーム域と同様だ。隅はF4から非常にシャープで見栄えが良い。
  • 16mmの隅が少しソフトだが、それ以外はズーム全域でしっかりとした解像性能だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 広角側でも大きな問題は見られない。
  • 極端な高コントラストシーンでも色収差はほとんど、まったく見られない。
  • 色収差の補正状態はとても感銘を受けた。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • このレンズにおける数少ない欠点の一つだ。
  • 補正されていないRAWでは16mmで深刻な樽型歪曲が発生する。公平を期すために言及すると、ボディ内補正で綺麗に修正される。
  • 望遠側にズームすると、24mmで軽度の樽型歪曲、35mmで糸巻き型歪曲が少し見られる。

周辺減光:

  • 16mm F4で目立つ周辺減光が発生する。絞ると改善するが、隅にはわずかな光量落ちが残る。
  • 望遠側にズームすると、大きな問題は無い。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

作例集

総評

ソニーの豊富なレンズラインアップに追加された、興味深いユニークなレンズである。既に二つの広角ズームレンズが存在するが、このレンズは特にハイブリッドクリエイターのために設計されたレンズである。滑らかなパワーズーム機能、手動でクリックを解除できる絞りリング、常にバランスの取れたインナーズームにより、動画撮影で良く機能するだろう。

同時に、小型で携帯性に優れ、マニュアルズームリングを備え、一般的な静止画用の超広角ズームレンズのように扱うことも出来る。しかし、電子ズームリングはあなたが慣れ親しんだ機械式ズームリングとは少し異なっているように感じるだろう。

複数のメディアでコンテンツを制作する映像クリエイターならば、汎用性の高い広角ズームとなる。そして、スチルカメラマンの視点から見ても、本当に良いレンズであることに変わりはない。 ズーム全域でシャープで、フォーカスが非常に速く、驚くほど軽量で持ち運びが簡単だ。そして耐候性も備えている。

画質の主な問題は、16mmで重い歪曲収差が残っていることだが、これは補正が可能だ。 また、パワーズーム設計は機械式ズームリングとは異なる感触で、特に素早いズーム変更が必要な場合は、応答性が物足りない。

もしもソニーEマウントで広角ズームが必要な場合、PZ 16-35mm F4 Gレンズは堅実な選択肢だ。

とのこと。
インナーズームで小型軽量なF4広角ズームですが、優れた光学性能と機能性を兼ね備えたレンズに仕上がっているみたいですね。ミラーレス用らしく歪曲収差は電子補正に依存しているものの、後処理で補正が難しい収差はしっかりと抑えられているようです。電子制御のズームリングは高く評価するレビューサイトが多かったものの、IMAGING RESOURCEは少し辛口な評価となっています。ただし、指摘している部分は他のレビューサイトでも散見する内容なので、大問題と感じる人は少ないと思います。本当に気になる部分であれば、実際にレンズを手に取って確認しておいたほうが良いでしょう。

ソニー FE PZ 16-35mm F4 G 最新情報まとめ

FE PZ 16-35mm F4 G
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソニーストア icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, レンズ, 海外の評価
-