【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

PERGEAR カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X レンズレビュー遠景解像編

PERGEAR「PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X」のレビュー第三弾を公開。今回は2600万画素の「X-S10」に装着して、恒例の撮影地点から遠景解像性能をテスト結果とレビューを掲載。

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X レビュー一覧

まえがき

2021年に登場したPERGEAR製の中望遠マクロレンズ。APS-Cフォーマットに対応したミラーレス専用設計であり、富士フイルムX・ソニーE・マイクロフォーサーズマウントに対応。この価格帯としては珍しい2倍マクロに対応しており、フルサイズ換算で約3倍のクローズアップ撮影が可能(のはず)。

概要
レンズの仕様
マウント X/E/MFT/Z 最短撮影距離 19.1cm
フォーマット APS-C 最大撮影倍率 2倍
焦点距離 60mm フィルター径 62mm
レンズ構成 8群11枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F2.8 テレコン -
最小絞り F16 コーティング マルチ
絞り羽根 10枚
サイズ・重量など
サイズ φ68×118mm 防塵防滴 -
重量 約600g AF -
その他 絞りリング
付属品
キャップ

レンズは電子接点非対応のフルマニュアルレンズ。フォーカスリングと絞りリングを搭載しており、直接フォーカスレンズと絞り羽根を操作します。当然ながらカメラの自動アシストには対応していないため、カメラ側での拡大やピーキングのオン・オフが必要となる。

レンズ構成は8群11枚で、うち3枚は高屈折率レンズを使用。全群繰り出し式のフォーカス構造ながら、最前面には保護ガラスを配置しているので外観的にはインナーフォーカスを実現。そのぶんレンズ全長は長くなってしまいましたが、堅牢性を維持しながらピントを位置をマクロに固定して持ち運ぶ際には便利です。

価格のチェック

Amazonにて価格は2.4万円。国産AFレンズと比べると遥かに低価格ですが、フルマニュアルレンズに2万円超を出せるかどうかは要検討。そして7Artisans 60mm F2.8 IIよりも少し高い。

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X
PERGEAR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

テストするレンズについて

今回はPERGEARより正式発表前に無償提供されたレンズを元にテストしています。この際に金品の授受は発生しておらず、レビュー内容に関する干渉は一切ありません。

遠景解像力

テスト環境

  • カメラ:FUJIFILM X-S10
  • 三脚:Leofoto LS-365C
  • 雲台:Leofoto G4
  • 露出:絞り優先AE ISO160
  • 非圧縮RAW出力
  • Adobe Lightroom Classic CC
    ・シャープネス 0

テスト結果

中央

絞り開放は球面収差の残存する低コントラストな画質。正直に言うと、風景撮影で使いたい画質とは言えないので、しっかりと絞って収差を抑えたい。F4まで絞るとシャープネスとコントラストが大幅に改善し、実用に耐えうる画質まで向上。F5.6~F8で大幅な改善は期待できないものの、細部のコントラストが僅かに改善し、ピークの画質を得ることが可能。F11で回折の影響をわずかに受け、F16まで絞ると細部は軟調。

周辺

中央と同じくF2.8は球面収差の影響が強く、あまり実用的とは言えないソフトな画質。F4まで絞ると画質は改善するものの、シャープネス・コントラストは満足のいく結果とは言えない。F5.6まで絞ると画質が大きく改善し、実用に耐えうるシャープネスとコントラスト。F8まで絞っても大きくは改善しないので、被写界深度やシャッタースピードなどとの兼ね合いで調整するのが良し。回折の影響は中央と同じ。

四隅

中央や周辺と同じくF2.8は球面収差の影響が強く、あまり実用的とは言えないソフトな画質。F4まで絞ると画質は改善するものの、シャープネス・コントラストは満足のいく結果とは言えない。F5.6でさらに画質が改善し、許容範囲内となる。ただし、F8まで絞ると目に見えるコントラストの改善があるため、出来ることならばF8まで絞りたい。その後の回折の影響は中央と同じ。

実写で確認

絞り開放付近は全体的に軟調で、解像性能やコントラストを重視する撮影ではおススメできない画質。ただし、概ね2~3段絞ると全体的に画質が改善し、フレーム隅まで実用に耐えうるパフォーマンスを発揮する。この際の均質性は十分良好であり、シャープネス・コントラストは風景撮影でも問題なく使える水準。ただし、AWBが少しマゼンダ寄りとなる傾向あり。

今回のおさらい

お世辞にも「絞り開放から抜群の光学性能」とは言えないものの、2段絞れば十分にシャープであり、フレーム隅まで均質性の高い画質を得ることが可能。絞って使うのであれば、風景写真や建築物などでも十分に使えるレンズ。

ただし、いくつか注意点があり…。
一つ目は「無限遠側のフォーカスリングの短いストローク」によりピント合わせが難しいこと。
二つ目は「全体的に暖色傾向・マゼンダ寄り」となる場合が多く、風景などで快適に撮影するには微調整が必要となる。
この辺りを理解して使うことで、十分に実用に耐えうるレンズかなと。60mm F2.8の2倍マクロレンズで風景写真を撮る機会は少ないと思いますが、撮れないことは無い。

購入早見表

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X
PERGEAR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-PERGEAR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,