Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノン EOS R7は3250万画素で2022年夏に登場する可能性が高い?

Canon RumorsがCR3と高い格付けで新型APS-Cミラーレス「EOS R7」に関する噂情報を発信。3250万画素のDPCMOSを搭載し、最大30コマ秒連写や4K 60pに対応して2022年6月-7月に発表されると述べています。

Canon Rumors:Canon EOS R7 specifications [CR3]

初のAPS-C EOS Rカメラである「EOS R7」に関するいくつかのスペックが確認できた。これはおそらく、最終的にEOS Mシステムをお払い箱にするものとなるだろう。

  • 3250万画素 APS-C デュアルピクセル CMOS
  • 15コマ秒 メカニカルシャッター連写
  • 30コマ秒 電子シャッター連写
  • SD UHS-II デュアルスロット
  • 4K 50/60fps
  • 1080p 100/120fps
  • C-Log3/HDR PQ
  • ボディ内手ぶれ補正
  • 2022年 6月/7月 発表

とのこと。
ついに期待度の高いスペック情報が出てきましたね。レビュワーなどの手元にプリプロダクションモデルが出回り始めているのでしょうか?

3250万画素のDPCMOSセンサーと言うことは「EOS 90D」や「EOS M6 Mark II」に採用しているイメージセンサーと同型でしょうか?(裏面照射型という噂もあった)
新型センサーでは無さそうですが、キヤノンAPS-Cセンサーの中では良好なパフォーマンスを備えているので十分と言えそうですね。あとは噂のDIGIC X(R5やR6と同等)プロセッサを搭載して被写体検出に対応するかどうか。

EOS M6 Mark IIは電子シャッターのクロップ(75%×75%:1800万画素)で30コマ秒のAF追従連写に対応していましたが、EOS R7の連写性能が同等の機能を有するのか、それとも通常の連写モードで30コマ秒を実現しているのか気になるところ。どちらにせよ、SD UHS-IIのデュアルスロットではバッファクリアが厳しいかもしれません。CFexpress B対応の噂もありましたが、どうやらガセネタだった模様。

動画撮影は最新ミラーレスとして十分と言える4K 60pやFullHD 120pに対応しつつ、C-Log3やHDR PQに対応。さらにボディ内手ぶれ補正にも対応しており、EOS Mシリーズと比べるとしっかりとしたスペックに見えます。価格設定は今のところ不明ですが、M6 Mark IIの売り出し価格が11万円だったことを考慮すると、15万円前後と言ったところでしょうか?DIGIC Xを搭載するかどうかでも変わってきそうですねえ。7Dの後継モデルとして登場するのであれば20万円前後となる可能性もありそう。
富士フイルムの次期フラッグシップモデルほど高性能ではないかもしれませんが、滞っているソニーAPS-Cシステムや登場したばかりのニコンAPS-C Zシステムのカメラよりもハイアマチュア向けの機種となりそうです。今後の追加情報に期待。

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R7

  • モデルネームはEOS R7
  • 2022年6/7月 発表
  • 同時に2本のRF-Sレンズが登場する
  • 3250万画素 DPCMOS APS-Cセンサー
  • 20コマ秒
  • DIGIC X
  • SD UHS-II デュアルスロット
  • 4K 60fps
  • FullHD 120fps
  • C-Log3/HDR PQ
  • 最新のホットシュー
  • EOS R5とR6を組み合わせたエルゴノミクス

過去の噂

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない
  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

EOS Kiss M3

2022年Q4

  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-