OLYMPUSレンズ OLYMPUS中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS 遠景解像 レビュー

このページではオリンパス製交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」の遠景解像性能をチェックしています。MC-14・MC-20装着時の作例も併せて掲載。

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2020-09-11 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:15群21枚
    EDレンズ4枚,スーパーHRレンズ2枚,HRレンズ2枚
  • 開放絞り:F5.0 (100mm) – F6.3 (400mm)
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:1.3m(ズーム全域)
  • 最大撮影倍率:0.09倍(Wide)/ 0.29倍(Tele)
  • フィルター径:⌀72mm
  • レンズサイズ:⌀86.4×205.7mm
  • 重量:1,120g (三脚座除く)/ 1,325g (三脚座含む)
  • AF:リニアモーター駆動
  • 防塵防滴:保護等級1級(IPX1)
  • レンズ手ぶれ補正時 3段補正
  • 5軸シンクロ手ぶれ補正 非対応

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」や「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II」がカバーしていた300mmを上回る、400mmをカバーするオリンパスユーザー待望の超望遠ズームレンズ。IPX1規格に対応するオリンパスらしい防塵防滴仕様をはじめ、アルカスイス互換の三脚座が付属し、M.ZUIKOレンズ3本目となる光学手ぶれ補正を搭載しています(ただしシンクロIS非対応)。
ズームレンジ全域で最短撮影距離「1.3m」を実現しており、特に400mmでは最大撮影倍率「0.29倍」のハーフマクロ(35mm判換算で0.58倍)を達成。超望遠マクロも楽しむことが出来ます。
さらに2つのテレコンバージョンレンズ「MC-14」「MC-20」にも対応しているため、焦点距離を延ばしたり、最大撮影倍率を高めることが可能となっています。
PROグレードに近い機能性を備えていますが、なぜか無印シリーズ仕様。今冬登場予定の「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」との差別化でしょうか。
フォーカス駆動にはリニアモーターを採用。静音性と高速性を兼ね備え、さらに滑らかな動作で動画撮影にも適しています。

価格設定は14万円前後と安くありませんが、同セグメントのレンズ「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S.」と価格設定はほぼ同じであり、決して高すぎるという印象はありません。LEICA DGはDual.I.Sに対応するため、より効果的な手ぶれ補正を期待できますが、このレンズはテレコンバージョンレンズに対応しているのが強みとなります。

実はシグマ製じゃないか?」という話もあり、個人的には「おそらく、そうなのだろう」と考えています。とは言えレンズ構成やスペックを見る限り、単なるOEMでは無く、オリンパスの仕様やマイクロフォーサーズに最適化されている可能性あり。がっかりするのはまだ早い。
果たしてこのレンズがサイズ・価格なりのパフォーマンスを発揮するのかどうか、これからじっくりチェックしていきたいと思います。

遠景解像力テスト

テスト環境

メモ

  • OM-D E-M1 Mark III
  • Leofoto LS-365C
  • Leofoto G4
  • RAWをAdobe Lightroom Classic CCで現像
  • シャープネス 0

撮影結果

100mm

決して抜群の描写性能ではありませんが、四隅まで安定したパフォーマンスを発揮しています。解像性能はなかなか良好ですので、後処理次第で満足のいく結果を出せはず。
絞りによる画質改善はあまり期待できませんが、開放付近で発生している僅かな色収差がF8前後で改善します。ベストを尽くすのであればF5.6-F8の使用がおススメ。ハイレゾショットの高解像撮影にもある程度耐えるだけの性能を持ち合わせているはずです。

150mm

基本的に100mmと同様。フレーム端まで安定した解像性能を発揮しています。100mmと異なり、開放付近の色収差が少ないので絞り開放から細部のコントラストが安定しているように見えます。
やはり後処理次第で満足のいく結果が期待でき、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」と比べて遜色の無いパフォーマンスだと感じます。
100mmと比べて開放から安定しているため、絞りによる画質改善は全く期待できません。

200mm

100~150mmと同じく、四隅までシャープな描写を維持しています。少なくとも「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」にMC-14を装着した時よりも良好だと感じます(特に四隅)。風景撮影でも十分に使えるレベル。
絞り値による改善効果は期待できませんが、F11くらいまでは許容できるシャープネスを維持しています。被写界深度が浅くなりがちな焦点距離のため、パンフォーカスを狙うならF11付近までを意識して使うと良さそう。

300mm

分かりづらい作例で申し訳ないのですが、全体的にシャープな描写を維持しています。100~200mmまでと比べると、細部に僅かなハロっぽさがあり、ピークの低下は感じますが、フレーム端まで安定した描写に変わりありません。

400mm

基本的には300mmと同じ傾向を維持しています。解像性能に顕著な落ち込みは見られませんが、RAW現像では細部のハロが目立ちます。このため、後処理が重要。ボディ内JPEG出力はバランスの取れた上手い処理が施されているので参考になると思います。
ただ、状況によってはボディ出力のJPEGでも甘い描写となるため、そのような時は現像ソフトでじっくり調整すべし。ビシっと調整できれば、四隅まで安定したパフォーマンスを得ることが出来ます。

MC-14/MC-20

被写界深度がかなり浅くなるため、中央クロップのみを比較。
テレコンバーターはマスターレンズの焦点距離をそれぞれ「×1.4」「×2.0」で拡張することができ、「560mm F9」「800mm F13」として使うことが出来ます。
テレコンバーター装着時はマスターレンズでも目に付いたハロが強く影響するため、単純にシャープネスやコントラストの調整だけではうまく現像出来ません。Lightroomなら「かすみの除去」なども活用しつつ、着地点を探すことになると思います。
MC-14とMC-20で大きなパフォーマンス差が無いことから、F値が許容できるのであればMC-20がおススメ。

400mm現像例

兎にも角にも現像次第

少なくともズームレンジ前半、100mmから200mmまでは比較的使いやすく、PROレンズと見比べても遜色の無い結果を出すことが可能です。マイクロコントラストが少し物足りないと感じる場合があるため、そんな時は後処理必須。少し手を加えることで満足のいく結果を得ることが可能です。
300~400mmではいくらかパフォーマンスが低下するものの、焦点距離を考慮すると四隅まで安定した性能を維持しているのは評価すべきポイント。ただし、抜群の性能とは言えず、ハロも出ているのでいくらか後処理が必要。クローズアップや近景と比べ、ディテールが気になる遠景撮影ではカメラ出力のJPEGでも力不足・調整不足となる場合があります。兎にも角にも現像次第。

テレコンバーターを装着することで、フルサイズ換算で1000mmを超える焦点距離を利用可能。ただし、マスターレンズの400mm以上にコントラストが低下するため扱いが非常に難しくなります。遠景での利用にはおススメできませんが、近距離で等倍以上の超望遠マクロを利用したい時に使うのがおススメ。

今回使用した機材

管理人
当ブログでは運営維持のため各種アフィリエイトプログラムやGoogle Adsenseなどを利用しています。
OM-D E-M1 Mark III ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ノジマ PayPay
OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PRO レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ノジマ PayPay

関連レンズ

このレンズのレビュー記事

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~