PERGEAR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X レンズレビュー ボケ編

PERGEAR「PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X」のレビュー第五弾を公開。今回はレンズの玉ボケ・前後ボケ質についてチェック。後ボケの滲むように柔らかい描写が特徴的なレンズでした。

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X レビュー一覧

まえがき

2021年に登場したPERGEAR製の中望遠マクロレンズ。APS-Cフォーマットに対応したミラーレス専用設計であり、富士フイルムX・ソニーE・マイクロフォーサーズマウントに対応。この価格帯としては珍しい2倍マクロに対応しており、フルサイズ換算で約3倍のクローズアップ撮影が可能(のはず)。

概要
レンズの仕様
マウント X/E/MFT/Z 最短撮影距離 19.1cm
フォーマット APS-C 最大撮影倍率 2倍
焦点距離 60mm フィルター径 62mm
レンズ構成 8群11枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F2.8 テレコン -
最小絞り F16 コーティング マルチ
絞り羽根 10枚
サイズ・重量など
サイズ φ68×118mm 防塵防滴 -
重量 約600g AF -
その他 絞りリング
付属品
キャップ

レンズは電子接点非対応のフルマニュアルレンズ。フォーカスリングと絞りリングを搭載しており、直接フォーカスレンズと絞り羽根を操作します。当然ながらカメラの自動アシストには対応していないため、カメラ側での拡大やピーキングのオン・オフが必要となる。

レンズ構成は8群11枚で、うち3枚は高屈折率レンズを使用。全群繰り出し式のフォーカス構造ながら、最前面には保護ガラスを配置しているので外観的にはインナーフォーカスを実現。そのぶんレンズ全長は長くなってしまいましたが、堅牢性を維持しながらピントを位置をマクロに固定して持ち運ぶ際には便利です。

価格のチェック

Amazonにて価格は2.4万円。国産AFレンズと比べると遥かに低価格ですが、フルマニュアルレンズに2万円超を出せるかどうかは要検討。そして7Artisans 60mm F2.8 IIよりも少し高い。

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X
PERGEAR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

テストするレンズについて

今回はPERGEARより正式発表前に無償提供されたレンズを元にテストしています。この際に金品の授受は発生しておらず、レビュー内容に関する干渉は一切ありません。

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがちですが、個人的には「滲むように柔らかくボケる」描写が綺麗と感じます。逆に、「急にボケ始めたり、ボケの輪郭が硬い」描写を好ましくないと感じています。

描写傾向の違いは主に球面収差の補正状態によって変化し、前後どちらかのボケが柔らかい場合はもう片方のボケが硬くなる傾向があります。また「アポダイゼーション光学素子」などを使って強制的に滲むボケ描写を実現しているレンズも存在します。

実写で確認

このレンズはかなりの量の球面収差が残存しており、収差はボケ質に大きな影響を与えている。ぱっと見で分かるように、後ボケが非常に柔らかく滑らかな描写であるのに対し、前ボケは縁取りが硬くて2線ボケの傾向あり。この描写傾向は撮影距離に関わらず一定。前ボケに注意して使えばポートレートのような撮影距離でも素敵な後ボケを堪能できるはず。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

口径食が強いと、四隅が楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりします。これを解消するには絞りを閉じるしかありません。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来ます。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がります。口径食が強いと、ボケ量が少なく感じたり、四隅のボケが荒れてしまう場合もあるため、口径食の小さいレンズが好ましい。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生します。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまいます。

実写で確認

玉ボケは基本的に滑らかできれい。口径食の影響も少なく、非常に使い勝手が良い。ただし、どうもレンズ内に小ゴミがあるらしく、「点」として玉ボケに写りこんでいるのが残念。おそらくこれは個体の問題であり、他の個体では問題とならない可能性が高い。
F5.6まで絞ると口径食が解消するものの、玉ボケが少し角ばるので注意が必要。ただし、絞り羽根が10枚と多いためか、絞っても多角形は目立たない。

別の作例でも玉ボケは滑らかできれい。口径食の影響も少なく、様々な状況で使いやすい。

ボケ実写

前述してきたように、後ボケ重視のボケ質は非常に滑らかで柔らかい描写。ピント面が少し滲んでいるものの、これはこれでアリ。1段絞ると(F4)球面収差が収束して一般的な写りへと変化する。滲むのが嫌いであれば最低でもF4まで絞るのがおススメ。F5.6まで絞っても後ボケは荒れにくい。

接写時は柔らかいボケがさらに大きくなり、ドリーミーな描写を得ることが出来る。1~2段絞っても良好なボケ質を維持しているのはGood。

今回のおさらい

非常に柔らかい後ボケが特徴的なレンズ。マクロレンズに興味がなくとも、この特性だけでこのレンズを検討するのは大いにあり。その反動で前ボケが硬い点には注意が必要。

硬い前ボケも「前景の輪郭を残す」という意味では役に立つので、状況に応じて積極的に前ボケを入れていきたいところ。硬調な前ボケは欠点ではなく個性。逆に後ボケは輪郭が溶けやすく、場合によって立体感が無くなる可能性あり。

マクロレンズとして球面収差が残り過ぎているのはいかがなものかと感じるものの、本当にマクロを使う場合は絞って使うので、球面収差は問題とならないはず。開けてふんわり、絞ってキリリの描写傾向は面白いと思うのです。

購入早見表

PERGEAR 60mm F2.8 Macro 2X
PERGEAR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-PERGEAR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-,