Canon Canonレンズ Canon関連の情報 EOS Rシリーズ RFレンズ カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

次に登場するEOS Rは「R100」となる可能性が最も高い?

Canon Rumorsがキヤノン関連の新製品について今後の予想をざざっとリストアップ。次の新カメラで最も可能性が高いのはR100、R1や1億画素 R5は2023年になってみないとわからないと言及しています。

Canon Rumors:Another announcement cycle is out of the way, so what’s next from Canon for the EOS R system?

EOS R6 Mark IIとRF135mm F1. 8L IS USMの発表が終わり、EOS Rラインナップの次の計画が楽しみだ。

EOS R100

  • 次に発表される可能性が最も高い
  • EOS Mラインナップのフォームファクターを採用
  • RFマウント
  • EOS R10はEOS Mシリーズの代用とはならない

EOS R1

  • 過去6ヶ月ほどあまり語られていない
  • 2023年になるまで実質的なものは何も期待できない

EOS R5 S

  • 噂されている注目のカメラボディだ
  • 1億画素付近の高画素カメラは、多くのフォトグラファーが強く求めている
  • 登場するとしたら、2023年のいつかだと予想される

EOS R7 C

  • 具体的なことは分からない
  • シネマ版APS-Cが2023年に登場すると聞いている
  • EOS R5 Cはコンシューマーに好評
  • キヤノンが「C」バリエーションを続けることは理にかなっている

RFレンズ

以下のレンズは長い間、我々のロードマップにあり、登場を待ち続けている。
これまでのところ、いくつかのレンズでF値が外れていただけで、非常に正確であることが証明されている。

  • TS-R14mm F4 L
  • TS-R24mm F3.5 L
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm F4-5.6 IS STM
  • RF35mm F1.2 L USM
  • RF500mm F4 L IS USM

この6本のうち、RF18-45mm F4-5.6 IS STMは最も実現性が低そうだ。
ティルトシフトレンズは以前から噂されていたAF付きで、EOS R5 Sと並んでかなり歓迎されるレンズとなるだろう。超広角Lズームは間違いなく必要で、2023年にRF10-24mm F4 Lが発表されると考えている。

注目のレンズはRF35mm F1.2 Lだ。広角L単焦点レンズはまだ登場しておらず、今のところRF35mm F1.2 Lがいつ発表されるか判明していない。RF24mm F1.4 Lもいつかは登場すると期待しているし、勝手ながらRF28mm F1.4 Lも欲しいと思っている。

さらにキヤノンは300mmや500mmの大口径望遠レンズの穴を埋める必要がある。300mm F2.8 L IS 1.4×が大ヒットすることを期待している。

他にもロードマップに載っていないレンズが登場するかもしれない。明日、他のキヤノン製品群についても触れる予定だ。

とのこと。
今年の夏ごろから噂されていたEOS R6 Mark IIに加え、以前から噂されていたRF135mmが先週正式発表されましたね。スペックに関する情報は多少の誤りがあったものの、キヤノンに関する新製品の情報は正しいことが多いように見えます(Canon Rumorsだけの情報ではありませんが)。

「EOS R100」はこれまでの噂情報だと「11月までに」という話でしたが、今のところ登場時期に関する情報は言及されていません。R6 Mark IIが登場したばかりなので、もう少し時間がかかるかもしれませんね。R1はキヤノン自身が登場について言及していますが、2023年に本当に登場するのか今のところ不明。超高画素EOS R5も以前から噂されているものの、解像度を含めて具体的な話はありません。年内の新型カメラ発表はあまり期待しないほうが良さそう。

EOS Mシリーズはディスコンが続いており、すでに販売を継続しているボディは「EOS Kiss M2 ダブルズームレンズキット」のみ。売れ筋のKiss M2ですらボディキットやレンズキットの販売が終了しているので、EOS Mラインのディスコンは待ったなしの状態に見えます。EOS Rシリーズですでに小型軽量なカメラボディ「EOS R10」が登場しているものの、「EOS M200」に相当するようなカメラはまだありません。Canon Rumorsが述べているように、次に登場するとしたらM200相当の「R100」となる可能性はありそう。

噂のまとめ

EOS R1

  • 2023年春にティーザーが見れるかもしれない
  • 2023年後半まで期待できない
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R100(仮)

  • Vlogger向け
  • EOS M6 Mark IIのようなフォームファクタ
  • 2022年11月までに
  • 従来とは異なるバリアングルモニタ

その他の噂

コードネーム一覧

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下
  • 世界的な供給網の価格変動で計画が延期・中止となった可能性

EOS Kiss M3

  • 2022年Q4
  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
    ・EOS R7 C:2023年後半

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF12mm F1.8 L USM
  • RF24mm F1.4 L USM
  • RF28mm F1.4 L USM
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
    ・2023年
  • RF300mm F2.8 L IS USM
    ・2023年
    ・EFレンズ比で全長が30%減
    ・EFレンズ比で重量が40%減
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canonレンズ, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, RFレンズ, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-,