Canonレンズ Canon広角レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「RF16mm F2.8 STM」は動画向けの設計

Digital Camera Worldがキヤノン「RF16mm F2.8 STM」のハンズオンレビューを公開。画質についてのレビューはまだのようですが、レンズサイズやデザインなどから「動画向けの設計」と言及しています。

Digital Camera World:Hands on: Canon RF 16mm f/2.8 STM review

レンズの紹介:

  • プロスポーツカメラ「EOS R3」と並行して発表された小型軽量な超広角F2.8レンズだ。
  • 16mmの焦点距離は、自撮り動画を撮影するVloggerにとって理想的だ。広い画角は、カメラに向かって作品を撮影する際に周囲の状況をより多く取り込むことが出来る。そしてF2.8の絞りは、撮影中に被写体を分離するのに十分だ。

ビルドクオリティ:

  • RF50mm F1.8 STMやRF35mm F1.8 STMと同様、プラスチッキーなEFレンズよりもはるかに優れた高級レンズであると感じている。
  • RF50mmやRF35mmのように、口径はF1.8まで広げて欲しかった。開放F値が小さければ、光量の少ない場所でのVlog撮影や、特に天体写真の撮影に役立ち、このレンズはより輝いたことだろう。
  • フィルターネジは43mmと非常に小さく、手頃な価格で入手可能だ。しかし、このレンズは動画用に設計されているので、可変NDフィルターをうまくグリップするのが難しいかもしれない。また、超広角のため、ねじ込み式フィルターを装着したときにケラレが発生するのかどうか、試してみないと分からない。

携帯性:

  • 多機能なレンズでは無いが、最も必要なコア機能に絞ることで、驚くほど小型でポータブルなレンズを実現している。
  • RF16mmは、RF50mm F1.8とほぼ同じ筐体を使用しており、サイズは69.2×40.1mmだ。重さはわずか5g多い165gという驚異的な軽さを実現している。
  • 超広角の写真や動画を撮影するためのレンズとして、1日中活躍してくれるだろう。

操作性:

  • レンズ鏡筒には1つのリングがあり、これを使ってマニュアルフォーカスを使用したり、コントロールリングに切り替えて、シャッタースピード、絞り、ISO、露出補正を素早く操作することもできる。

オートフォーカス:

  • 記載なし。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 光学式手ぶれ補正機能は搭載されていないが、ボディ内手ぶれ補正機能を搭載したカメラも存在する。
  • また、16mmの焦点距離では手ぶれの影響量が少ない。
  • この超広角は、デジタル手ブレ補正を使用してクロップすることも可能だ。つまり、ボディ内手ぶれ補正を搭載していないEOS RやCanon EOS RPであっても、手ブレ補正の恩恵を受けることができる。

画質:

  • 室内でのいくつかのサンプルを除いて、まだ完全なフィールドテストやラボテストができていない。きちん利用できるサンプルを手に入れるまでは判断を保留する。しかし、短い時間の中でいくつかの発見があった。

総評

キヤノンは、EOS Rシステム用のLシリーズ以外のレンズラインナップを、迅速に、とは言わないまでも充実させてきた。キヤノン「RF16mm F2.8 STM」は、これまでのRF35mm、50mm、85mmと同様に、RFシステムユーザーにとって手頃な価格の必携レンズとなるだろう。RFラインナップの中で2番目に安いレンズであり、これまでニッチな焦点距離を敬遠していた人でも、このレンズを手にすることで新たな視野を開拓することができる。画質についてはレビューを行うまで判断を保留するが、今のところ、天体写真、動画撮影、Vlog、風景、インテリアなどの撮影に欠かせないレンズになることは間違いないだろう。

  • 長所
    ・超コンパクト
    ・超お買い得
    ・超広角
  • 短所
    ・F2.8
    ・防塵防滴非対応
    ・手ぶれ補正なし

とのこと。
今のところ光学性能やAFに関する言及は無く、詳細はレビュー待ちとなるみたいですね。光学性能に関するレビューは他のウェブサイトでもまだ始まっておらず、発売日付近(10月下旬)までお預けとなる可能性あり。

MTFを見る限り光学性能は価格なり、サイズなり、となる可能性が高そう。特に像高15mm以降はシャープネスに加えてコントラストも低下しているように見えます。絞り開放はお世辞にも風景用とは言えず、APS-Cクロップや動画用(アスペクト比から画質が低下する部分がクロップされる)と見るのは正しい判断かもしれません。
(公式に「動画向け」と書かれてはいませんが、レンズのサイズやMTFを見るに動画向けと判断するのも理解できます。DCWが「動画向けの設計」とどこで聞いたのか気になるところですね)

ただし、あくまでもMTFは絞り開放における性能を示しているので、F5.6~F8まで絞った場合にどれほど性能が向上するのか気になるところ。また、非点収差は抑えられているので、キヤノンの「デジタルレンズオプティマイザ」でどれほど改善するのか見てみたいですねえ。

外観はRF50mm F1.8 STMと瓜二つで、このレンズサイズで「16mm F2.8」をカバーしている驚きの超広角レンズ。DCWは「F1.8だと良かった」と述べていますが、16mmでF2.8を実現しているだけでも上出来なのかなと。

キヤノン RF16mm F2.8 STM 交換レンズデータベース

RF16mm F2.8 STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon
レンズフード EW-65C
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-