Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 噂情報

キヤノン「RF15-30mm STM」「RF24mm STM」と思われる製品画像とスペック情報

5ちゃんねるにてキヤノンの新製品に関する噂情報が話題となっています。近日登場と噂の「RF15-30mm STM」「RF24mm STM」の製品画像のようですね。

5ちゃんねる:デジカメ板imgur

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM

  • レンズ構成:11群13枚
  • 最短撮影距離:0.16m
  • 最大撮影倍率:0.5倍
  • 手ぶれ補正:5.5段分・協調時 7.0段分
  • フィルター径:67mm
  • サイズ:76.6×88.4mm
  • 重量:390g

RF24mm F1.8 MACRO IS STM

  • レンズ構成:9群11枚
  • 最短撮影距離:0.14m
  • 最大撮影倍率:0.5倍
  • 手ぶれ補正:5段分・協調時 6.5段分
  • フィルター径:52mm
  • サイズ:74.4×63.1mm
  • 重量:270g

とのこと。
2本レンズは明日発表と噂されていますが、それらしいスペックと製品画像がリークされましたね。焦点距離と開放F値はどちらも噂通りで、コンパクトな非Lシリーズレンズとなりそうです。24mm F1.8は「MACRO」と関しているのでハーフマクロは想像できましたが、まさか15-30mmまで0.5倍の撮影倍率を実現しているとは予想していませんでした。15mmをカバーしている広角ズームとしては非常にコンパクトに見えます。また、どちらも手ぶれ補正を搭載しているので、ボディ側補正がないEOS R/RPでも使いやすそうなのがGood。今のところ価格は不明ですが、Lレンズと比べるとグッと価格を抑えた製品として登場するのではないかと思います。明日(と思われる)の発表が楽しみですねえ。

噂のまとめ

EOS R100(仮)

  • Vlogger向け
  • EOS M6 Mark IIのようなフォームファクタ

RF15-30mm F4.5-6.3 IS STM

  • 2022年7月12日発表
  • レンズ構成:11群13枚
  • 最短撮影距離:0.16m
  • 最大撮影倍率:0.5倍
  • 手ぶれ補正:5.5段分・協調時 7.0段分
  • フィルター径:67mm
  • サイズ:76.6×88.4mm
  • 重量:390g
  • EW-73E
  • E-67II

RF24mm F1.8 MACRO IS STM

  • 2022年7月12日発表
  • レンズ構成:9群11枚
  • 最短撮影距離:0.14m
  • 最大撮影倍率:0.5倍
  • 手ぶれ補正:5段分・協調時 6.5段分
  • フィルター径:52mm
  • サイズ:74.4×63.1mm
  • 重量:270g
  • EW-65B
  • E-52II
  • LP1016

RF135mm F1.8 L USM

  • 2022年Q4

その他の噂

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • 2023年後半まで期待できない
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

EOS Kiss M3

  • 2022年Q4
  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
    ・EOS R7 C:2023年後半

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 噂情報