SIGMAレンズ カメラ レンズ 海外の評価

シグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OS 軽量かつ低価格で検討すべき望遠ズームレンズ

PhotographyBlogがシグマのミラーレス用交換レンズ「100-400mm F5-6.3 DG DN OS」のレビューを掲載。純正GMには及ばないものの、軽量かつ低価格で検討すべき価値のあるレンズと評価しています。

PhotographyBlog:Sigma 100-400mm F5-6.3 DG DN OS Review

  • シグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSは、ソニーαEマウンフルサイズおよびAPS-Cカメラ用の小型軽量4倍望遠ズームレンズだ。APS-C装着時は画角が35mm判換算で焦点距離150-600mmとなる。
  • 重さ1140g、長さ19.92cmのシグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSは、カバーしているズームレンジを考慮すると、とても軽量でコンパクトだ。
  • ソニーα7 IIIのように小さなフルサイズカメラでも、少なくとも400mmにズームするまではバランスが取れている。長時間の手持ち撮影が可能となるレンズだ。
  • 100mmから400mmにズームすると、かなり伸びるので注意が必要だ。
  • ビルドクオリティはとても良好だ。シグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSは、内部構造は金属パーツとプラスチックパーツを組み合わせている
  • シグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSは、望遠ズームレンズに必要な機能をすべて備えている。
  • インナーフォーカスタイプで、鏡筒側面のフォーカススイッチでマニュアルフォーカスへの移行が可能だ。さらにフルタイムのマニュアルフォーカスオーバーライドも可能である。
  • フォーカスリミッタースイッチには、FULL、・6m-∞・1.6-6mの設定があり、被写体とレンズの距離が分かっていれば、オートフォーカスのスピードを上げるのに役立つ。
    さらにUSB Dockを使用して、これらの範囲を自分のニーズに合わせてカスタマイズすることも可能だ。
  • このレンズには距離目盛が無い。
  • 専用のフォーカスホールドボタンがあり、これをカスタマイズして各種機能を割り当てることもできる。
  • 手ブレ補正機能は、レンズ鏡筒上のOSスイッチで作動し、約4段分の補正が可能だ。OSシステムには2つのモードがあり、モード1は一般的な撮影に適しており、モード2は水平方向(垂直方向ではなく)に動く被写体のパンニング撮影に最適だ。必要に応じてオフにすることもできる。
  • 焦点距離100mmでロックできるズームロックスイッチが搭載されており、レンズを保管する際に便利だ。
  • 大きなフォーカスリングを備えており、グリップしやすいように加工されている。無限遠でのフォーカス設定が容易になるように、範囲の両端にハードストップがありる。(訳注:誤記です。このレンズのフォーカスリングにハードストップはありません)
  • オートフォーカスは、ソニーα7 IIIに装着した状態では、約0.25秒で被写体にロックオンしてしまうという、かなりの遅さだ。
  • 良い光の下でも悪い光の下でも、レンズは最終的に被写体にロックオンしたが、いくらかの "ハンチング "を経験した。
  • 大型の円形プラスチック製レンズフード(LH770-05)が付属している。
  • この価格帯で取り外し可能な三脚座・リングが付属していないこと、そしてケースやソフトバッグが付属していないことが気になるところだ。両方とも購入することをお勧めするが、明らかに価格を押し上げることになる。
  • 色収差は、通常、コントラストの強いエッジに沿った紫や青のフリンジとして見られるものだ。テストショットではほとんど見られなかった。
  • 絞り開放では、ズームレンジ両端で光量落ちが激しい。F/11まで絞れば、ほとんど気にならない。
  • 歪曲収差もほとんど気にならない
  • 9枚の円形絞りを採用しており、その結果、非常に良いボケ味が得られているように見える。しかし、ボケの評価は主観的なものであることを認識しているので、いくつか作例を用意した。
  • シャープネス100mm
    中心部シャープネスと周辺部シャープネスは、開放でF5から良好でF5.6まで良好だ。F5.6からF11までは非常に良好となる、F16とF22は回折の影響を受けている。
  • シャープネス200mm
    中心部のシャープネスは開放F5.6から良好で、F8からF11までは中央部も周辺部も高水準となる。F16からF25までは回折の影響を受けている。
  • シャープネス300mm
    中心部シャープネスはF6.3でややソフトだ。F8からF16までは中心部、周辺部ともに高水準を維持しており、F22からF29では回折の影響を受けている。
  • シャープネス400mm
    中央部のシャープネスはF6.3-F8からがややソフトだ。F11からF16までは中心部、周辺部ともに高水準を維持しており、F/22からF/29までは回折の影響を受けている。

ソニーα用の望遠ズームレンズはあまり多くないので、シグマが100-400mm F5-6.3 DG DN OSを発表したのは嬉しいことだ。一眼レフ用と比べて、フォーカスホールドボタンの追加、最短撮影距離の改善、そして三脚座対応など優れた機能を備えている。

マイナス面として、デジタル一眼レフ版よりもピント合わせの際にハンチングしやすく、そしてピント距離目盛がなく、三脚座に追加料金を払わなければならないことなどが挙げられる。

幸いにも、焦点範囲全体で非常に良好な画質を備え、十分な明るさとコンパクトさを実現しているので、手持ち撮影に適している。

光学的に見ると、高価で重いソニーFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSに匹敵するものでは無い。とは言え、400mmを除いて、すべての焦点距離で1段絞れば、中央からフレーム端までとてもシャープだ。

ケースやソフトバッグがないこと、さらに三脚座が付属しないものの、レンズの価格設定を考慮すると妥協すべき点となる。

全体的に見て、歓迎すべき望遠ズームレンズだ。低価格で汎用性の高い望遠ズームを探しているのであれば、検討すべき価値のあるレンズである。

私もソニーEマウント用レンズのユーザーですが、全体的に同意見です。歪曲収差は補正を切ると少し糸巻き型歪曲となるので注意が必要。オートフォーカスは指摘するほどハンチングは無いと思いますが、AF-Sだと少しフォーカス速度が遅くなるのは確か。

解像性能は2400万画素のα7 IIIでも四隅が少し甘く感じるので、高画素機で四隅まで解像性能を得たい場合はしっかりと絞る必要があります。周辺部はいくらか絞る必要があるものの、中央領域はズームレンジ全域で良好なパフォーマンスを発揮。野生動物など被写体を中央付近に配置する撮影では特に大きな問題を感じないはず。

100-400mm F5-6.3 DG DN OS交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony E 最大5万円 -2020/7/26 2020/8/11
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.