SONYレンズ レンズ 海外の評価

FE 24-70mm F2.8 GM IIは前モデルと同等かそれ以上の光学性能

Amateur Photographerがソニー「FE 24-70mm F2.8 GM II 」のレビューを公開。歪曲収差や色収差など、後処理が可能な収差がいくらか残っているものの、前モデルと同等かそれ以上の光学性能で小型軽量化されていると述べています。

Amateur Photographer:SONY FE 24-70MM F2.8 GM II REVIEW

外観・構造:

  • 外装はG Masterシリーズらしいものだ。
  • レンズ構成は15群20枚だ。
  • 花形レンズフードにはフィルター操作窓がある。
  • 防塵防滴仕様に加えて前面にはフッ素コーティングが施されている。

携帯性:

  • 箱から取り出したとき、プログレードの大口径ズームとは思えないコンパクトサイズだった。まるでF4ズームのようだ。
  • 前モデルの重量は886gだったが、このレンズは僅か695gだ。
  • このレンズが登場するまで、24-70mm F2.8クラスで最軽量はニコンのZ 24-70mm F2.8 Sの805gだった。
  • サイズは全長が119.9mm、直径は87.8mmだ。前モデルよりも16.1mm短くなっている。サイズはキヤノンRF24-70mm F2.8 L IS USMが最も近い。

操作性:

  • 1/3段ごとに操作できる絞りリングを搭載している。クリック感を省略した無段階の操作も可能だ。また、Aポジションでのロックにも対応している。
  • 鏡筒にはAFLボタンが2カ所ある。
  • ズームリングのトルクを切り替えることができるスイッチを搭載している。静止画ならばスムーズで素早い操作が適しており、動画撮影であればタイトでしっかりとした操作が適している。

フォーカス:

  • 4つのXDリニアモーターで駆動する。
  • 非常に高速かつ正確にフォーカスする。
  • フォーカスブリージングは最小限だ。
  • α1との組み合わせで30fpsの連続撮影に対応している。
  • 最短撮影距離は広角側で0.21m、望遠側で0.30mと見事な仕様だ。クローズアップに適している。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • とても良好と言わざるを得ない。
  • 24mmから70mmまでF2.8を快適に使用できる。
  • 絞るとフレーム隅まで中央と同じようなシャープネスだ。
  • 前モデルと比較することは出来なかったが、同等かそれ以上だ。
  • ソニーは単焦点レンズと同等と主張しているが、個人的には真実だと思った。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは11枚の絞り羽根により円形を維持している。
  • 玉ねぎボケの兆候はわずかだ。

色収差:

  • 6000万画素のカメラで200%まで拡大すると、コントラストの高い領域でわずかな色収差が発生した。補正をオンにすると解消する。
  • ピント面前後にも色収差が発生しているが、24-70mm F2.8ではよく見られる収差量だ。大部分の環境で目立たないが、α7R IVで拡大すると目に付く。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 補正をオフにすると、24mmと70mmで歪曲収差が発生する。
  • 自動補正で問題は解消するので、補正をオフにして撮影する道理はない。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

小型軽量化にはしばしば妥協が伴うものだ。色収差や歪曲収差、周辺減光はいくらか残っているが、これらはカメラで自動的に補正される。サイズや重量を重視するのであれば、前モデルよりも検討する価値があると思う。 F1.4やF1.8の大口径レンズが必要でなければ、純粋にいくつかの単焦点レンズと置き換えることができるだろう。

  • 長所
    ・比較的小さく軽い
    ・絞りリング
    ・優れた光学系
    ・高速AF
  • 短所
    ・RAWの歪曲

とのこと。
カメラ側で補正できる欠点はいくらか残っているものの、小型軽量化しつつ良好な光学性能を維持している模様。レンズサイズはシグマと同程度になり、重量はクラス最軽量となっているのは魅力的ですねえ。歪曲収差などは他社も自動補正に依存しているので、ソニーも同様の手法を採用するのは自然な流れと言えるでしょう。

Amateur Photographerは単焦点レンズに匹敵する性能と言及していますが、DPReviewのサンプルギャラリーを見る限りでは細部のマイクロコントラストが単焦点レンズと比べると見劣りするように見えます。とは言え、安定したパフォーマンスを発揮するのは間違い無さそう。あとはフローティングフォーカスのXDリニアモーターがどれほど高速AFを実現しているのか気になるところ。

ソニー FE 24-70mm F2.8 GM II 最新情報まとめ

FE 24-70mm F2.8 GM II(簡易検索)
予約開始時期は不明・2022年夏発売予定
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon  

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, レンズ, 海外の評価
-