Samyangレンズ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン AF 24mm F1.8 FE は風景や星空撮影のニーズを満たすレンズ

Xitekがサムヤン「AF 24mm F1.8 FE」のレビューを公開。色収差の補正がイマイチとしつつ、良好なコマ収差補正や逆光耐性を評価しています。

Xitek:轻巧星空利器 森养AF 24mm F1.8 FE评测

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 既存のAF 35mm F1.8 FEやAF 75mm F1.8 FEとよく似ている。
  • 防塵防滴仕様だ。
  • レンズマウントは金属製だ。
  • レンズフードは内側にマットな塗装が施されている。

携帯性:

  • 24mm F1.8としては小型軽量なレンズだ。
  • AF 75mm F1.8 FEとほぼ同じサイズである。
  • α7シリーズと組み合わせた際にフロントヘビーではない。
  • フィルター径は58mmと大きくない。

操作性:

  • フォーカスリングとカスタムスイッチ、AFLボタンとシンプルなコントロールデザインんだ。
  • 幅広いフォーカスリングは比較的滑らかに回転する。
  • AFLボタンはボディ側でカスタマイズ可能だ。
  • カスタムスイッチを操作することでフォーカスリングを絞りリングとして使用することができる。
  • AFLボタン長押しでカメラを起動すると、星空フォーカスモードへと切り替わる。無限遠にピントを素早く合わせたり、その際のピント位置を校正するっことも可能だ。

フォーカス:

  • フォーカスブリージングはよく抑えられている。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央はF1.8から許容範囲内だ。F2.8まで絞ると改善する。
  • 周辺部はF1.8で少しソフトだが、F2.2で改善する。
  • F5.6からF8でフレーム隅までシャープネスを改善することが可能だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 中央は良好だが隅に向かってボケが変形する。
  • 玉ボケの内側には玉ねぎボケの兆候が見られる。

色収差:

  • F1.8ではコントラストの高い領域に目立つ軸上色収差が発生する。
  • F2.8まで絞ると大幅に改善する。
  • 色収差補正は最上級のレンズとくらべると見劣りする。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 広角レンズらしい樽型歪曲が見られる。

周辺減光:

  • F2.8まで絞ると周辺減光が大幅に改善する。

コマ収差:

  • コマ収差の補正状態は良好だ。

逆光耐性:

  • サムヤンでは一般的なマルチコーティングを採用している。
  • 絞り開放ではフレア・ゴーストは目立たない。
  • F8くらいの実写では逆光でもフレアやゴーストを抑えることができる。
  • 絞るとシャープな光条が得られる。

作例集

総評

周辺減光、逆光耐性、ブリージングなどで優れたレンズだ。しかし、開放付近の軸上色収差の補正は、まだ不十分と感じた。とはいえ、24mmF1.8としては小型軽量で携帯性に優れている。広角の風景撮影や星空撮影のニーズを満たしてくれるレンズとなるだろう。実際のところ、「24mm F1.8」のレンズとして競合するのはシグマ「24mm F2 DG DN」くらいだ。純正レンズに競合するレンズはない。

  • 長所
    ・小型軽量
    ・コマ収差の補正
    ・周辺減光の抑制
    ・光条
    ・星空フォーカスモード
  • 短所
    ・絞り開放のフレーム端がソフト
    ・軸上色収差

とのこと。
少なくともSAMYANGが意図している天体撮影など、点光源の再現性が重要なシーンと相性が良さそう。ただし、色収差の影響がやや強めで、状況によっては少し目に付きやすいかもしれません。それでも、携帯性の良い24mm F1.8を探しているのであれば、面白い選択肢となりそうです。

Xitekは競合するレンズとして「24mm F2 DG DN」を挙げていますが、補足すると「VILTROX AF 24mm F1.8」や「Batis 2/25」なども存在します。ただし、これらの中でサムヤンは最も手ごろな価格を実現しており、さらに無限遠の撮影に適した便利な機能と耐候性を備えています。ビルドクオリティは競合レンズほど良くないかもしれませんが、コストパフォーマンスを考慮すると検討する価値はあるのかなと。

サムヤン「AF 24mm F1.8 FE」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

-Samyangレンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-,