【価格情報】BLACK FRIDAY「Amazon」「SmallRig」「PERGEAR

Nikonレンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 徹底レビュー 諸収差編

ニコンNIKKOR Z 40mm f/2のレビュー第六弾を公開。今回は色収差・歪曲収差・コマ収差・像面湾曲など、諸収差の影響について実写作例を用意してチェックしています。

NIKKOR Z 40mm f/2のレビュー一覧

まえがき

2019年にロードマップに追加され、2021年3月に開発発表、そして同年9月に正式発表された小型軽量、そして低価格な40mm単焦点レンズ。F1.8レンズ群がハイグレードモデルへ移行してしまったため、今後はこのようなレンズがエントリー向けのいわゆる「撒き餌レンズ」になると思われる。

概要
レンズの仕様
マウント Z 最短撮影距離 0.29m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.17倍
焦点距離 40mm フィルター径 52mm
レンズ構成 4群6枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F2 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 9
サイズ・重量など
サイズ φ70×45.5mm 防塵防滴 配慮
重量 170g AF STM
その他 プラスチックマウント
付属品
レンズキャップ

全長45.5mm、重量170gと非常に軽いフルサイズミラーレス用レンズ。しかしながら、開放F値は「F2」と明るく、絞り羽根はこの価格帯で珍しい9枚羽根を採用。小型軽量・低価格の代償として、外装はレンズマウントを含めてプラスチック製で、コントロールはフォーカスリングのみである点には気を付けたい。

レンズ構成は4群6枚とシンプルながら、2枚の非球面レンズを採用。特に最後の1枚には大きな非球面レンズを採用しており、大口径Zマウントらしい光学設計と言える。さらに防塵防滴にも配慮した設計となっており、価格のわりにしっかりとしたデザイン。

レンズサイズはZ 28mm F2.8とよく似ているほか、Z 24-50mm F4-6.3と比べても同程度。Z MC 50mm F2.8は少しサイズが大きいものの、小型軽量なシステムを揃える上で貴重なマクロレンズの選択肢となっているように見える。

価格のチェック

売り出し価格はカメラのキタムラにて28,710円(税込)。これまでのZレンズを考慮すると非常にリーズナブルな価格設定であり、なんとDX用のキットズームよりも安い。一眼レフ時代の撒き餌レンズほど安くはないものの、フルサイズミラーレスの時代にこのような選択肢を用意してくれるのは有難い。

NIKKOR Z 40mm f/2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

像面湾曲

像面湾曲とは?

ピント面が分かりやすいように加工しています。

中央から四隅かけて、ピントが合う撮影距離が異なることを指す。例えば、1mの撮影距離において、中央にピントが合っていたとしてもフレームの端では1mの前後に移動している場合に像面湾曲の影響が考えられる。

最近のレンズで目立つ像面湾曲を残したレンズは少ないものの、近距離では収差が増大して目立つ場合もある。ただし、近距離でフラットな被写体を撮影する機会は少ないと思われ、像面湾曲が残っていたとしても心配する必要は無い。

無限遠でも影響が見られる場合は注意が必要。風景など、パンフォーカスを狙いたい場合に、意図せずピンボケが発生してしまう可能性あり。この収差は改善する方法が無いため、F値を大きくして被写界深度を広げるしか問題の回避手段がない。

参考:Wikipedia 像面湾曲

実写で確認

近接撮影時は、フレーム周辺部に向かってピントの山が僅かに近側へ移動しているように見える。とは言え、極端な影響では無く、撮影距離が長くなるにつれて問題は小さくなる。特に心配する必要は無い。

倍率色収差

倍率色収差とは?

主にフレーム四隅に現れる色ずれを指す。絞り値による改善効果が小さいため、この問題を解決するにはカメラボディでのソフトウェア補正が必要。ただしボディ側の補正機能で比較的簡単に修正できるので、残存していたとして大問題となる可能性は低い。特にミラーレスシステムでは後処理に依存する傾向がある。

参考:Wikipedia 色収差

実写で確認

色収差を補正するEDレンズなどは使用していないものの、良好な補正状態に見える。絞り値全域で等倍まで拡大しても目立つ色収差は確認できない。ただし、ゼロでは無いので、コントラストが強いシーンでは僅かに目に付く可能性がある。

軸上色収差

軸上色収差とは?

軸上色収差とはピント面の前後に発生する色ずれを指す。ピントの手前側は主にパープルフリンジとして、ピントの奥側でボケにグリーンの不自然な色付きがあれば、その主な原因が軸上色収差と考えられる。簡単な後処理が難しく、できれば光学的に収差を抑えて欲しいところだが、大口径レンズでは完璧に補正できていないことが多い。

軸上色収差を完璧に補正しているレンズはピント面のコントラストが高く、パンチのある解像感を期待できる。

参考:Wikipedia 色収差

実写で確認

倍率色収差と同じく、比較的シンプルな光学設計のレンズとしては良好な補正状態。倍率色収差と同じく、ゼロでは無いので、コントラストが強いシーンでは目立つ可能性あり。球面収差も残っており、接写時は後ボケが滲むように柔らかな描写となり、一方で前ボケは硬調となる。この結果、実写で収差が発生する可能性があるとしたら、硬い前ボケの縁に色収差が濃く現れる可能性が高い。

球面収差

テストした撮影距離では前後の大ボケに顕著な違いは見られない。ただし、小ボケ領域では後ボケと小ボケに僅かな描写に違いが表れている。また、解像力チャートや軸上色収差のテストからも分かるように、絞り開放における接写時はコントラストのピークと、解像性能のピークが少し異なっている、場合によっては絞ることによりピントの山がずれた様にみえるかもしれない。
非球面レンズを2枚使用しているものの、輪線ボケは目立ちにくい。良好な研磨状態だと思われる。作例を見ると分かるように、コントラストの強い部分に軸上色収差の影響が見られる。

歪曲収差

歪曲収差とは?

歪曲収差とは、平面上で直線的に写るはずが直線とならずに歪んでしまうことを指す。特に直線が多い人工物や水平線が見えるような場合に目立ちやすい。主に魚眼効果と似た形状の「樽型歪曲」と中央がしぼんで見えてしまう「糸巻き型歪曲」に分かれる。

参考:Wikipedia 歪曲収差

比較的補正が簡単な収差だが、「陣笠状」など特殊な歪みかたをする歪曲は手動での補正が難しい。この場合はレンズに合わせた補正用プロファイルが必要となる。

実写で確認

極僅かな糸巻き型歪曲。補正無しでも十分良好だが、格納されているプロファイルを使用して補正することで歪曲収差を完璧に補正することが可能。

コマ収差・非点収差

コマ収差・非点収差とは?

コマ収差・非点収差とは主にフレーム四隅で点像が点像として写らないことを指す。例えば、夜景の人工灯や星、イルミネーションなど。日中でも木漏れ日など、明るい点光源で影響を受ける場合あり。この問題は後処理が出来ないため、光学的に補正する必要がある。

参考:Wikipedia コマ収差

絞ることで改善するものの、夜景や天体撮影など、シャッタースピードが重要となる状況では絞ることが出来ず、光学的な補正が重要となる。

実写で確認

絞り開放の周辺部において、点像再現性は良好と言えず、いくらか絞る必要がある。遠景解像の隅がやや甘いのはこれが原因かもしれない。当然、四隅のボケ質にも影響していると思われる。
この影響は絞ると劇的に改善し、F4までに問題はほぼ解消する。周辺部の点光源をはじめ、解像性能を重視する場合はF4まで絞っておくのがおススメ。

今回のおさらい

比較的シンプルな大口径レンズとしては色収差の補正状態が良好。比較的コントラストが強いシーンでも、目立つ色収差は発生していない。もちろん、ゼロでは無いので、大きくクロップしたり、逆光シーンなどでは目に付く場合があるかもしれない。それでも、一般的な撮影シーンであれば、問題となることは少ないはず。安心して絞り開放から使っていける。

歪曲収差はRAWでも僅かな糸巻き型であり、格納されたプロファイルを適用することで問題は皆無。わずかに残る収差を修正する際も画質への影響は少なく、歪曲補正は常時適用しておけばOK。

球面収差は接写時にやや目立つものの、撮影距離が長くなると穏やかになる。球面収差を活かした滲むボケを得たい場合は被写体に十分近寄って撮影したいところ。撮影距離が長くなると球面収差の影響は小さくなる。ガウスタイプでよくある描写傾向に見える。

コマ収差はこのレンズで影響が強い。点光源が多いイルミネーションや夜景をはじめ、木漏れ日などがフレームに入る場合も気を付けたほうが良いかもしれない。気になる場合はF4くらいまで絞ると問題は無くなる。

全体的に見て、3万円切りの低価格な標準大口径レンズとしては収差を良く抑えている印象あり。「撒き餌レンズ」と呼ぶには少し高いかもしれないが、価格に見合う以上の価値はあると思われる。ただし、諸収差を高次元に補正しているわけでは無いので、部分的にレンズの癖が見え隠れする場合がある。様々な状況で安定したパフォーマンスを得たい場合は「S-Line」を選ぶのがおススメ。

購入早見表

NIKKOR Z 40mm f/2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

作例

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-