Canonレンズ RFレンズ カメラ レンズ 海外の評価

Mobile01が新しいキヤノン広角レンズ2本のレビューを公開

Mobile01がキヤノン「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」「RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM」のレビューを公開。補正必須と感じる部分もありますが、良好な解像性能を備えた小型軽量な広角レンズに仕上がっている模様。

Mobile01:「雙鏡評測」Canon RF24mm f/1.8 Macro & RF15-30mm f/4.5-6.3|大光圈廣角微距 + 輕量超廣角變焦!

RF24mm F1.8 MACRO IS STM

外観・構造:

  • 非Lシリーズのレンズだが、きちんとした質感だ。

携帯性:

  • 小型軽量で片手で扱うのも簡単だ。

操作性:

  • 独立したコントロールリングを搭載している。

フォーカス:

  • ステッピングモーター駆動で動作する。
  • 高速AFと滑らかな動作で全体的にとても良好だ。
  • 最大0.5倍の撮影倍率に対応している。
  • AF/MFスイッチを搭載。フルタイムマニュアルを利用するにはカメラ側の設定を変更する必要がある。
  • フォーカスブリージングは一目瞭然だ。好みは分かれる。

手ぶれ補正:

  • 5段分の光学手振れ補正を搭載している。

解像性能:

  • F1.8からF2でもシャープだがコントラストは少し低い。
  • F2.8からF8がベストな画質となる。
  • F11で画質が低下する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 軸上色収差はほとんど目立たない。
  • 倍率色収差はほとんど目立たない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 想像以上に歪曲が大きい。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F22でのみ顕著なゴーストが見られる。
  • F2.8でシャープな光条が発生し始める。

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM

外観・構造:

  • 記載なし。

携帯性:

  • 15mmをカバーしているレンズとしては小型軽量だ。
  • 伸びるズーム、インナーフォーカス仕様だ。
  • 望遠端でレンズは最も短くなる。

操作性:

  • フォーカス/コントロールリングとズームリングを搭載している。
  • フォーカスリングがないので、側面のスイッチでコントロールと使い分ける必要がある。

フォーカス:

  • ステッピングモーター駆動のAFはとても見事だ。
  • 最大撮影倍率は0.52倍だが、これはMF時限定となる。
  • フォーカスブリージングがゼロではないものの目立たない。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 15mmはF4.5からF8までEOS R5できちんと解像する。
  • 30mmも良好だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 色収差を見つけるのは難しい。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 15mmの補正前と補正後は差が大きく補正必須だ。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F22で最もフレアが目立つが、ここまで絞る状況は少ないと思われる。
  • 絞るとシャープな光条が発生する。

とのこと。
2022年夏ごろに登場した広角単焦点・広角ズームレンズですね。どちらも非Lシリーズで比較的安く、小型軽量なレンズに仕上がっています。相変わらずレンズフードが別売りとなっているのは残念ですが、携帯性の良好な広角レンズは魅力的。RF24mmは前方へ延びるフォーカス構造を採用していますが、一般的な撮影からマクロまで良好なフォーカス速度で動作しているように見えます。

今回のレビューではコマ収差やボケ質などが評価されていませんが、大きく拡大できるサンプル写真を多数掲載しているので、気になる部分があればMobile01を直接確認するのがおススメです。解像テストはEOS R5で、その他のサンプル写真はEOS R6で撮影している模様。

私も2本のレンズをEOS R5やEOS R7と組み合わせて楽しんでいます。どちらもRAWでは巨大な歪曲収差が残っているので補正必須ですが、補正後は綺麗に修正されるので大きな問題とはなりません。とはいえ、特に15mmは四隅をかなり引き延ばすことになるので、抜群の光学性能は期待しないほうが良いでしょう。(それでも十分な性能ですが…)
24mm F1.8は性質上、夜景や星空の撮影で使いたくなるレンズですが、コマ収差の補正が不完全で、隅に向かって点光源の再現性が低下します。このあたりを妥協できれば面白い選択肢となりますが、完璧を求めるのであればLシリーズの24mmを待ったほうが良いかもしれません。

RF24mm F1.8 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

RF24mm F1.8 MACRO IS STM

レンズの仕様
発売日 2022年 8月26日 初値 ¥87,120
マウント RF 最短撮影距離 0.14m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.5倍
焦点距離 24mm フィルター径 52mm
レンズ構成 9群11枚 手ぶれ補正 5段分
開放絞り F1.8 テレコン -
最小絞り F22 コーティング SSC
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ74.4×63.1mm 防塵防滴 -
重量 270g AF STM
その他
付属品
レンズキャップ

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM

レンズの仕様
発売日 2022年 8月26日 初値 ¥77,220
マウント RF 最短撮影距離 0.28m AF
0.128m MF
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.52倍
焦点距離 15-30mm フィルター径 67mm
レンズ構成 11群13枚 手ぶれ補正 5.5段分
開放絞り F4.5-6.3 テレコン -
最小絞り F22-32 コーティング SSC
絞り羽根 7枚
サイズ・重量など
サイズ φ76.6×88.4mm 防塵防滴 -
重量 390g AF STM
その他
付属品
レンズキャップ

関連レンズ

関連記事

RF24mm F1.8 MACRO IS STM

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM

-Canonレンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-, ,