Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

タムロン「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」多目的に使える優れた画質のズームレンズ

Lesnumeriquesがタムロン「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」のレビューを公開。色収差や歪曲収差、望遠端の均質性を指摘しつつも、汎用性が高く、絞れば優れた結果を得ることが出来るズームレンズと評価しています。

Lesnumeriques:Test Tamron 17-70mm F/2,8 Di III-A VC RXD : un zoom APS-C performant et stabilisé pour hybrides Sony

レンズの紹介:

  • タムロンはフルサイズミラーレス向けのレンズを数多く投入した後、APS-C市場に戻ってきた。ソニーEマウント用のタムロンは10本あるが、そのうち8本はフルサイズ用だ。このレンズは10本目となるAPS-C用の標準ズームレンズである。
  • 従来の大口径ズームと比べてカバーする焦点距離が広く、フルサイズ換算で25.5‐105mmに相当する画角を利用可能だ。
  • 最大のライバルは「E 16-55mm F2.8 G」だが、比較して400ユーロほど高価だ。

ビルドクオリティ:

  • プラスチック外装だが、防塵防滴で頑丈、良好な仕上がりだ。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • ズームリングは抵抗が強く、望遠側でさらに固くなる。
  • フォーカスリングは少し緩く感じ、心地よい操作感が得られなかった。
  • AF/MFスイッチやVCスイッチは存在しない。モードを切り替えるにはボディ側で操作する必要がある。

オートフォーカス:

  • とても静かでレスポンスも良好だ。
  • α7R IVとの組み合わせで問題は発生していない。
  • 最短撮影距離は17mmで19cm、70mmで39cmを実現している。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • ソニー純正と異なり光学手振れ補正を搭載している。
  • APS-Cにはボディ内手振れ補正を搭載していないカメラも多く、光学手振れ補正は便利と感じるはずだ。

解像性能:

  • 少し絞れば全体的に強力な光学性能だ。
  • F2.8では急激な画質低下が見られるため、とても良好な結果を得るにはF4まで絞るといいだろう。
  • 最適なF値はF4~F5.6だ。
  • F8に近づくとシャープネスが顕著に低下するが許容範囲内だ。
  • 70mmは特に均質性が欠けている。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • F2.8のレンズはボケを大きくすることが出来るが、実写では玉ねぎボケを確認することが出来る。

色収差:

  • いくらか目立ち、特に17mmで収差量が最も増える。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • すべての焦点距離で歪曲収差が目立つ。
  • わずかにトリミングすると目立たなくなる。
  • 基本的にカメラ内補正で適切に補正される。

周辺減光:

  • 絞り開放でも光量落ちは目立たない。
  • 絞ると改善するが、絞りすぎると再び目立つ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

明るく、多目的に使うことができ、優れた画質のズームレンズだ。さらに防塵防滴仕様や光学手振れ補正を搭載し、E 16-55mm F2.8 Gの優れた代替えモデルとなる可能性がある。このセグメントでは非常に魅力的で、コストパフォーマンスに優れたレンズである。

  • 長所
    ・絞り開放から良好な性能
    ・手振れ補正
    ・防塵防滴
    ・F2.8固定の開放F値
    ・応答性の良い静かなAF
    ・幅広いズームレンジ
  • 短所
    ・コントロールリングや絞りリングなし
    ・17mmと70mmの絞り開放で性能が低下する
    ・ボケ描写は完璧と言えない

とのこと。
歪曲収差や色収差はデジタル補正を前提とした残し方のようですが、ズームレンジが広く、汎用性の高い大口径ズームに仕上がっているみたいですね。玉ボケはいくらか騒がしい描写に見えるものの、前後のボケはまずまず良好な描写。すでにFlickrの専用ページでユーザー投稿も始まっているので、併せてチェックしておきたいところ。(投稿数はまだ少ないですが)

タムロン「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-