Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

EOS R10の下位モデルが登場する可能性は非常に高いかもしれない?

Canon Rumorsがネット上で噂となっている「EOS R100(R10の下位モデル)」について見解を示しています。噂そのものは「CR1」と否定的ですが、R10下位モデルが登場する可能性は高いと言及。

Canon Rumors:Is a Canon EOS R100 coming next year? A budget EOS R APS-C camera [CR1]

先日、待望のEOS R7とEOS R10、そして新しいRF-Sレンズが発表され、キヤノンはAPS-C RFマウントカメラに全面的に取り組んでいることが明らかとなった。

今のところはこれで終わりなのか?

そうではない。EOS R100に関する最初の噂が出始めている。 我々はEOS R10の下位モデルについて可能性は非常に高いと考えている。それはEOS Kiss M2やEOS M6 Mark IIのような形状になるのだろう。

EOS Mのラインアップは、PowerShotグループによって設計されているが、PowerShotのラインアップがほぼ出揃ったので、その人たちが新しいチームに移ったのだろう。キヤノンの超小型ミラーレスがどのようなものか、あらためて想像することができる。

これはまた、"Rebel(日本ではKiss) "の名称の進化を示唆するものかもしれない。

EOS R100の噂
(訳注:これはCRの情報ではなくTNCの情報を引用しているものと思われます)

  • 2420万画素 APS-C CMOSセンサー
  • 4k 30p 8bit
  • EOS R10のようなHDR PQモードはない
  • 14fpsの連続撮影速度
  • 3.0型 104万ドットのバリアングルモニタ
  • 2023年第1四半期~第2四半期に発売予定

とのこと。
あくまでも元ネタはThe New Camera(もしくはTNCが参考としているソース)の信憑性の低い情報であり、今現在、EOS R100に対する過度な期待は禁物。とは言え、今回の情報が不正確だったとしても、将来的にEOS R100に相当するような(EOS R10の下位モデルとして)カメラは登場すると、個人的には予想しています。

中国でのインタビュー記事を読む限り、まだまだEOS Mシリーズを引っ張るように見えます。現在、日本や中国市場ではEOS Mシリーズが小型ミラーレスの分野を牽引しており、シェアはEOS Rを上回っています。この状況でMシリーズを引っ込めるはずがありません。

ただ、既に研究開発のリソースはRシステムへ移行しているらしく、EOS Mシリーズで画期的な新モデルが登場する可能性は低いと思われます。となると、どこかのタイミングでEOS MシリーズをRFマウントシステムに統合する日が来るのかなと。

ちなみに、Canon RumorsはEOS MシリーズはPowershotのグループが開発を担っていると言及しています。どこかで聞いたような話ですが、元ネタを確認することは出来ませんでした。ただ、EOS Mのコンセプトとして、Powershotで培ってきたユーザーインターフェースを導入したのは確かなようです。(参考:デジカメwatch インタビュー:キヤノンに訊く「EOS M」の戦略

以前から言及していますが、EOS Kiss Mのボディに被写体認識AFが実装されればパパ・ママカメラとしては完璧だと思うのですよね。EOS Kiss M3で実現しても良いと思いますが、もしもRシステムで実現するのであれば、EOS Kiss Mのようなカメラに仕上げて欲しいなと願っています。EOS R10がほぼそれに近いですが、ほんのちょっぴり、サイズが大きく感じるのです。(EOS R10は予約しているので、手元に届いたらレビュー予定)

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

EOS Kiss M3

2022年Q4

  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-