Samyangレンズ カメラ レンズ 海外の評価

サムヤン AF 24-70mm F2.8 FEは動画撮影で真価を発揮する

Sony Alpha Blogがサムヤン「AF 24-70mm F2.8 FE」のレビューを公開。競合レンズと厳しい競争ではあるものの、パーフォーカルやフォーカスブリージングを抑えた動画に適した選択肢と評価しています。

Sony Alpha Blog:Samyang 24-70mm F2.8

外観・構造:

  • シグマやソニー純正と競合を目指した大口径ズームレンズだ。
  • ビルドクオリティは他のサムヤン製レンズと同じく良好だが、シグマAetやソニーGMと同等ではない。

携帯性:

  • シグマやソニーよりも非常に重い。

操作性:

  • カスタムモードスイッチがあるのみと、エルゴノミクスは最小限だ。AF/MFスイッチやAFLボタンは無い。
  • カスタムモードではフォーカスリングを絞りリングとして操作できるので動画撮影で便利である。
  • レンズはサムヤン製のレンズドックでカスタマイズやファームウェアアップデートが可能だ。

フォーカス:

  • 静止画・動画のどちらも高速かつ正確で静かに動作する。
  • 連写では75%で良好な結果を得られた。ソニー製レンズは遥かに優れている。
  • 瞳AFは良好に機能する。
  • フォーカスブリージングは目立たない。とても良好な結果だ。
  • 70mmにピントを合わせてからズームイン・アウトしてもピント位置が変わることは無い。(24mmでピントを合わせた場合はそうならない)

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • α7R IVとの組み合わせで全体的にとても良好だが、絞り開放の場合は70mmで苦戦する。
  • 35-50mmがこのレンズのスウィートスポットだ。広角端や望遠端では性能が低下する。
  • 驚いたことに24mmの絞り開放は優れているが、絞ると性能が低下する。
  • 2400万画素や3300万画素のカメラならばより快適で優れた結果が得られるだろう。
  • 隅は中央と比べて少し低下するが、それほど大きな差は無い。
  • ポートレートで良好な結果を得るにはF4に近づける必要がある。35-50mmでの結果がより良好だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは口径食の影響があり、絞ると羽根の形状が現れる。また、拡大すると玉ねぎボケの兆候がいくらか見られる。
  • 後ボケはとても良好だ。
  • 発色は良好で自然である。
  • 動画では非常に良好な結果が得られる。

色収差:

  • 収差は少ないが、緑色の色付きが見られる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 24mmから70mmまで非常に小さい。優れた性能だ。

周辺減光:

  • 24mmで主に目立つが、35mm~70mmは目立たない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は24-70mmとしては普通だが、28-70mm F2.8 DG DNと比べると見劣りする。
  • 絞ると素敵な光条が発生する。

競合レンズ比較:

  • 24-70mm F2.8として、サムヤンは最も重くて大きいが、最も安価だ。
  • ビルドクオリティはソニーやシグマよりも少し低い。
  • ソニーやシグマと比べてスイッチやボタンが少ない。
  • AFはとても良好だが、シグマ・ソニー・タムロンほどではない。
  • サムヤンはフォーカスリングを絞りリングに変更できる点で優位性がある。
    (他の選択肢はタムロン G2のみ)
  • シグマ28-70mm F2.8 DG DNと比べると重量は倍である。
  • シャープネスは競合レンズと比較して低い。
  • 後ボケはシグマが最高で、サムヤンとタムロンG2が同等だ。
  • 玉ボケはシグマが良好だ。サムヤンはF4の時点で玉ボケが角ばってしまう。
  • 周辺減光や歪曲収差の補正状態はサムヤンが最高だ。とは言え、他のレンズは自動補正で問題とならない。
  • 色収差の補正状態はトップクラスだ。
  • 逆光耐性は同等だが、シグマ28-70mm F2.8がより良好である。
  • パーフォーカルの特性は他のレンズと比べて優位性がある。

動画撮影に最適なレンズだ。しかし、シャープネスや玉ボケ、操作性の点で静止画での結果が見劣りする。手ごろな価格だが、シグマ24-70mm F2.8 DG DNのほうが全体的に良好である。

作例集

総評

全体に良好な光学性能で、手ごろな価格を実現している。ただし、競争は非常に厳しい。シャープネスやビルドクオリティの点で見劣りするが、発色や後ボケは互角、歪曲収差や周辺減光、動画撮影でのエルゴノミクスは優れた領域と言える。動画撮影におススメのレンズだ。

  • 長所
    ・35-50mmで優れたシャープネス
    ・滑らかな後ボケ
    ・良好な玉ボケ
    ・良好な発色
    ・ポートレートの優れた描写
    ・クリックレスの絞りリングとして利用可能
    ・低フォーカスブリージング
    ・パーフォーカル
    ・価格
    ・防塵防滴
    ・低歪曲
    ・低色収差
    ・逆光耐性
    ・2400-3300万画素センサーでのシャープネス
  • 平凡
    ・ビルドクオリティ
    ・エルゴノミクス
    ・AF
    ・70mmのシャープネス
    ・ボケ
  • 短所
    ・重量
    ・サイズ

とのこと。
サムヤン初となる大口径ズームレンズですね。登場当時から強調されていたように、動画撮影で真価を発揮するレンズに仕上がっている模様。解像性能やボケ、AFなど静止画での利用を考慮するとシグマやタムロンに分がありそうです。さらにレンズ重量は1㎏を超えているので、気軽に持ち出す標準ズームとしては重すぎと感じるかも。
とは言え、歪曲収差や色収差が光学的に抑えられ、パーフォーカルや低フォーカスブリージングは魅力的。静止画でも画角の変化なくピントが合う撮影体験は心地よいと感じる可能性あり。

サムヤン AF 24-70mm F2.8 FE データベース

AF 24-70mm F2.8 FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

サムヤン関連記事

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-