【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 管理人レビュー 解像力チャート

RF24-105mm F4L IS USM レンズレビュー Vol.1 解像力チャート編

キヤノン「RF24-105mm F4L IS USM」のレビュー第一弾を公開。今回は恒例の解像力チャートを使用して近接時の解像性能をチェックしています。

RF24-105mm F4L IS USMのレビュー一覧

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:EOS R5
  • 交換レンズ:RF24-105mm F4L IS USM
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒
  • RAW出力
  • ISO 64 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイル(外せない)
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェック)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性あり。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

24mm

このクラスの標準ズームレンズとしては非常に良好。絞り開放から全体的に良好なテスト結果となり、少なくともEOS R5との組み合わせでは絞っても改善しない。回折の影響を受けにくく、F11までピークの性能を維持しているので使いやすい。回折による影響が強くなるのはF16付近で、F22まで絞るとさらにパフォーマンスが低下する。

数値

中央 周辺部 四隅
F4.0 4510 4416 3958
F5.6 4620 4388 3705
F8.0 4327 4371 3874
F11 4353 4316 3885
F16 3895 3723 3658
F22 3154 3111 2949

実写サンプル

実写を確認すると、隅に向かって倍率色収差がいくらか残存しているのが分かる。Lシリーズのレンズとしては倍率色収差が多めに見えるが、光学4.3倍の標準ズームレンズで倍率色収差の補正は難しいのかもしれない。例えば、ソニー「FE 24-105mm F4 G OSS」はキヤノン以上に色収差が残っている。テスト結果通り、絞っても非点収差や倍率色収差は改善せず、画質に大きな変化は見られない。

35mm

24mmと比べると全体的にパフォーマンスが低下するものの、フレーム全体の均質性で言えばまずまず良好に見える。24mmと同じく解像性能は絞っても改善しないので、被写界深度に応じて絞り値を調整すると良いだろう。

数値

中央 周辺部 四隅
F4.0 4331 3786 3299
F5.6 4141 3895 3465
F8.0 4255 4084 3667
F11 3871 3899 3593
F16 3699 3573 3244
F22 2992 3061 2655

実写サンプル

24mmに引き続き倍率色収差の影響が絞り値全域で見られる。絞ると僅かに改善するが、小絞りによるリスクを引き換えにして得られるものは少ない。

50mm

ズーム中間域でまさかの失速。解像感はまずまず良好に見えるが、コントラストが少し低下しているので解析ソフトの結果に影響しているのかもしれない。絞ると急速に改善し、F8からF11でピークの性能に達する。

数値

中央 周辺部 四隅
F4.0 4789 3202 2526
F5.6 4387 3604 3465
F8.0 4005 4137 4014
F11 4109 4330 3736
F16 3502 3616 3505
F22 3274 3152 2806

実写サンプル

50mm付近から倍率色収差の影響が小さくなる。その一方、フレーム隅に向かってコントラストが低下するので、解析ソフトの結果は広角側よりも悪い。

70mm

50mmと同じく周辺部におけるコントラスト低下が目に付く。絞り開放の周辺解像が伸び悩んでいるので、パンフォーカスが重要となるのであれば、基本的にF8まで絞って撮影すると良いだろう。

数値

中央 周辺部 四隅
F4.0 4169 3317 2788
F5.6 4348 3558 3299
F8.0 3970 4292 3805
F11 4166 4156 3955
F16 3751 3693 3698
F22 3162 3055 2848

実写サンプル

50mmと比べてさらに周辺部のソフトさが目立ち、倍率色収差は少なくなる。絞れば問題ないので、ボケが必要無ければ積極的に絞るのも一つの手。

105mm

望遠端ではパフォーマンスが少し低下するものの、フレーム全体の一貫性はまずまず良好な結果に見える。中間域よりも周辺・隅のパフォーマンスが良くなっているのが意外だった。

数値

中央 周辺部 四隅
F4.0 3831 3459 3225
F5.6 4228 3618 3280
F8.0 3890 3699 3501
F11 4268 3833 3870
F16 3885 3451 3446
F22 3147 3106 3004

実写サンプル

絞り開放は全体的にコントラストが低く、少しソフトな描写だ。コントラストは1段絞ると大幅に改善する。切れ味を求めるのであれば1段絞って使った方が良い結果が得られると思う。倍率色収差の影響はゼロではないが、ほぼゼロに近い

まとめ

他社の24-105mm F4クラスのレンズもテストし、比較した印象として、RF24-105mm F4L IS USMは比較的広角側のパフォーマンスが良好だ。倍率色収差の影響は確かにあるが、比較的コントラストが高く、色収差の補正次第ではシャープな結果を期待できるように見える。ただし、圧倒的な差では無く、実写では「五十歩百歩」と感じるかもしれない。

50mmの隅で少し目に付く低下が見られ、以降の望遠域で全体的なパフォーマンスの低下が発生する。ただし、これは必要に応じて1~2段絞るとことで改善可能だ。ズーム全域を見ても、F8前後まで絞れば安定した結果が得られる。

注意点として、全域で倍率色収差の影響が見られる。色収差に関してレンズ補正は必須だ。しかしこれは他社のF4ズームと同じ傾向である。このレンズの設計が悪いわけでは無く、おそらく光学設計が難しいのだと思う。他の収差補正を優先し、後処理が簡単な倍率色収差をトレードオフするのは珍しい話ではない。

全体的に見て「これぞLレンズ」と言った抜群の光学性能では無いものの、他社のF4ズームと渡り合うことが出来る性能に仕上がっている。ピークの性能は抜群と言えないが、安定感のあるレンズだ。絞り開放のシャープネスや細部のコントラスト、単焦点並みの切れ味を追求しなければ、長く付き合うことが出来る便利な標準ズームレンズと言えるだろう。

購入早見表

RF24-105mm F4L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古品を探す

作例

オリジナルデータはFlickrに掲載。

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,