Canon Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンは年内にDO超望遠レンズとEOS R1を開発発表する?

Canon RumorsがCR2と中程度の格付けでキヤノン新製品の噂情報を発信。超望遠DOレンズを開発中と噂されており、そのうちの1本と「EOS R1」が年内に発表・開発発表されるかもしれないと述べています。

Canon Rumors:New rumor of Supertelephoto DO’s and the R1 [CR2]

信頼できるソースによると、キヤノンは以下のDO超望遠のプロトタイプをテストしているそうだ。

  • RF 400mm F3.5 DO IS USM
  • RF 400mm F4 DO IS USM
  • RF 500mm F4.5 DO IS USM
  • RF 500mm F5 DO IS USM
  • RF 800mm F9.5 DO IS USM

関係者によると、このうち1台だけがプロトタイプから量産化に移される見込みだそうだ。 500mmレンズは、これまで最も良い結果を出しており、現在そのうちの1本が出回っている。

我々は噂のロードマップに「RF 500mm DO IS USM」は無かったが、現在のサプライチェーンの遅延により、キヤノンはこれらのレンズの優先順序を変えることを余儀なくされるかもしれない。興味深いことに、ソースはキヤノンがこのレンズを発表、またはEOS R1の発表と同時に開発発表することを望んでいると述べている。

ソースによると、生産の遅れにより、今年はこのレンズの開発発表だけを行うことを余儀なくされるかもしれないと言及している。このソースは、確かにR1の発表が今年の後半に期待されていることを暗示している。

キヤノンは確かに年内にEOS R1を発表する可能性があり、キヤノンが「EOS R3はフラッグシップミラーレスカメラではない」と断言しているので尚更だ。 今年後半のR1の発表は、我々が最初にEOS R3について知った時から18ヶ月、1DX Mark IIIの開発発表から3年ということになる。これまでの更新サイクルを考えると不思議なことではない。

  • 1D:2001年12月
  • 1D Mark II:2004年4月
  • 1D Mark III:2007年2月
  • 1D Mark IV:2009年12月
  • 1Ds:2002年9月
  • 1Ds Mark II:2004年11月
  • 1Ds Mark III:2007年4月
  • 1D X:2011年10月
  • 1D X Mark II:2016年2月
  • 1D X Mark III:2020年1月

つまり、キヤノンが今年R1を発売することは、自然な流れだ。 唯一の奇妙な点は、2024年に開催される次の夏季オリンピックから遠く離れていることだ。主要なフラッグシップモデルがオリンピック年にリリースされているが、強力なニコン、特にソニーの競争に直面して、キヤノンはできるだけ早くリリースしなければならないと感じているかもしれない。

とのこと。
回折光学素子(DOレンズ)を使った望遠レンズの開発は水面下で進んでいるらしく、少なくとも年内の開発発表を期待できる模様。確かに、ここ最近もDOレンズやDOレンズを使った光学系の特許出願はいくつか存在するので、製品化の検討や研究開発が行われている可能性はあるかもしれません。まだどのようなレンズが登場するのか分かりませんが、ニコンの「AF-S 500mm F5.6 PF」「Z 800mm F6.3 VR S」のように携帯性を高めた超望遠は需要がありそう。小型軽量なEOS Rシリーズとの相性も期待できますねえ。

Canon Rumorsはさらに噂のEOS R1にも言及。
このカメラの年内発表は以前から噂されていました。キヤノン自身、既に国内インタビューでEOS R3がプロフェッショナルモデルではないと言及しており、新しい「1」の基準を設定して開発していると述べています。確かに次のオリンピックには遠いですが、競合他社の高画素プロフェッショナルモデル「Z 9」「α1」の登場によって、競合機種の投入を急いでいるというのは理解できます(特に「Z 9」は驚くほど売れている)。
ニコンとソニーの頂上モデル登場から1年遅れで、キヤノンがどのようなカメラで巻き返しを図るのか気になるところ。今後の追加情報に期待。

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R7

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない
  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

EOS Kiss M3

2022年Q4

  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-