SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニー「FE 20mm F1.8 G」は本当に素晴らしい単焦点レンズ

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

Lensrentalsがソニー「FE 20mm F1.8 G」のMTFレビューを公開。高解像で非点収差が非常に少なく、像面湾曲も良く抑えられていると高く評価しています。Lensrentalsがここまでべた褒めするのは珍しいですね。

ホームランの光学性能

Lensrentals:Sony FE 20mm f/1.8 G Optical Tests

  • 中央の解像度は驚異的だ。
  • 解像度は端に向かってゆっくり着実に低下するが、驚くべきことにサジタル・タンジェンシャルのMTFにほとんど差が見られない。つまり非点収差や倍率色収差がほとんど無いことを意味している。
  • 大口径単焦点の平均より個体差は少し大きい。
  • EF24mm F1.4Lよりも遥かにシャープだ。
  • 像面湾曲は非常にフラットだ。これを実現するのは簡単では無かっただろう。風景・天体・建築物に最適だ。外側1/4は少しソフトになるが、もちろん絞れば改善する。
  • 歪曲収差は陣笠状だが、補正がオフでも歪曲収差の量はとても少ない。
  • シグマ20mm F1.4 DG HSMはF1.8で少しシャープとなるが、フレーム中央はソニーのほうが遥かにシャープだ。非点収差もかなり抑えられている。F1.4が必要無い限り、ソニーのほうが良い選択肢となる。
  • ニコンAF-S20mm F1.8Gは古いレンズだ。このレンズと比べると、新しいソニー製レンズがどれほど優れているのか分かりやすいと思う。
  • ソニーFE24mm F1.4 GMは価格が倍ほど違い、F1.4と明るく、画角は20mmほど広くない。24mmはF1.8まで絞ることで少しシャープとなる。全ての個体をテストする時間は無かったが、F2.8まで絞っても20mm F1.8ほど非点収差を抑えてはいない。

このレンズはホームランだ。本当に素晴らしい。解像力が凄く、非点収差や倍率色収差が抑えられているのはより凄い。そして何より像面湾曲が全くないことが一番凄い。もっと褒めちぎることもできるが必要無いだろう。ソニーのファンボーイが広めてくれると思う。

もしも明るい単焦点レンズシステムを探しているのであれば、これはそのシステムに組み込む一本だ。もし明るいレンズを望んでいなかったとしても、どうでもいいからこのレンズを買えばいいと思う。このレンズを買わないのは勿体ないことだ。

24mm F1.4 GMの購入を検討している場合、代わりにこのレンズを選ぶことで数百ドル節約することができる。

とのこと。
非常に高解像で諸収差が良く抑えられた広角レンズに仕上がっているみたいですね。Lensrentalsがここまでべた褒めするのは珍しいように見えます。

実際に私も発売日に購入し、確かに優れた光学性能を持つレンズだと感じました。ピント距離によらず非常に解像性能が高く、四隅まで安定したパフォーマンスを得ることができます。明るい広角レンズですが、四隅まで非点収差やコマ収差が良好に抑えられているのは凄い。6100万画素のα7R IVで四隅をクロップしない限り、諸収差が悪目立ちすることは無いでしょう。ボケも綺麗で問題ナシ。

これで価格はGレンズらしく10万円ちょい。バーゲンプライスだと思います。

FE 20mm F1.8 Gの最新情報を集めているページはコチラ

関連記事

関連レンズ

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER