Samyangレンズ カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 海外の評価

サムヤンMF 85mm F1.4 MK2はフルマニュアル以外に欠点の無い優れたレンズ

ePHOTOzineがサムヤン製交換レンズ「MF 85mm F1.4 MK2」のレビューを掲載しています。フルマニュアルレンズという以外に弱点の無い優れた中望遠レンズと高く評価している模様。

ePHOTOzine:Samyang MF 85mm f/1.4 MK2 Review

  • フルサイズに対応し、様々なレンズマウントに対応している。重量は控えめでマウントによって異なる。EFマウント版は547.5gだが、ニコンFは541g、フジXは592g、キヤノンMは593g、マイクロフォーサーズは587gと重くなる。APS-Cやマイクロフォーサーズ用レンズとしては重く感じるかもしれない。
  • レンズフードは適切なサイズでしっかりとした作りに見える。
  • 72mmフィルターソケットはとても深い。
  • 14mm F2.8 MK2と異なりフォーカスリングのロック機構は搭載していない。
  • 最短撮影距離は1.1m、最大撮影倍率は0.09倍だ。85mmレンズとしては一般的だが、もっと寄れるレンズだと良かった。
  • 被写界深度指標を備えているが、印字されている距離が細かすぎて実用的よは言えない。とは言え、しっかり表示していることは良いことだ。
  • 絞りリングはデクリック機構を備えている。静かな絞り操作を好むビデオグラファーに適した操作性となる。クリックストップは適切な抵抗量がある。
  • フォーカスリングの回転方向はキヤノンと同じだ。絞りリングはペンタックスやニコンと同じである。
  • 耐候性を備えているので雨天でも安心して撮影することが可能だ。
  • 被写界深度が浅いのでファインダーでハッキリとピントを確認することが出来る。
  • シャープネス
    ・中央:F1.4 Very good-F2~F11 ExcellentーF16 Very good-F22 Good
    ・四隅:F1.4~F2.8 Very good-F4~F8 ExcellentーF11~F16 Very good-F22 Good
    ・回折の影響でパフォーマンスが顕著に低下するのはF22だけだ。
  • 倍率色収差は中央でとてもよく抑えられ、ゼロに近い。端も1ピクセル以下に抑えられている。
  • 樽型歪曲は-0.26%と直線に近い。
  • ボケはとても滑らかでポートレート撮影に完璧だ。
  • 逆光耐性の問題は無い。
  • 周辺減光は見事に抑えられている。

大部分が長所となる85mm F1.4レンズであり、唯一の注意点はAF非対応という点だ。これが好ましく無い場合はさらに数百ポンドの追加投資が必要である。

全体的に素晴らしいパフォーマンスを発揮し、基本的に素敵なレンズだ。控えめな価格設定も考慮するとエディターズチョイスに相応しい。

長所:優れたシャープネス・低色収差・周辺減光が少ない・被写界深度指標・滑らかな操作・正確なフォーカシング・デクリック機構を持つ絞りリング・耐候性・逆光耐性・低歪曲・とても滑らかなボケ・優れた価格設定

短所:MF・電子接点なし

とのこと。
初期型と比べて光学設計に変化が無いはずですが、とても高い評価となっていますね。もともと光学性能の高いレンズだった模様。5000万画素センサーを搭載する「EOS 5Ds R」と組み合わせ問題無いのであれば、2400万画素や4000万画素台のかめらであれば全く問題無さそう。

初期型ですが、Flickrに8000点を超えるユーザー投稿が公開されているので参考にしてみると良いでしょう。

MF 85mm F1.4 MK2
(国内未発表のため簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon PREMOA icon

関連レンズ

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Samyangレンズ, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~