SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

シグマ 18-50mm F2.8 DC DN 徹底レビュー ボケ編

シグマ「18-50mm F2.8 DC DN」のレビュー第五弾を公開。今回は前後のボケ質の違いや玉ボケの描写についてチェックしています。

18-50mm F2.8 DC DNのレビュー一覧

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがち。個人的には「滲むように柔らかくボケる」描写が綺麗と評価し、逆に「急にボケ始めたり、ボケの輪郭が硬い」描写は好ましくないと感じる。ただし、感じ方は人それぞれなので、ひょっとしたら逆のほうが好ましいという人がいてもおかしくない。
参考までに「滲むボケ」「輪郭の硬いボケ」のサンプルを以下に示す。

描写傾向の違いは主に球面収差の補正状態によって変化し、前後どちらかのボケが柔らかい場合はもう片方のボケが硬くなる傾向がある。
特殊な方法として「アポダイゼーション光学素子」などを使って強制的に滲むボケ描写を実現しているレンズも存在する。

実写で確認

球面収差の補正状態は良好で、基本的に前後のボケ質に大きな差は見られない。どちらも滑らかな描写で、ズームレンズとしては扱いやすいボケ質。ただし、軸上色収差の補正が完璧とは言えず、微ボケから大ボケまで色付きが発生しているのが分かる。実に惜しいポイント。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

ここで言う「口径食」とはレンズ口径がボケへ影響していることを指す。
口径食が強いと、フレーム四隅のボケが楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりする。この問題を解消するには絞りを閉じるしか方法が無い。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来る。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がる。口径食が強いと、ボケが小さく感じたり、場合によってはボケが荒れてしまう場合もある。
できれば口径食の小さいレンズが好ましいが、解消するには根本的にレンズサイズを大きくする必要がある。携帯性やコストとのバランスを取る必要があり、どこかで妥協が必要。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生する(前後ボケのレビューで示した通り)。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまう。

18mm

周辺部で口径食の強い影響が見られる。いびつな形状となり、あまり好ましい描写とは言えない。さらに周辺部のボケには倍率色収差の影響と思われる色付きが発生している。2重に騒がしい描写。玉ボケの内側に輪線ボケの兆候は見られない。手ごろな価格の標準ズームとしては大いに評価できる。

24mm

18mmと比べると口径食が穏やかになる。その一方で、軸上色収差の影響が強くなり、ボケの縁に色が付きやすいのがマイナスポイント。絞ると口径食と軸上色収差の両方を改善することが出来る。しかし、F5.6まで絞ると玉ボケが角ばってしまうのが残念。

28mm

広角側と比べて自然な口径食だが隅の端はボケが大きく変形している。また、軸上色収差の影響が以前として強いものの、それ以外は概ね良好。

35mm

残念ながら再び口径食の影響が強くなり、軸上色収差も目立つ。

50mm

依然として軸上色収差により縁取り効果は続く。ボケが大きくなるので目立ちにくいが、口径食の影響も残っている。

ボケ実写

18mm

接写時は隅が少し騒がしくなるものの、概ね良好。後ボケは滑らかで心地よい描写に見える。

撮影距離が少し長くなっても、基本的には滑らかなボケ。ただし、ハイライトに軸上色収差の影響が目立ちやすく、状況によって騒がしい背景となるかもしれない。

球面収差が良好に補正されているので、微ボケでも滑らかな描写を維持している。やはり色収差や口径食の影響が残っているので、撮影シーンによっては気を付けておきたい。

50mm

望遠端の接写時はとても滑らかで綺麗なボケ。軸上色収差の影響は残っているはずだが、ボケ量が大きく、欠点が悪目立ちすることは無い。

撮影距離が少し長くなると、口径食の影響が強くなる。ただし、ボケ質は滑らかで非常に綺麗。軸上色収差の影響は見られるが、許容範囲内。

さらに撮影距離が長くなると、微ボケ部分の玉ボケにムラが発生する。軸上色収差により縁取りなどを含めて、少し騒がしい描写。

撮影距離 18mm

全高170cmの三脚をポートレートに見立てて、全身~顔のクローズアップの撮影距離を絞り開放で撮影したのが以下の作例。

18mmを使った全身ポートレートで背景を分離するのは難しい。というよりも無理である。膝上~上半身くらいまで近寄って、なんとか後ボケを少し得ることができる。理想を言えばバストアップ、もっと言えば顔のクローズアップで丁度良いくらい。この際のボケ質は単焦点ほどでは無いものの、悪くない描写に見える。

撮影距離50mm

18mmと比べるとボケを作りやすく、膝上~上半身くらいまで近寄ると十分なボケを得ることが可能。この際の小ボケは輪線ボケが目立つので、騒がしいと感じたらバストアップ以上に撮影距離を詰めると改善する可能性あり。

今回のまとめ

手ごろな価格の小型軽量な大口径ズームレンズとしては綺麗なボケ。フレームの大部分は滑らかな描写を実現し、前後にムラが無く使いやすい。さらに輪線ボケが目立つウィークポイントは限定的。このレンズの描写には良い印象しかない。テストショットでは軸上色収差や口径食の影響が悪目立ちしやすかったが、実写ではボケにハイライトを含まなければ問題に直面する機会は少ない。

前後に癖が無いので、前後のボケどちらを積極的に取り入れても自然な描写を楽しむことが出来る。残存する軸上色収差が目立つ場面は少なく、心配せずに積極的に絞り開放を使えば良いと思う。

注意すべきポイントがあるとしたら、それは50mm側でポートレートの撮影距離を使う場合。小さな玉ボケに球面収差や軸上色収差の影響が出やすく、場合によっては少し騒がしい描写と感じるかもしれない。そのような場合でも、ワーキングディスタンスを少し短くしたりすることで改善可能。

購入早見表

18-50mm F2.8 DC DN Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す
18-50mm F2.8 DC DN Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

作例

Flickrにてオリジナルデータを公開中

関連レンズ

関連記事

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,