Canon EOS R5 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「EOS R5」のイメージセンサーはクラストップレベルの性能

DXOMMARKがキヤノン「EOS R5」のセンサースコアとレビューを公開。競合する裏面照射型CMOSと比べて色深度はやや見劣りするものの、ダイナミックレンジはほぼ同じで、場合によって上回っている模様。

クラストップレベルの性能

DXOMARK:Canon EOS R5 Sensor review: A high water mark

解像度
MP
総合 色深度
Bit
DR
EV
低照度
ISO
S1R 47.3 100 26.4 14.1 3525
D850 45.7 100 26.4 14.8 2660
α7R III 42.4 100 26.0 14.7 3523
Z 7 45.7 99 26.3 14.6 2668
α7R IV 61.2 99 26.0 14.8 3344
EOS R5 45.0 95 25.3 14.6 3042
EOS 5D4 30.4 91 24.8 13.6 2995
EOS R6 20.1 90 24.2 14.3 3394
EOS R 30.3 89 24.5 13.5 2742
  • EOS R6と共に発表された現行最上位モデルだ。第2世代のEOS Rとして機能性が大幅に向上している。
  • DXOMARKのセンサースコアは95ポイントだ。フルサイズ・中判センサーのデータベース上で16位となる。フルサイズとしては14位、キヤノンセンサーとしては1位の結果だ。
  • 個々の指標を見てみると、EOS R5センサーはポートレート(色の濃さ)カテゴリーでは、ISO100以下で25.3ビットと高い値を記録しており、レスポンス良好だ。さらに、最大ダイナミックレンジは、ISO 50/100で14.6EVと大幅に向上している。
  • 色深度とダイナミックレンジを考慮すると、競争力のある低照度ISO性能を備えている。
  • 高い解像性能と色再現性、ダイナミックレンジ、低ノイズを両立させたEOS R5は、静物や風景はもちろん、ポートレートやルポルタージュ、さらにはスポーツやアクションなどのジャンルにも対応できる、非常に魅力的な「オールラウンダー」だ。
  • 低感度の場合、EOS R5はR6よりもダイナミックレンジが広く、色深度が深い。ただし、ISO 500を超えると、R6のほうが約0.5~1EVほど有利なダイナミックレンジとなる。
  • ソニーα7R IIIとR IV、ニコンD850とZ 7(と新型Z 7 II)、パナソニックLUMIZ DC-S1Rに採用されている最新の裏面照射型CMOSセンサーは、ノイズレベルが低く、3000万~6000万画素の範囲でダイナミックレンジはトップクラスだ。
    しかし、EOS R5に搭載しているこの4500万画素センサーは、ベースISO感度での最大ダイナミックレンジが優れており、ISO感度全体ではクラス最高クラスのセンサーに近い性能だ。
  • 高感度での色深度はZ 7と非常に近いが、LUMIX S1Rのほうが優れている。ISO1600までは深い色深度 20Bit以上を維持し続ける。これは優れた性能だ。ISO3200では3台とも20Bitのしきい値を下回る。
  • 最大ダイナミックレンジは14.6EVだ、裏面照射型CMOSセンサーでは無いモデルとしては際立った性能である。ISO感度が高くなると低下するが、ISO400で13.8EVのダイナミックレンジを実現しており、ISO800でも12.5段と実用性の高いダイナミックレンジである。
  • Z 7のダイナミックレンジはR5に匹敵するが、ISO 400ではZ 7より0.6EV以上良好だ。さらにS1Rと比べると1.8EVも差がある。ハイコントラストなシーンではEOS R5にアドバンテージがあると言えるだろう。ISO800以降ではZ 7と差は無い。
  • 高感度ISOのノイズは十分に抑えられている。Z 7と比べて0.5~1.0EVほどのアドバンテージがあり、S1Rとほぼ同等だ。非常に競争力のあるセンサーだ。

Canon EOS 5D Mark IVの真の後継機として、今年最も期待されていたミラーレスカメラのひとつである。高解像センサー、手ブレ補正内蔵、超高速連写、高性能デュアルピクセルCMOS AF II、およびいくつかの信じられないほどの動画機能は、すべての期待を超えていた。しかし、欠点がないわけではなかった。8K DCIやオーバーサンプリングされた4K動画の録画は、このようなコンパクトなボディにはちょっと無理があったかもしれない。しかし、キヤノンが可能性の限界に挑戦したことは否定できない。

センサー性能について、EOS R5のセンサーはキヤノンにとって高水準であることを示している。最大ダイナミックレンジはクラストップレベルの性能を誇り、ISO感度の重要な部分はライバルとの差別化を図ることができる。また、高ISOでの発色や低ノイズも優れており、この重要なカテゴリーの中では最も充実した性能を持った一台だ。ここまで来るまでに時間がかかったかもしれないが、Canon EOS R5は、このカテゴリーで最も優れた性能を持った一台になるだろう。

とのこと。
キヤノン史上最も良好なパフォーマンスのイメージセンサーを搭載したカメラとなったみたいですね。4500万画素と高解像で、20コマ秒連写や8K RAWに対応しつつ、優れたセンサー性能を発揮するのは魅力的と言えそうです。

ただし、Photons to Photosなどのテスト結果を見る限りでは、電子シャッター使用時にダイナミックレンジが狭くなるので注意が必要です。実際、私がチェックしてもダイナミックレンジが狭くなることを確認しています。

通常時のダイナミックレンジは裏面照射型CMOSを搭載した競合モデルと互角の性能を発揮。ISO 400では他社を上回る性能となっています。それ以降の高感度ISOではほぼ互角。

ISO感度別のノイズは低感度域で裏面照射型CMOSのほうが低ノイズですが、重要な高感度域では特に遜色のない結果を発揮しています。色深度はISO全域で少し見劣りする模様。とは言え、従来のキヤノンセンサーと比べると良好なテスト結果となっています。

全体的に見て、裏面照射型CMOSとの性能差は軽微。効果的なボディ内手ぶれ補正でISO感度を抑えることが出来ればアドバンテージがあると言えるかもしれません。また、電子シャッター時の8K RAWや20コマ秒に対応し、高速読み出しでローリングシャッターの影響を抑えた電子シャッターを利用できるのが魅力的。

問題は2020年12月現在、注文に対して生産が追いついておらず、欲しいときに使えない可能性があることでしょうか。

EOS R5
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
EOS R6・ボディー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連カメラ

EOS R5関連記事

サイト案内情報

EOS Rシリーズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canon, EOS R5, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER