SONYレンズ 機材レビュー 海外の評価

FE 24-70mm F2.8 GM IIは全ての点でベストなパフォーマンス

Sony Alpha Blogがソニー「FE 24-70mm F2.8 GM II」のレビューを公開。ビルドクオリティ・操作性・AF・解像性能・ボケ・諸収差の補正状態など、全ての点でベストな大口径ズームとのこと。

Sony Alpha Blog:Sony FE 24-70mm F2.8 GM II

外観・構造:

  • ビルドクオリティとエルゴノミクスは良好だ。
  • レンズフードにはフィルターの操作窓がある。

携帯性:

  • 他の24-70mm F2.8と比べて少し短く、軽いレンズだ。

操作性:

  • 絞りリング、ズームトルクスイッチの実装はビデオグラファーが注目している。
  • フォーカスリングはリニアレスポンスでMF操作が簡単だ。

フォーカス:

  • XDリニアモーター駆動により、静止画でも動画でも高速かつ正確で静かなフォーカスを実現している。
  • 連写時のヒット率は100%に近い。
  • α1の30fpsにも対応している。
  • フォーカスブリージングはごくわずかだ。
  • パーフォーカルである。(訳注:ズーム操作でピント位置が移動しないこと)

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 6100漫画素のα7R IVでテストした。
  • 中央は絞り開放から優れた結果で、隅もそれほど遅れていない。
  • F4まで絞ると少しの改善が見られ、F5.6まで絞ると隅が大幅に改善する。
  • 70mmがスウィートスポットだ。
  • 優れた性能だが「FE 70-200mm F2.8 GM OSS II」ほどではない。
  • 遠景では全体的に良好だ。
  • ポートレートでも優れた結果が得られる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケはとても良好だ。
  • 超シャープなレンズらしく、稀に玉ねぎボケとなる。
  • 後ボケは大部分の状況で滑らかだが、単焦点ほどではない。
  • 発色やマイクロコントラストは良好だ。

色収差:

  • とても少ない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差はとても小さい。
  • 24mmで樽型、35mmで非常に小さく、50mm以降は糸巻き型だ。

周辺減光:

  • 主に24mmで発生し、35mm以降は影響がとても少ない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • このクラスとしては非常に良好だ。
  • 太陽をフレームに入れるとフレアが発生する。
  • F16-22まで絞ると綺麗な光条が発生する。

競合レンズ比較

  • 競合レンズと比べて2倍高価だ。
  • 競合レンズと比べて遥かに軽量で、最もコンパクトだ。
  • エルゴノミクスはベストであり、絞りリングを搭載した唯一の選択肢である。
  • AF性能は最高だ。次点でシグマだが、α1の30fpsに対応していない。
  • GM IIは最大撮影倍率が最も高い。
  • 解像性能はズーム全域でGM IIが良好だ。最も近い性能はシグマで、特に望遠側が良好である。ただし、等倍で確認した際のマイクロコントラストはGM IIが明らかに優れている。
  • ボケはGM IIとシグマが最高だ。
  • 玉ボケはシグマが最高で、ソニーは非球面レンズの影響が多くなる。
  • 歪曲収差と周辺減光はGM IIが最も良好だ。ただし他のレンズはソフト補正で問題なくなる。
  • 逆光耐性はGM IIが最高だ。
  • 動画撮影ではフォーカスブリージングを抑えた設計やパーフォーカルの設計、そして絞りリングや小型軽量な点を考慮すると他のレンズと比べて遥かに優れている。

全体的にソニーが圧勝だ。シグマを既に所有している場合はアップグレードする必要はないが、高画素機では明確な違いに気が付くだろう。2倍の価格差ほどの価値があるとは思わないが、全てのカテゴリで最高の結果が得たい場合はGM IIがおススメだ。コストパフォーマンスならシグマである。

作例集

総評

FE 70-200mm F2.8 GM OSS II」と同じアプローチでリニューアルされた標準大口径ズームの傑作レンズだ。パフォーマンス80%で半値のシグマを選ぶこともできるが、高解像モデルでしっかりと解像させる場合やα1での高速連写を必要とするのであれば必携レンズである。強くおススメする。

  • 長所
    ・ズーム全域で抜群の中央解像性能
    ・ズーム全域でとても良好な隅の解像性能
    ・後ボケ
    ・玉ボケ
    ・全ての状況で良好なAF
    ・優れたマイクロコントラスト
    ・小型軽量
    ・動画撮影に最適
    ・防塵防滴
    ・低歪曲
    ・低色収差
    ・逆光耐性
  • 平凡
    ・たまに玉ねぎボケが発生する
    ・価格
  • 短所
    ・なし

とのこと。
ほぼ全てのソニーEマウント用AFレンズをテストしてきたMARC ALHADEFF氏が「欠点なし」と評価しています。特に標準大口径ズームは設計が難しいと言われており、良好な光学性能と同時に小型軽量化を実現するのは凄いですねえ。コストパフォーマンスの観点で見るとシグマも要検討みたいですが、価格が問題とならないのであればGM II一択と言えるかもしれません。

ソニー FE 24-70mm F2.8 GM II 最新情報まとめ

FE 24-70mm F2.8 GM II
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-