Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

タムロン「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」は欠点もあるが手ごろで便利なレンズ

PhotographyBlogがタムロン「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」のレビューを公開。歪曲収差や望遠端での画質低下を指摘しつつ、比較的手ごろな価格で多くの人に適した大口径ズームと評価しています。

注意点もあるが便利で優れたズームレンズ

PhotographyBlog:Tamron 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD Review

レンズの紹介:

  • 2020年後半に発売されたF2.8ズームレンズである。
  • APS-C用レンズだが、フルサイズカメラのクロップモードでも使用可能だ。
  • 光学4.1倍のズーム比を備えた最初のF2.8ズームである。フルサイズ判換算で25.5-105mmの画角をカバーしている。
  • 12群16枚のレンズ構成中に非球面レンズを3枚、低分散レンズを2枚使用している。
  • 光学手振れ補正を搭載し、オートフォーカスはステッピングモーター駆動だ。
  • 最短撮影距離0.19mと最大撮影倍率0.21倍を実現している。

ビルドクオリティ:

  • 多くのタムロンレンズと同じく、ビルドクオリティに問題は見られない。
  • 全体的にハイクオリティなプラスチック外装だが、しっかりとした質感だ。
  • レンズマウントは金属製だ。
  • フィルター径は67mmである。
  • 防塵防滴仕様だ。
  • レンズは日本設計・ベトナム製造だ。
  • レンズフードは付属するが、ケースなどはない。

携帯性:

  • 重量は525g、全長は12㎝弱だ。光学倍率とズームレンジを考慮すると非常にコンパクトで軽量である。
  • 17mmから70mmへズームすると、3cmほど内筒が伸びる。
  • ライバルであるE 16-55mm F2.8 Gと比べると、わずかに重く、数cm長い。

操作性:

  • フォーカスリングはかなり狭い。
  • AF/MFを切り替えるにはカメラ側での操作が必要だ。
  • ズームリングは滑らかでバランスが取れている。
  • フォーカスリングは抵抗が弱く、使用時は緩く感じられる。

オートフォーカス:

  • RXD駆動のオートフォーカスは高速で静かだ。
  • α6600との組み合わせで非常に高速で正確に動作する。
  • 撮影倍率0.21倍はクローズアップに便利だ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正を内蔵している。
  • AF/MFスイッチと同じく、オンオフを切り替えるにはカメラ側での操作が必要だ。

解像性能:

  • 17mmの中央はF2.8からF11まで見事だ。F16とF22は回折の影響を受ける。
  • 17mmの端は中央ほどシャープではない。F4からF11で最もシャープな結果となる。
  • 24mmの中央はF2.8からF11まで見事だ。F16とF22は回折の影響を受ける。
  • 24mmの端は中央ほどシャープではない。F4からF11で最もシャープな結果となる。
  • 35mmの中央はF2.8で少しソフトだが、F4からF11で見事な結果となる。F16とF22は回折の影響を受けやすい。
  • 35mmの端は中央ほどシャープではない。F4からF11で最もシャープな結果となる。
  • 50mmの中央はF2.8で少しソフトだが、F4からF11で見事な結果となる。F16とF22は回折の影響を受けやすい。
  • 50mmの端は中央ほどシャープではない。F5.6からF11で最もシャープな結果となる。
  • 70mmの中央はF2.8で少しソフトだが、F5.6からF11で見事な結果となる。F16とF22は回折の影響を受けやすい。
  • 70mmの端は中央と同程度だ。F5.6からF11で最もシャープな結果となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 強い玉ねぎボケに悩まされている。ボケを重視するユーザーは不快と感じるかもしれない。

色収差:

  • 記載なし。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 17mmで非常に目立つ樽型歪曲が発生する。
  • 70mmで非常に目立つ糸巻き型歪曲が発生する。

周辺減光:

  • F2.8では周辺減光が発生する。
  • 減光を抑えるには少なくとも2段絞る必要がある。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F22まで絞ると優れた光条が発生する。
  • レンズフードを装着した状態でも太陽の下ではフレアの影響を受けやすい。

作例集

総評

  • ソニーAPS-Cで高級標準ズームはそれほど数がない。タムロンが優れた17-70mm F2.8を投入したのは素晴らしいことだ。
  • 光学性能にはいくつか問題があり、最も気を付けたいのはズーム両端の目立つ歪曲収差だ。そして騒がしい玉ねぎボケと逆光時のフレアも注意が必要である。
  • シャープネスは大部分の焦点距離と絞り値で中央から端まで優れた結果だ。70mmは画質が低下するので、十分なシャープネスを得るにはF5.6まで絞る必要がある。
  • 光学手振れ補正と防塵防滴仕様は強みとなるだろう。
  • 物理的なコントロールが少ない点は残念だ。AF/MFやVCの切り替え手段は欲しかった。カメラ側で操作するのは面倒である。
  • オートフォーカスは光環境によらず高速で信頼性が高い。フォーカスリングは緩すぎるので特に素晴らしいとは感じない。
  • 光学性能とビルドクオリティの点ではソニーE 16-55mm F2.8 Gが優れている。MF操作や物理コントロールが多いのも特徴だ。とはいえ、1200ポンドの価格設定はタムロンと比べてはるかに高価である。目の肥えたユーザー以外はタムロンレンズがおすすめだ。

とのこと。
比較的手ごろな価格でまずまず良好な光学性能を実現しているみたいですね。他のレビューサイトと同じく、70mmでのパフォーマンス低下と、目立つ歪曲収差については注意が必要と指摘しています。

実写作例を確認すると、70mm F2.8の解像性能も際立って悪いようには見えません。光学4倍の明るいズームレンズと考えると良好なパフォーマンスに見えます。光学手振れ補正対応と考えると健闘しているのではないかなと。
騒がしいと言われている玉ボケの作例が無いのは残念ですが、他のレビューサイトを見る限りでは確かに玉ねぎボケが目立ちます。特にイルミネーションや木漏れ日、雨後の水滴などのハイライトは気を付けたほうがよさそう。

価格は実売8万円台と安いレンズではありません。とはいえ、E 16-55mm F2.8 Gと比べると安く、玉ボケが気にならなければ面白い選択肢となりそう。

タムロン「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER