Canon EOS M6 Mark II X-T30 Z 50 α6400 カメラ デジタルカメラ総合 機材比較 海外の評価

Mobile01がEOS M6 Mark II・X-T30・Z 50・α6400の徹底比較レビューを公開

スポンサーリンク

Mobile01がミドルクラスのAPS-Cミラーレス「EOS M6 Mark II」「X-T30」「Z 50」「α6400」の徹底比較レビューを公開。外観・画質・AF・動画など作例盛りだくさんで分かりやすくレビューしています。

  • 台湾の写真業界は徐々に減退している。最も大きな理由はスマートフォンのカメラ機能が台頭してきていることだ。超広角を含めたトリプルレンズ、さらには5つのレンズを使用しているモデルも存在する。
  • しかし、最も重要なセンサーサイズはレンズ交換式カメラと差がある。フルサイズが最もリソースの多いカメラだが、レンズサイズを考慮するとAPS-Cシステムが静かに支持されている。
  • 今回は「EOS M6 Mark II」「X-T30」「Z 50」「α6400」をそれぞれのキットレンズと組み合わせて比較した。これらはおよそ3万元前後だ。

外観比較

  • 外観の形状やデザインの好みは別として、小型化を追求したミラーレスとしてはα6400が第一候補だ。ファインダーとチルトモニタを備えつつ小型化を実現し、グリップの形状も悪く無い。バランスが取れている。
  • Z 50は4機種の中で最も深いグリップを備え、軍幹部の形状や電子ファインダーなどは最も一眼レフに近い。4機種の中では最も大きなカメラだ。
  • X-T30はレトロな外観に複数のダイヤル操作、フォーカスレバーの存在を考慮すると最もクオリティが高く、特殊な操作性である。ただし、残念ながらチルトモニタは自撮りに対応していない。
  • EOS M6 Mark IIは高画素・高密度AF・低照度機能・連写性能・SD UHS-II対応などの観点からベストのカメラだ。ただし、電子ファインダーが欠けているので別途外付けファインダーを購入する必要がある。
  • どのカメラもキットレンズは沈胴式、もしくは電動式のズームレンズを採用している。格納状態における収納性はとても高い。

EOS M6 Mark II

  • コストパフォーマンスがとても優れている。3250万画素CMOSセンサーを搭載するAPS-Cで最も高解像なカメラだ。
  • デュアルピクセルCMOS AFで5481ポジションを選択可能だ。
  • 低照度AFは-5EVに対応。
  • メカシャッターで14コマ秒の連写に対応している。
  • ファンクションメニューやQメニューに対応し、最もタッチ操作が充実している。
  • 自撮りに対応しているが、外部マイクを装着していると干渉してしまう。
  • ボディ単体の価格は最も安い。主な理由は電子ファインダー非搭載だからだろう。7,900台湾ドルでEVF-DC2を購入することは出来る。
  • ボディには3.5mmマイク端子、レリーズ端子、マイクロHDMI端子、USB-C端子が備わっている。30,000元以下のカメラでヘッドホン端子まで搭載するのは厳しいだろう。
  • USB-C端子経由での充電はPD対応製品に限る不便な仕様だ。
  • キットレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6,3 IS STM」はEOS Mに最適なレンズだが、3250万画素のセンサーには少し力不足である。ただしフォーカス速度と手ぶれ補正は有利に見える。

X-T30

  • 非常に競争力のあるカメラだ。2610万画素のX-Trans CMOS 4を搭載し、最大で425点のAFポイントに対応している。
  • 驚いたことに4機種の中で最も軽量なカメラだ。
  • 外観はレトロだが、上部にはドライブモード・ブラケット・パノラマ・動画モードをなどを切り替えることが出来るダイヤルを搭載している。シャッタースピードダイヤルは1/3段で調整が可能だ。
  • 4K動画は6Kオーバーサンプリングであり、4:2:2 10bitのHDMI出力にも対応している。
  • 瞳AFは静止画・動画で利用可能だ。
  • このクラスでは珍しくフォーカスレバーを搭載している。
  • マイク端子・2.5mmレリーズケーブル端子・USB-C端子・マイクロHDMI端子を備えている。USB-C端子経由でヘッドホン端子を利用できるのは4機種中でこのカメラだけである。
  • 唯一の欠点は背面モニターが自撮りに対応していないことだ。Vloggerには不向きかもしれない。
  • キットレンズは予算に余裕があれば金属外装・絞りリング搭載の「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」がおススメだ。

Z 50

  • 4機種の中で最も新しいカメラだ。Zマウント初のAPS-Cカメラでもある。
  • 現在、Zマウント用のAPS-C用レンズは2つしかない。フルサイズ用レンズを利用できるが、過剰な投資となってしまうだろう。
  • 既存のFマウントユーザーであればアダプター経由で一眼レフ用レンズを利用可能である。ただし携帯性は犠牲となる。
  • 手ごろな価格だがパフォーマンスはD500と似ている。11コマ秒のメカシャッター連写に対応し、一眼レフのようなしっかりとしたグリップを備えている。
  • D500・D7500に搭載している評価の高いAPS-Cセンサーと同等だが、主流の2400万画素センサーと比べると低画素でクロップし辛い。
  • 低照度AFは-4EVに対応している。
  • マイク端子・USB 2.0・マイクロHDMI端子を備えている。
  • Vlogger向けの自撮りモニタに対応しているが、下方向に展開するのでカメラを三脚に装着すると干渉してしまう。
  • キットレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」しか存在しないが、幸いにもこのレンズの光学性能は悪く無い。5枚の特殊レンズを使用し、MTFも美しい。

α6400

  • ソニーはAPS-Cミラーレスのパイオニアだ。2010年に最初のAPS-Cミラーレスであり、最初のEマウントでもあるNEX-3・NEX-5を発表した。
  • 登場時期は比較的古いが、競争力のあるモデルだ。
  • 4機種中で最小サイズながら電子ファインダーを備えている。
  • 長年2400万画素センサーを使用しており、裏面照射型や積層型と言ったセンサーは使用していない。
  • リアルタイムトラッキングAFを最初に導入したモデルだ。
  • 連写速度は11コマ秒だが、リアルタイムトラッキングによって驚異的な成功率を実現している。
  • 4K動画は6Kオーバーサンプリングだが、残念なことにローリングシャッターの影響が強い。動きのある撮影では注意すべきだ。
  • USB2.0端子・マイクロHDMI・3.5mmマイク端子を備えている。
  • コンパクトなカメラだが、豊富なカスタム機能で操作を改善することが出来る。操作性は他3機種に見劣りしていない。
  • 録画時間は無制限だがバッテリーライフは考慮する必要がある。
  • E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」はα6400の性能を十分に発揮できるものでは無い。画質と望遠側を強化するのであれば「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を組み合わせたいところだが、さらなる予算が必要だ。

自撮り操作・グリップ比較

  • X-T30のみ自撮りモニタに対応していない。そしてグリップが小さいので自撮りに不向きである。
  • EOS M6 Mark IIは自撮りに適したグリップの形状だ。縦構図でも握りやすい。
  • Z 50のグリップは最も深く、男子でも女子でも簡単に握ることが可能だ。セルフィーも簡単である。
  • α6400はグリップの内側とレンズの距離が近いので、自撮り時は親指を置く場所が狭い。

静止画画質

  • キットレンズと組み合わせているため、センサーの限界解像性能を確認できるテストではない。
  • キットレンズでフレーム端の画質を期待は出来ないため中央クロップのみ比較する。
  • α6400と「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」の組み合わせが最もシャープだ。
  • X-T30と「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」の組み合わせが最もソフトに見えるので、「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」を使ったほうが良いだろう。

顔・瞳検出AF

  • M6 II:
    全身をフレームに入れた状態で顔を検出可能だ。後ろ向きでは頭と体を捕捉している。上半身をフレームに入れると瞳を検出する。
  • X-T30:
    全身をフレームに入れると顔を検出する。後ろ向きでは頭部を捕捉している。上半身をフレームに入れると瞳を検出する。
  • Z 50:
    パフォーマンスは上記2機種より優れている。全身で滑らかに顔を検出し、後ろ向きでもしっかりと後頭部をロックする。復帰後の再検出は非常に高速だ。
  • α6400:
    他3機種との違いは明らかだ。全身で瞳を正確に検出可能である。後ろ向きでも後頭部をロックし、電光石火で再検出する。

S-AF性能

  • 4機種すべてが像面位相差AFに対応している。M6 IIのみ像面位相差AFであり、他3機種はコントラストAFと組み合わせて使用している。
  • 4機種のフォーカス速度はほぼ同じだ。

ホワイトバランス・肌調の比較

  • ポートレート「グループA」の比較ではM6 IIが最も優れたホワイトバランスだ。X-T30は僅かに紫かぶり、Z 50は僅かに黄かぶり、α6400もわずかに緑かぶりしている。
  • 曇天環境での撮影はM6 II・X-T30・α6400の再現が良好な一方、Z 50は僅かに黄かぶりしている。
  • 風景「グループB」を確認すると、X-T30が他3機種より優れた色調を維持している。

ISO感度ノイズ・長秒ノイズ・ダイナミックレンジ

  • X-T30とα6400のディテールはM6 IIやZ 50より優れている。
  • 個人的な見解としてはX-T30が最も優れている。X-T30はAPS-Cセンサーで唯一裏面照射型を採用しているモデルだ。
  • 長秒露光後に増感すると、M6 IIのハイライトは飛んでいるがディテールを維持しているのが分かる。X-T30はシャドウのディテールが色被りなしで維持出来ている。α6400やZ 50は色ノイズが目立つ。
  • 4機種でパフォーマンスは似ているが、ハイライトの諧調はZ 50が最も良好だ。

動画

  • M6 IIのみインターレース式であり、画質は他3機種のプログレッシブ式ほど良く無い。他3機種と比べて遥かにソフトな画質だ。
  • X-T30とα6400は6Kオーバーサンプリングの4K動画であり、ディテールが最も豊富だ。どちらもF-logやS-logなど動画に適した仕上がり設定を備えている。
  • ローリングシャッターの影響による歪み効果はプログレッシブ式の電子シャッターや動画撮影でよく見られるものだ。
  • M6 IIはインターレース式のため、ローリングシャッターの影響は目立たない。X-T30やZ 50と同等だが4Kとしての画質を犠牲にしている。α6400は顕著な歪み効果があるので大きな欠点と言えるだろう。静止体はシャープに写すことが出来るが、高速移動を伴う動画撮影では使えない。

動画 顔・瞳検出AF

  • M6 II:
    全身をフレームに入れる場合は顔のみ検出可能だ。体上1/3をフレームに入れると瞳を検出する。
  • X-T30:
    全身をフレームに入れても瞳を検出し、α6400のように最初から最後まで追従している。
  • Z 50:
    全身をフレームに入れると顔を正常に検出可能だ。しかし、瞳を検出する機能が無い場合もある。
  • α6400:
    顔検出のみ対応している。全体的なパフォーマンスはZ 50と同等だ。現在瞳検出に対応した動画撮影はα9 II・α7R IV・α6600でのみ対応している。

動画セルフィー

  • M6 II:
    自撮り時の集音性能はとても良好だ。風切り音・環境ノイズの低減性能にも優れている。
  • X-T30:
    ボーカルの声もクリアだが、風や背景の音も非常にクリアで指向性が無い。
  • Z 50:
    集音性と指向性はM6 IIと非常によく似ている。
  • α6400:
    最も没入感があるものの、静かな環境では周囲の音が含まれてしまう。

結論

  • EOS M6 Mark II
    ・高解像が強みとなるが、長所を活かすにはEF-M32mm F1.4と組み合わせる必要がある。キットレンズと組み合わせてもセンサーの解像性能を活かすことは出来ない。
    ・成熟した像面位相差AFシステムを採用しており、AF-S・AF-Cどちらでも安定したパフォーマンスだ。
    ・連写速度は14コマ秒で顔検出・瞳検出に対応している。
    ・唯一の欠点は電子ファインダーが欠けていることだ。
    ・ポートレートで安定したホワイトバランスであり、一定の肌調を得ることが出来る。
    ・インターレース式でローリングシャッターの影響が少ないものの、4K画質を犠牲としている。
    ・自撮り時の音声集音性が最も優れており、外付けマイクを使う必要性が低い。Vloggerにとって強みとなるはずだ。
  • X-T30
    ・唯一裏面照射型CMOSセンサーを搭載したカメラである。
    ・メカシャッター連写はわずか8コマ秒だが、20コマ秒の電子シャッター連写に対応している。
    ・高感度性能はとても良好でISO 3200でもディテールが豊富だ。
    ・特に風景撮影で良好な発色だ。特に太陽光下で素晴らしい色再現である。
    ・成熟した瞳検出機能も大きなセールスポイントとなる。
    ・優れた4K画質でローリングシャッターの影響は小さい。
    ・残念ながらセルフィーに対応していないためVlogger向けとは言えない。ただし、優れた瞳検出機能を備えている。
    ・独立したシャッターダイヤル・ドライブダイヤル・露出補正ダイヤルなどを備え、4機種中で最も直感的なカメラだと感じている。
  • Z 50
    ・ニコンFマウントユーザーにおススメのカメラだ。
    ・一眼レフのように深いグリップを備えている。
    ・自撮り撮影にも対応しているが、解像性能は他より低い2088万画素である。
    ・新AFシステムを採用しており、瞳検出AFはα6400に次いで良好だ。
    ・ダイナミックレンジが優れており、裏面照射型CMOSを搭載したX-T30より良好で本当に素晴らしい。
    ・4K 30pのディテールは豊富だが、標準プリセットのコントラストが僅かに高すぎる。
    ・ローリングシャッターの影響は良好に抑えている。
    ・集音性も平均より上で指向性が高い。
  • α6400
    ・SELP1650は比較的手ごろな価格のレンズだが、静止画と4K 30pでの比較で戦闘力が高いことが判明した。SEL18135でさらに柔軟性が高まるものの、追加投資が必要である。
    ・注目すべきはリアルタイム瞳AFだ。全身ポートレートで瞳を検出するのはこの機種だけだ。再検出時の速度も非常に良好だ。
    ・リアルタイム瞳AF+AF-C+11コマ秒連写の組み合わせで動き回る子供やスポーツをしっかりと撮影可能である。ただし動画撮影時は顔検出のみだ。

Mobile01:四款 APS-C 無反集評 『 M6 Mark II|X-T30|Z50| A6400 』三萬元級距的捉對廝殺!

とのこと。
どのカメラにも長所と短所があるので、どれを買おうか悩ましいところですね。個人的にレンズラインアップは重要と感じるので、Z 50はエントリーとしておススメし辛いですねえ…。とは言え、FマウントのDXレンズ資産があるのなら面白い選択肢と言えそうです。Z 7の最新AFシステムを使う限りでは、瞳の検出精度が優れていると感じます(追従性は別として)。眼鏡やマスクを着用してもしっかり検出するのには驚きました。

EOS M6 Mark IIはMobile01が指摘しているように3250万画素のセンサーを活かすためのレンズが限られている点に注意。私はEOS 90Dでこのセンサーを使ってみましたが、確かレンズに求められる性能が厳しいです。単焦点と組み合わせることで他3機種より頭一つ飛び抜けた解像性能を発揮します。オートフォーカスは地味に優れており、全体的に安定したパフォーマンスと感じます。アダプター経由で一眼レフのナノUSM駆動のレンズと組み合わせると驚異的なAF性能を発揮。特に「EF-S18-135 USM」がおススメ。

X-T30は発売日に購入して使っていました。最新センサー・プロセッサーを搭載しているので画質が良く、オートフォーカスも良好です。ただし、その個性的な操作性(豊富なダイヤル操作・十字ボタンなし・フォーカスレバー操作)を考慮すると万人におススメできるカメラでは無いように感じます。コストパフォーマンスは良好ですが、実機を触って操作性を確認して欲しいところ。特にモードの切替が面倒です。レンズラインアップは充実していますが、純正以外でAFに対応しているレンズが少ないのが欠点。ハイクオリティなレンズはAPS-C用としては全体的に高めの価格設定。

α6400は唯一触ったことが無いカメラ(似たような機能性のカメラを含めて)。リアルタイムトラッキングは個人的に気になっているので、そのうち対応機種に手を出そうと考えています。オートフォーカスが強みとなり、Eマウントの豊富なレンズラインアップで後押しできるカメラシステムと言えるでしょう。個人的にAPS-Cミラーレスには快適なタッチ操作を重視しており、その点が現行のαシリーズに欠けているのは悩みの種。

EOS M6 Mark II データベース

EOS M6 Mark II ボディー
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS M6 Mark II EF-M18-150 IS STM レンズキット
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS M6 Mark II EF-M18-150 IS STM レンズEVFキット
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS M6 Mark II ダブルズームキット
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EOS M6 Mark II ダブルズームEVFキット
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

X-T30 データベース

FUJIFILM X-T30 ボディ
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
チャコール 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
FUJIFILM X-T30 XC15-45mmレンズキット
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
チャコール 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
FUJIFILM X-T30 XF18-55mmレンズキット
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
チャコール 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
FUJIFILM X-T30 ダブルズームキット
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay
チャコール 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay

Z 50 データベース

Z 50 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Z 50 16-50 VR レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Z 50 ダブルズームキット
エアクロモール 月額6900円レンタル
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

α6400 データベース

α6400 ILCE-6400 ボディ
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキット
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
α6400 ILCE-6400Y ダブルズームレンズキット
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
α6400 ILCE-6400L パワーズームレンズキット
ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canon, EOS M6 Mark II, X-T30, Z 50, α6400, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材比較, 海外の評価
-, , ,

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER