【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Samyangレンズ レンズ 海外の評価

AF 24mm F1.8 FE は天体撮影モード以外にも強みの多いレンズ

Phototrendがサムヤン「AF 24mm F1.8 FE」のレビューを公開。便利な天体撮影モードをはじめ、良好な光学性能やカスタマイズ性、ボケ描写などについて全体的に高く評価しています。

Phototrend:Test Samyang AF 24 mm f/1,8 FE : il a tout pour plaire

外観・構造:

  • サムヤンTinyシリーズ7本目となるレンズだ。
  • 8群11枚構成で、非球面レンズ2枚、HRレンズ3枚、EDレンズ2枚を使用している。
  • サムヤンレンズには固めのキャリングケースが付属している。これは評価できるポイントだ。
  • レンズの外装はサムヤンらしいものだ。ポリカーボネート製の外装にはシルバーとレッドの飾りリングを装着している。
  • 5点のシーリングが施された防塵防滴仕様である。ビルドクオリティは良好だ。
  • プラスチック製のレンズフードが付属する。

携帯性:

  • α7 IIIとの組み合わせでバランスはとても良好だ。

操作性:

  • 自動的に無限遠に設定する機能を搭載している。
  • 十分な大きさのフォーカスリングは使いやすい。ストロークは180度と短すぎず長すぎずだ。
  • 側面にMODE1/2スイッチを搭載している。MODE1でフォーカスリングとなり、MODE2は絞りリングとして利用可能だ。
  • 絞りリングとして使う場合、変化する速度が速すぎて、正確に調整するのが難しい。
  • AFLボタンはボディ側でカスタマイズ可能だ。
  • AF/MFスイッチは搭載していない。

天体撮影モード:

  • このレンズは天体撮影モードを搭載している。
  • AFLボタンを押しながらカメラの電源を入れると、MFモードに切り替わり、レンズのインジケーターが赤色→緑色に点灯する。
  • MF操作で無限遠からピントが外れるとインジケーターの色が赤色になる。
  • 再びボタンを押すと、ピント位置が元の場所に戻る。真っ暗な環境でも瞬時に無限遠へピント合わせが可能だ。
  • 任意のピント位置でボタンを長押しすることで、プリセットのピント位置を変更することが可能だ。

フォーカス:

  • ステッピングモーターで動作する。
  • 高速かつ正確で静かに動作する。
  • 撮影現場でAF駆動音はほとんど聞こえない。
  • AF-Cで被写体をしっかりと追従する。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は搭載していないが、ボディ側の補正を利用可能である。

解像性能:

  • 全ての絞り値で中央はとてもシャープだ。F4~F8でピークの達する。
  • 絞り開放付近はフレーム端が少しソフトだが、絞ると徐々に改善する。
  • F2.5から均質性が良好となり、F5.6~F8で最適な結果が得られる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 24mm F1.8は必ずしもボケが大きいわけでは無いが、柔らかく心地よい描写だ。

色収差:

  • 逆光時に、少しパープルフリンジが発生する。
  • パープルフリンジは絞り値全てで発生するが、幸いにも後処理が簡単だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • わずかな樽型歪曲が発生する。

周辺減光:

  • F1.8では周辺減光が発生する。
  • F2.5まで絞ると周辺減光は目立たない。

コマ収差:

  • F1.8で僅かなコマ収差が発生する。

逆光耐性:

  • 逆光時もフレアはほとんど発生せず、コントラストは良好だ。
  • 絞るとフレアが発生しやすい。
  • 絞ると18本の光条が発生する。

総評

小型軽量で、明るく、とても良好な解像性能と心地よいボケを備えた広角レンズとして我々を魅了した。幅広い撮影に使うことができる高品質なオールラウンドレンズである。無限遠に設定する特殊機能は非常に便利だが、それ以外にも長所が多い。

  • 長所
    ・小型軽量
    ・とても良好な画質
    ・心地よい発色
    ・天体撮影モード
    ・防塵防滴
    ・MODEスイッチ
    ・コストパフォーマンス
  • 短所
    ・プラスチック外装
    ・絞り開放の色収差
    ・絞った際のゴースト
    ・AF/MFスイッチなし
    ・絞りリングとしてのレスポンス

とのこと。
国内でも6万円前後で流通しているEマウント用の広角単焦点レンズですね。価格を考慮すると外装が少し安っぽいものの、良好な光学性能や機能を備えている模様。このレンズはレビューサイトによって評価が分かれているものの、Sony Alpha BlogやePHOTOzineなどは肯定的な評価となっています(逆にLenstipは少し辛口)。

そして、Phototrendは欠点を挙げつつもコストパフォーマンスの高いレンズと締めくくっています。実写サンプルを確認すると、ボケは24mm F1.8としてはまずまず良好で、解像性能も悪くないように見えます。

敢えて言えば24mmにAFレンズが多すぎることでしょうか?純正2本、シグマ・タムロンなど国産サードパーティ製レンズが4本、海外のサードパーティ製AFレンズが3本ほど。(下部に競合レンズの一覧を掲載)その中でサムヤンは「24mm F1.8」と珍しいパラメータで、価格・F値・サイズのバランスが取れているように見えます。価格やパラメータを考慮すると、直接の競合レンズはシグマ「24mm F2 DG DN」くらいでしょうか。ビルドクオリティはシグマの圧勝に見えますが、AFLボタンやプリセットフォーカスを利用できるサムヤンも面白い選択肢と言えそうです。

サムヤン「AF 24mm F1.8 FE」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

-Samyangレンズ, レンズ, 海外の評価
-