Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

タムロン35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 α7R IIIに装着しても欠点の無い解像性能【海外の評価】

2019年12月13日

【広告】オリンパス直営店で「OM-D E-M1 Mark II 12-40PRO特別セット」が台数限定出品中

スポンサーリンク

Mobile01がタムロンのミラーレス用交換レンズ「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F053)」のレビューを掲載しています。

  • 210gと本当に軽いレンズなので毎日持ち歩くのに適している。
  • 日本設計・ベトナム製造だ。
  • ボディと組み合わせても1Kg未満だ。フルサイズシステムとしては非常に軽量な構成となる。
  • 安価なレンズだが、α7R IIIと組み合わせたシャープネスのテストで欠点は見当たらない。
  • マクロの撮影距離ではフレーム四隅でコマ収差の影響を見ることが出来る。
  • 撮影距離が近くなるにつれ、画角が狭くなる。フォーカスリミッターが無いので最短撮影距離から無限遠までの移動に時間がかかる。
  • フォーカス速度はこのレンズで残念と感じるポイントだ。
  • 色収差は補正をオンにしても僅かに発生している。
  • 強い光をフレームに入れるとフレアやゴーストが発生する。

手ごろな価格帯の広角マクロレンズだ。大口径でもなく、高速AFでも無いが、非常に軽量でコンパクトなので普段使いに適している。

最も注意すべきはフォーカス速度だ。マクロレンズらしくピント移動距離が長いのでスナップシーンには適していない。さらに強い逆光時は僅かにフレアが発生する。

Mobile01:Tamron 35mm f/2.8 Di III OSD M1:2 適合每天帶出門的微距鏡

とのこと。

私もこのレンズを手に入れましたが、確かにオートフォーカスは35mmレンズの中で非常に遅いと感じます。AF-Cでの動作はまだ許容できるものの、AF-Sはもう少しレスポンスが良好だと良かったですねえ。レンズ繰り出し式のフォーカス機構を備え、接写時の光学性能が高くなっていますが、フォーカス速度が犠牲となっている点については理解しておく必要があるでしょう。

解像性能は4200万画素のα7R IIIと組み合わせても四隅まで非常に良好ですね。絞り開放でも周辺減光以外は特に画質低下を感じません。

タムロン35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F053 交換レンズデータベース

35mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F053)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.