SONYレンズ 海外の評価

FE PZ 16-35mm F4 Gはズーム全域で驚くほど均質性の高い解像性能

Optical Limitsが「FE PZ 16-35mm F4 G」のレビューを公開。小型軽量ながら防塵防滴でインナーズーム、さらに解像性能は全域で均質性が高く、接写時はボケも悪くないと高く評価しています。

Optical Limits:Sony FE PZ 16-35mm f/4 G - Review / Test Report

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • Gクラスのレンズであり、外装は防塵防滴設計でプラスチックパーツを使用している。
  • レンズフードが付属する
  • レンズは驚くほどコンパクトで軽量だが、ビルドクオリティは損なっていない。

携帯性:

  • ビルドクオリティは良好ながら、353gと軽量だ。

操作性:

  • パワーズームだが、従来のような操作でもほぼシームレスな操作が可能だ。
  • ズームはリングの他にスイッチでも操作できる。カメラ側での制御も可能だ。
  • 絞りリングはロック構造やデクリック機能を備えている。
  • ZAレンズと異なりAFLボタンを搭載している。

フォーカス:

  • XDリニアモーターのAFは高速かつ静かだ。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • このクラスでは珍しくズーム全域で驚くほどの均質性を発揮する。
  • フレーム周辺部でも良好~非常に良好だ。

像面湾曲:

  • 像面湾曲は少ない。

ボケ:

  • F4超広角ズームレンズであるため、これがボケモンスターではないのが明らかだが、少なくとも非常に近いフォーカス距離での玉ボケはきちんとしている。

色収差:

  • 自動補正が適用されるので普段は心配する必要が無い。
  • RAWでもかなり低い数値である。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 自動補正が有効であれば何の問題もない。
  • RAWを確認すると、結果は全く異なる。
  • 16mmにおける9%の歪曲収差はほとんど魚眼レンズのような効果だ。
  • 20mmでも4%以上と非常に目立つ。

周辺減光:

  • JPEGでは16mm F4以外はきちんと抑えられている。
  • RAWの16mm F4は非常に重い光量落ちが発生する。
  • 他の焦点距離のF4も素晴らしい結果とは言えない。
  • 他のズームレンズと比べて極端に悪いわけでは無い。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 光条のピークはF11付近だ。先細りするタイプの望ましい描写だ。
  • 厳しいシーンでは逆光耐性が問題となる可能性がある。光源が画像フレームの端の近くやすぐ外側にある場合は、レンズフードを取り付けるとよい。

総評

全体として、比較的まともな価格水準を維持しながら、古いツァイスレンズを大幅にアップデートしたF4広角ズームとなっている。強くおススメできるレンズだ。

とのこと。
ズームレンジは一般的な16-35mmですが、小型軽量でインナーズームの個性的なレンズに仕上がっていますね。歪曲収差は後処理に依存しているものの、社外製現像ソフトでもレンズプロファイルに対応している(Adobeなど)ので大きな問題とは感じないはず。解像性能は周辺部まで極端な落ち込みが無く、ズーム全域で安定した結果が得られるのは凄い。絞っても結果は大きく変わりませんが、被写界深度や光量に集中してF値を操作できるのは強みと言えそうです。価格は15万円前後と安くはないものの、機能性を考慮すると適正価格に抑えられているように見えます。

ソニー FE PZ 16-35mm F4 G 最新情報まとめ

FE PZ 16-35mm F4 G
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソニーストア icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, 海外の評価
-