Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンEOS R6 Mark IIは2022年内に登場する?

Canon Rumorsがキヤノン新製品に関する噂情報を発信。以前から登場が期待されている「EOS R6 Mark II」が年内に登場する可能性があると情報を得ている模様。

Canon Rumors:The Canon EOS R6 Mark II should be announced sometime this year

我々は、EOS R6 Mark IIの発表時期について情報収集に力を注いでいる。2022年末までにカメラを発表する計画であると聞いているが、正確な時期は不明だ。EOS R6 Mark IIが2022年に発売されるかどうかは分からない。

将来の製品を基準に購入を決める人がいて「R6を買わずにR62を待ったほうがいいのか」という声が多く寄せられている。これまでの経緯から、この質問をする際には、こういったことを考慮する必要がある。

  • EOS R6 Mark IIは発売時にはEOS R6よりも高くなるだろう
  • EOS R6 Mark IIは発売後数ヶ月は入手困難となる可能性が高い
  • EOS R6はおそらく何らかのリベート(キャッシュバック)がある
  • EOS R6はすぐに購入して撮影することができる
  • EOS R6 Mark IIで撮影することができると確約することはできない
  • 動画撮影があなたの焦点である場合、EOS R6 Mark IIはアクティブ冷却機構なしのR6  "C "バージョンのようになると思う

とのこと。
2400万画素センサーを搭載するR6後継モデルが年内に登場する可能性があるようです。以前の話ではこれがEOS R3と同じ積層型CMOSになると言われていましたが、これが正確な情報なのかどうか今のところ不明。現行モデルが2020年に登場したことを考えると後継モデルは早すぎるような気もしますが、実際にどのようなカメラが登場するのか気になりますね。以前は「EOS R100」のようなカメラが登場すると言われていましたが…。

追記:どうやら最新の商品リストに追加されているようです。

噂のまとめ

EOS R6 Mark II

  • プロトタイプがテスト中(2022年8月)
  • EOS R3との共通点は積層型CMOS
  • 2400万画素 CMOSセンサー
  • ボディ内手ぶれ補正
  • 12fps メカニカル
  • 4K 30p クロップ無し
  • 4K 60p クロップ有り
  • Canon log 3 HDR PQ
  • SD デュアルカードスロット
  • EOS R6のボディに大きな変更点なし

EOS R1

  • 2023年春にティーザーが見れるかもしれない
  • 2023年後半まで期待できない
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R100(仮)

  • Vlogger向け
  • EOS M6 Mark IIのようなフォームファクタ
  • 2022年11月までに
  • 従来とは異なるバリアングルモニタ

フルサイズ EOS R(信憑性不明)

  • 2022年8月から6か月以内に登場
  • EOS Rの置き換えのようなカメラ
  • EOS R6の下位
  • EOS R3のような積層型CMOSセンサー
  • 発売は2023年Q1

RF135mm F1.8 L USM

  • 2022年Q4

その他の噂

コードネーム一覧

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下
  • 世界的な供給網の価格変動で計画が延期・中止となった可能性

EOS Kiss M3

  • 2022年Q4
  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
    ・EOS R7 C:2023年後半

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF12mm F1.8 L USM
  • RF24mm F1.4 L USM
  • RF28mm F1.4 L USM
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
    ・2023年
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8 L IS USM
    ・2023年
    ・EFレンズ比で全長が30%減
    ・EFレンズ比で重量が40%減
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-,