Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノン「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」撮影倍率1.4倍とボケコントロールに対応する?

近日登場と噂されているキヤノン「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」は1.4倍の撮影倍率と球面収差のコントロールに対応していると言われているようです。そういえば先月に似たようなレンズの特許出願が公開されていましたね。

とのこと。
従来の等倍マクロレンズと比べて最短撮影距離が短くなっており、さらに撮影倍率にも改善が見られる模様。また、ニコン「AI AF DC-Nikkor 105mm f/2D」のように、球面収差をコントロールしてボケ質を変化させる機能を搭載しているみたいですね。最新の光学設計でどのようなボケコントロールを出来るようになるのか非常に気になる機能。

また、キヤノンは3月25日付けで100mm F2.8 ×1.4 MACROに関する特許出願を公開しており、その中で球面収差をコントロールすると記載しています。ひょっとしたらこの特許が今回のマクロレンズのベースとなっているのかもしれませんね。

  • 4月中に発表される可能性が高い
  • SAコントロール搭載
  • 最短撮影距離 0.25m
  • AFリミッター搭載
  • 最大撮影倍率 1.4倍

関連レンズ

一眼レフ用(アダプター必須)

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER