D6 Nikon Nikon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 ニコン 一眼レフ 噂情報 機材の噂情報・速報

Nikon D6 最新情報まとめページ

【広告】フジヤエービックで「SIGMA fp」「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」アウトレット出品中

このページでは登場が期待されているニコン一眼レフカメラ「Nikon D6」について情報を収集しています。

最新情報

噂情報まとめ

  • 2020年2月中旬(12日 ±2)
  • 2000万画素センサーであり、2400万画素とはならない
    (100%の可能性では無い)
  • ボディ内手ぶれ補正非搭載
  • 14コマ秒の連写速度
  • 同じ測距点数だがAFシステムは改善されている
  • D6のAFはα9 IIに匹敵する
  • より多くのカスタマイズと機能を搭載
  • 専用アプリも改善されるがカメラリリース後となる
  • より良好なダイナミックレンジ
  • RAW動画・4K 60p
  • デュアルCFexpressカードスロット
  • 新しいEXPEED
  • 0.76~0.78倍の光学ファインダー
  • WiFi内蔵
  • 320万ドットタッチパネル(全ての機能を備えている)
  • 改善され、優れた静音撮影モード
  • より長い長秒露光(Nikon D810Aのような)

2020-01-28:ニコン「D6」はD5比で高感度を1段改善し、2月前半の金曜日に正式発表される?【噂】

Nikon Rumorsが開発発表のあったニコンハイエンド一眼レフ「Nikon D6」について噂情報を発信しています。

Nikon D6は2月前半、第一週の金曜日、もしくは2月12日金曜日の前後に正式発表されるだろう。
私はD6がボディ内手ぶれ補正を搭載しない2000万画素センサーで登場すると確信している。
以前にお伝えしたスペック噂情報に「D5比で高感度が一段改善する」を追加する。

Nikon Rumors:Nikon D6: one stop improved high ISO

とのこと。
アメリカCESで実機展示されていた「D6」がついに正式発表となりそうですね。やはり2月末のCP+目指して正式発表と言ったところでしょうか?

噂されていたボディ内手ぶれ補正はやはり搭載されないようですが、他にどのような進化を遂げているのか気になるところ。
キヤノン「EOS-1D X Mark III」は一足先に登場しており、大幅い強化されたライブビューや動画仕様、そしてAF-ONに埋め込まれた新デバイスなどが光るプロモデルとなっています。
ニコンも「D780」でライブビュー性能を大きく改善。「D5」も同じように像面位相差AFに対応するカメラとなるかもしれませんね。

もしも「D6」が「2000万画素センサー&像面位相差AF」だとしたら、競合他社を含めて珍しいイメージセンサーとなります(ミラーレスカメラでこのような仕様のカメラは出回っていません)。将来的にミラーレスZシステムへの導入も期待したいところ。

2019-12-31:Nikon D6は2000万画素・ボディ内手ぶれ補正・α9 IIに匹敵するAFを引っ提げて2月に正式発表?【噂】

Nikon Rumorsが開発発表のあったニコンハイエンド一眼レフ「Nikon D6」について噂情報を発信しています。

Nikon D6に関するスペック情報を更新する。

  • 2000万画素センサー
    (噂されていた2400万画素では無いが、100%確実な噂でもない)
  • メカシャッターで14fps連写。(D5は12fps)
  • 改良・改善したAFシステムだがAF測距点数は同じ
  • AFシステムは大きく改善し、α9 IIに匹敵する
  • Zシステムから改良したボディ内手ぶれ補正を搭載する
  • 数多くの機能を搭載し、カスタマイズ性に富むカメラとなる
  • 連携するアプリも改善されるが、カメラリリース後に対応する可能性が高い
  • D6は間違いなく「ハイブリッドカメラ」では無く、ミラーレスのように良好な動画とボディ内手ぶれ補正、サイレントシャッターを備えた「一眼レフ」である
  • 4K 60p動画
  • 改善したダイナミックレンジ
  • RAW出力を備えた高度な動画機能(内部記録・外部出力どちらかは不明)
  • D810Aのような長秒露光に対応
  • デュアルCFexpressカードスロット
  • 0.76-0.78の視野率100% 光学ファインダー
  • 新型EXPEEDプロセッサー
  • WiFi内蔵
  • 320万ドット タッチパネル
  • 改善したサイレント撮影モード
  • 正式発表は2月中旬予定(2020年2月12日前後)

Nikon Rumors:Nikon D6 updated/rumored specifications (D6 could be 20MP and not 24MP as previously reported)

とのこと。

同時に「D780」の噂情報も更新しているNikon Rumorsですが、何か重要な情報を受け取ったのでしょうか?以前から噂されているように、ボディ内手ぶれ補正や改善したオートフォーカスを実装しているみたいですね。信頼性に重きを置くプロフェッショナルモデルでボディ内手振れ補正を導入するのは意外ですが、どのような仕様で登場するのか気になる所ですね。ネット上の噂では光学手ぶれ補正と協調するなんて話もあるようですが…。

α9 IIに匹敵するAFというのも気になりますが、光学ファインダーの話なのか、ライブビューの話なのか…。ライブビューの話だとすると、Nikon Zシステムへどのように還元するのか気になる所。光学ファインダー位相差AFの話だとすると、どのようにα9 IIに匹敵するのか気になります。

一先ず、1週間ほどで「D780」の噂情報が本当なのかどうか確認できそうです。すると、このD6に関する情報の真偽もハッキリとするはず。これから2月まではニコンの噂情報から目が離せないですねえ。

2019-12-06:Nikon D6は2月中旬に発表される可能性あり?ボディ内手ぶれ補正の噂は依然として健在

Nikon Rumorsが開発発表のあったニコンハイエンド一眼レフ「Nikon D6」について噂情報を発信しています。

Nikon D6は2月中旬に正式発表すると噂されている。私は2月12日の可能性があると聞いているが、これは内部プレゼンテーションかもしれない。

Nikon D6に関する最新のスペック噂情報は以下の通りだ。

  • Nikon Zシステムから改善したボディ内手ぶれ補正を搭載
  • 様々な局面に適応するため、より多くの機能やカスタマイズ
  • スマートフォン用アプリも改善するが、カメラリリース後の可能性が高い
  • D6は間違いなくハイブリッドカメラでは無い。ミラーレス機能を備えた一眼レフカメラだ(良好な動画・ボディ内手ぶれ補正・サイレント撮影など)
  • 2400万画素センサー
  • 4K 60p
  • ダイナミックレンジが改善
  • AFシステムは改善するが、AF測距点数はおそらく同じ
  • RAW動画を備えた高度な動画機能
  • 長時間のマニュアル露光に対応(120秒~1/8000秒)
  • デュアルCFexpressカードスロット
  • 0.76~0.78倍の視野率100%ファインダー
  • 新しExpeedデュアルプロセッサー
  • WiFi内蔵
  • 320万ドットのタッチモニタ
  • サイレント撮影モードの改善

Nikon Rumors:Nikon D6 rumored to be released in mid-February (plus updated D6 specifications)

とのこと。

基本的に従来と大きく変化の無いスペック情報となっていますが、発表日やスペックの細かい情報が少し鮮明化していうように見えます。2月中旬に発表して、2月下旬の「CP+」で展示するというのは理に適ってる気がします。

これが本当に正しい情報なのか眉唾ですが、それでもボディ内手ぶれ補正を搭載するという噂は根強く残っているみたいですね。

キヤノンの競合モデル「EOS-1D X Mark III」もボディ内手ぶれ補正を搭載するという噂があるので、D6も負けじと搭載している可能性があるのかもしれませんね。

2019-10-30:D6はD5より高画素となる?

Nikon Rumorsが開発発表のあったニコンハイエンド一眼レフ「Nikon D6」について噂情報を発信しています。

いくつかNikon D6のスペックに関する噂がある

  • センサーは2000万画素以上だが、3600万画素以下であるのは明らかだ。(おそらく2400万画素になるのではないかと思う)
  • ダイナミックレンジが改善する。
  • AFシステムが改善されるが、AF測距点数は同じだ。
  • RAW動画を備えた高度な動画機能
  • デュアルCFexpressカードスロット

Nikon Rumors:Nikon D6 rumors

とのこと。ニコンが9月にD6の開発発表してから音沙汰の無かった噂情報が再び出始めましたね。とは言え、既出の情報はD5後継モデルとしては想定の範囲内で特に驚くような内容はまだありません。D5はXQDとCFの2機種をリリースしていますが、メディアカードの趨勢を考慮するとXQD互換のCFexpress一択でしょうか?2000万画素からどれほど高画素化が進むのでしょうか。

キヤノンも10月下旬に「EOS-1D X Mark III」の開発発表を実施しており、来年のオリンピック前に一眼レフの頂上決戦となる雰囲気が出てきました。1D X Mark IIIは新デバイスを搭載したAF-ONボタンや最新のデュアルピクセルCMOS AFを実装してくると思われるので、D6がどのようなライブビュー機能、操作性を取り入れてくるのか気になります。

2019-09-04:D6開発発表

ニコンが「Nikon D6の開発」と「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を発表しました。

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、プロフェッショナルモデルとなる、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D6」および、ニコンFXフォーマット対応の望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を進めています。

ニコンは1999年にデジタル一眼レフカメラ「ニコン D1」を発売し、今年でD一桁シリーズの発売から20周年を迎えます。フラッグシップモデルであるD一桁シリーズは、厳しい状況下においても最高のパフォーマンスを求めるプロフェッショナルフォトグラファーのニーズに応えるべく、ニコンが長年のカメラの開発で培ったトップレベルの技術・ノウハウを結集し進化し続けてきました。「D6」は、その最新機種として開発を行っています。
さらにDシリーズに採用されている「ニコンFマウント」は、今年で誕生60周年を迎えました。今回新たに開発している「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」は、プロフェッショナルフォトグラファーのスポーツ撮影などをより一層強力にサポートします。

ニコンは映像表現の可能性をさらに追求し、デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラの両システムと豊富なレンズラインアップをもって、映像文化をリードしていきます。

本製品の発売時期・発売価格などの詳細は未定です。

ニコン公式プレスリリース

  • ニコン海外公式
  • DPReview速報
  • レンズ構成:10群12枚
  • 最短撮影距離:0.25m
  • 最大撮影倍率:0.15倍
  • フィルター径:72mm
  • サイズ:φ78 x 97mm
  • 重さ:450 g
  • 海外価格:1000ドル
  • 海外発売予定日:2019年10月下

スポンサーリンク

ついにNIKKOR Zレンズ7本目となるレンズが海外で発表されましたね。これまでのF1.8 Sシリーズの中では最広角となる24mmをカバーする単焦点レンズのようです。特に広角レンズはミラーレス化で自由度が高くなるのでニコンがどのような設計で投入したのか気になるところ。価格は24mm F1.8としてはやや高価ですが、そのぶん高い光学性能を期待したいですね。(ちなみに13時現在でまだ国内での正式発表はありません。)

具体的なスペック情報は記載していませんが、D6とAF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VRも開発発表されました。D6は噂通りでしたが、120-300mm F2.8は意外でしたね。「SR」が何を指しているのか現時点で不明ですが、これまでにない新技術を導入しているのでしょうか?

2019-09-04:ニコンヨーロッパがNikon D6の開発発表をフライング掲載

Nikon RumorsがNikon D6のフライング掲載を発見したようです。

ニコンヨーロッパがソーシャルメディア上でNikon D6開発発表をリークした。これまで報告している通り、正式発表はEST 0時である。

Nikon Rumors:Nikon Europe leaked the Nikon D6 development announcement on social media

噂されていたように、Nikon D6の開発発表されそうですね。具体的なスペック情報はまだ無いようですが、リリースに向けて動き出しているようです。日本時間では本日13時と言ったところでしょうか?開発発表でどこまで情報を開示するのか気になるところですね。

2019-08-30:9月4日にD6関連の動きアリ?

精度の高い情報を発信する軒下情報局がなんらかの動きを掴んだようですね。

9月4日は以前から「NIKKOR Z 24mm F1.8 Sや58mm F0.95が正式発表されるのでは」と噂されている日付です。同時にD6の開発発表などがあるのかもしれませんね。

Nikon Rumorsも開発発表と睨んでおり、D6は当初の噂通り「2019年後半もしくは2020年初め頃」と述べています。

2019-07-28:Nikon D6はボディ内手ぶれ補正を搭載して2020年初め頃に登場する?【噂】

Nikon Rumorsがニコン一眼レフ「D5」後継モデルについて情報を発信しています。

私はNikon D6についてカメラ仕様の情報を耳にした。

  • 2020年初め頃に発表予定
  • プロトタイプで既にテスト中
  • ボディ内手ぶれ補正搭載により発表が遅れている
  • D6は「ハイブリッド」カメラでは無いが、一眼レフながらミラーレスのような機能を幾つか備えている(ボディ内手ぶれ補正や良好な動画)
  • デュアルCFexpressカードスロット
  • 0.76~0.78倍の光学ファインダー
  • D5から改善され、より良好なAF
  • WiFi内蔵
  • 320万ドットタッチパネル(全ての機能を備えている)
  • 改善され、優れた静音撮影モード

とのこと。

信頼性が重要となるプログレードモデルでボディ内手ぶれ補正を搭載するのは驚きですね。もし、これが事実であるとすれば、広角レンズや単焦点レンズが使いやすくなる面白い選択肢となりそうです。D6に搭載するとしたら、噂されているD760などにも実装するのか気になるところですね。また、高解像な背面モニタがどのように見えるのかも興味があったりします。

とは言え噂が本当であったとしても、まだプロタイプの段階です。実際のカメラ仕様がリークされるのはまだ先かもしれません。

2019-04-28:Nikon D6はボディ内手ぶれ補正を搭載する?【噂】

Nikon Rumorsがニコンのフラッグシップ一眼レフカメラの噂情報を発信しています。

私は新しい情報提供者からD6に関する最初のスペック情報を受け取った。

  • 2400万画素センサー
  • 4K 60p動画
  • より長い長秒露光(Nikon D810Aのような)
  • センサーシフト式手ぶれ補正

当然、大きな驚きはボディ内手ぶれ補正の情報だ。

今のところ情報はこれで全てだが、今後数週間・数か月のうちにD6の追加仕様を報告できるかもしれない。

とのこと。

信頼性と操作性が最優先されるハイエンドモデルでボディ内手ぶれ補正を搭載するとはやや眉唾な情報のように感じます。Nikon Rumors自身も「新規情報提供者」と述べているようにあまり期待できる情報では無いのかもしれません。

とは言え、フルサイズミラーレスのZシステムにはとても効き目の高いボディ内手ぶれ補正が導入されました。技術的には一眼レフへ搭載することが可能な状況なのかもしれません。D6では無く、D850のような高画素モデルに実装されると良いですねえ。

サイト案内情報

Nikon D6関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-D6, Nikon, Nikon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, ニコン 一眼レフ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.