Canon Canon関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンRF14mm T1.5やRF100mm T1.5、RF135mm T1.5などが登場する?

Canon Rumorsが「EOS R5 C」登場後のCinema EOSラインにおける新製品の噂情報を発信しています。積層型CMOSセンサー搭載、20+StopsのDR、8K 60pや4K 120p、そしてT1.5 RFレンズ群などなど。

Canon Rumors:What’s next for the Canon Cinema EOS line?

2021年5月に「キヤノンEOS R5 C」が登場すると報告したとき、C300、C500、C700のCinema EOSカメラの新バージョンの話もあった。しかし、パンデミックの影響で、Cinema EOSのラインナップはすべて手間取っているようだ。

以下は2021年の4月に報告した内容だ。

Cinema EOS C300S

  • 8K Super 35mm
  • 8K/60p, 4K/120p
  • 裏面照射型積層 3.2um 8K DGO センサー
  • デュアルピクセルCMOS AF
  • 16 Stops ダイナミックレンジ in DGO モード
  • 10ms 読み出し速度 in 8K DGO モード
  • デュアル DIGIC DV 8 プロセッサー

Cinema EOS C500S

  • 8K 全幅
  • 8K/60p, 4K/120p in all モードs
  • 裏面照射型積層 4.65um 8K DGO センサー
  • デュアルピクセルCMOS AF
  • 17+ Stops ダイナミックレンジ in DGO モード
  • 10ms 読み出し速度 in 8K DGO モード
  • デュアル DIGIC DV 8 プロセッサー

Cinema EOS C700DR

  • 4K 全幅
  • 4K/240p in Fast モード, 4K/180p in WDR モード
  • 裏面照射型積層 9.6um 4K WDR センサー
  • 20+ Stops ダイナミックレンジ in WDR モード
  • 5ms 読み出し速度 in 4K WDR モード
  • デュアル DIGIC DV 8 プロセッサー

Cinema RFマウント

  • RF 14mm T/1.5
  • RF 18mm T/1.5
  • RF 24mm T/1.3
  • RF 35mm T/1.3
  • RF 50mm T/1.3
  • RF 85mm T/1.3
  • RF 100mm T/1.5
  • RF 135mm T/1.5

また、フルサイズ用の新しいコンパクトなCinemaズームレンズ2本と、より大きな新しいCinemaズームレンズ2本も登場する。

先週の時点で、今年発表されるCinema EOS C300 Mark IIIとCinema EOS C500 Mark IIの両方に新しい「モジュール」が登場するだろうと言われている。

とのこと。
「EOS R3」は2400万画素の積層型CMOSセンサーを搭載していましたが、Cinema EOSラインでは8Kに対応する積層型のフルサイズCMOSセンサーを用意しているみたいですね。今後はグローバルシャッター対応センサーではなく、積層型CMOSセンサーを積極的に使っていく模様。カメラの噂は2021年春の段階から何も変化はありませんが、2022年内にC300やC500の新しいモデルが登場するみたいですね。さらにRFマウント用のシネマレンズも充実するとのこと。静止画向けのEOSシステムより先に単焦点レンズが充実しそうな勢いですねえ。

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)

APS-C EOS R

EOS R

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない

EOS RP

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

昔の噂

  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

その他ボディ

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF800mm F5.6 L IS USM
  • RF1200mm F8 L IS USM

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報