SONYレンズ SONY中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーFE 70-200mm F2.8 GM OSS IIは旧GMとの価格差を考慮しても価値あるレンズ

DPReviewがソニー「FE 70-200mm F2.8 GM OSS II」のレビューを公開。ズーム全域で非常にシャープなレンズで、XDリニアモーターによるAFは非常に高速。それでいてキヤノンよりも軽い驚きのレンズの仕上がっている模様。

DPReview:DPReview TV: Sony 70-200mm F2.8 GM II review

  • キヤノン・ニコン・パナソニックがフルサイズミラーレス市場に参入し、既に非常に優れた70-200mm F2.8を投入している。それらと初代GMを比較した際は、多くの点で見劣りする部分があった。この新世代GMは、それらの部分が改善している。
  • レンズサイズは初代と非常に良く似ているが、遥かに軽量なレンズに仕上がっている。そしてキヤノンRF70-200mm F2.8よりも僅かに軽量だ。
  • 従来通り、GMらしく非常に頑丈なレンズだ。
  • 絞りリングが追加されている。絞りをロックしたり、クリックを解除することが可能である。
  • 三脚座は肉抜きされ、軽量化を実現している。肉抜きした穴に指を入れることで携帯時は三脚座を快適にグリップすることができる。三脚座はコンパクトだが、残念ながらアルカスイス互換ではない。
  • 逆光時でもコントラストは良好だ。ゴーストは僅かに見られる程度だ。
  • 玉ボケは隅に向かって口径食の影響が見られる。これはF4まで絞ると改善している。
  • 前後ボケへのグラデーションは決して滑らかとは言えない。
  • オートフォーカスには4基のXDリニアモーターを使用する。無限遠から最短撮影距離まで、どちらに移動する場合でも非常に高速だ。ズーム操作を併用しても良好な追従結果が得られる。
  • 初代GMにはフォーカスブリージングの問題が残されていた。この新しいレンズは古いGMよりも間違いなく改善している。
  • 軸上色収差は古いGMと同じく心配する必要が無い。
  • 解像性能は古いGMの弱点だったが、新しいGMは間違いなくシャープなレンズだ。
  • 70mm F2.8の中央は既にとてもシャープだ。隅も問題無いが、絞ると明らかに改善する。
  • 200mm F2.8は70mmよりもシャープとソニーは言及しているが、F2.8で撮り比べている限り大きな違いはない。隅は絞り開放から良好で、絞っても改善しない。全体的に古いGMよりも遥かにシャープだ。
  • 200mmで僅かな樽型歪曲が発生している。

とても軽量、とてもシャープ、とても高速で、汎用性の高いレンズである。キヤノンやニコン、パナソニックに対しても非常に競争力のあるレンズとなった。古いGMのほうが少し安いさが、価格差を考慮しても新しいGMを選ぶのが正解だと思う。もしも安さを選ぶのであれば、タムロンを検討した方が良いだろう。次は24-70mm F2.8 GMのリニューアルを期待している。

とのこと。
4基のXDリニアモーター駆動によるオートフォーカスがかなり速そうに見えますね。フォーカスブリージングは皆無ではないものの、接写性能のわりに良く抑えられている印象。肝心のシャープネスは望遠端まで非常に良好で、周辺部に落ち込みが見られないのも凄い。ボケはDPReviewが指摘するほど騒がしくは見えませんが、口径食が強いので周辺部や隅は少し荒れやすいかもしれません。
驚くべきはキヤノンよりも軽量な重量でしょうか。三脚座抜きの重量ではあるものの、従来と比べて400g近く減量しているのは凄い。価格設定は少し高いものの、驚くほどの値上がりではなく、旧GMからの乗り換え需要を含めて、人気のレンズとなりそうです。

ソニー FE 70-200mm F2.8 GM OSS II データベース

国内では2021年11月26日発売予定で、予約販売は2021年10月26日(火) 10時より開始。

FE 70-200mm F2.8 GM OSS II(簡易検索)
ソニー商品ページ icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-