【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

FUJIFILMレンズ FUJIFILM広角レンズ FUJIFILM標準レンズ FUJIFILM関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材比較

富士フイルム「XF33mmF1.4 WR」「XF23mmF1.4 WR」「XF150-600mm」など新レンズを見比べる

2021年9月2日に富士フイルムが「X Summit PRIME 2021」を開催し、その中で複数のXマウント・GFマウントレンズが発表。今回は新発売のレンズと既存レンズのスペックや外観を見比べるページを作成しました。

XF F1.4 R LM WRシリーズ

新世代のXシリーズを象徴する「XF F1.4 WR」シリーズに2本のレンズが追加されました。デザインは「XF18mmF1.4 R LM WR」を踏襲してカメラの外観に似合う設計となっているらしい。今後はこのスタイルでいく模様。「XF16mmF1.4 R WR」のようなフォーカスクラッチ構造は廃止の方向か?

XF23WR XF33WR XF18WR
焦点距離 23mm 33mm 18mm
F値 F1.4-16 F1.4-16 F1.4-16
絞り 9 9 9
MFD 0.19m 0.3m 0.2m
MM 0.2倍 0.15倍 0.15倍
フィルター 58mm 58mm 62mm
サイズ 67*77.8mm 67*73.5 68.8*75.6
重量 380g 360g 370g
防塵防滴 対応 対応 対応
AF リニア リニア リニア

レンズサイズも統一感があり、ほぼ同じサイズで重量も370g前後に収まっている。ただし、XF18WRのみフィルターサイズが62mm。3本は全て防塵防滴仕様で、AF駆動はリニアモーターを採用。絞りリングにはAポジションで固定できるロック機構が備わっている。価格は10万円前後とAPS-C用レンズとしては少し高価なものの、機能性を考慮すると適正価格と感じるもの。

XF33mm F1.4 R LM WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo!
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
XF23mmF1.4 R LM WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

XF33mmF1.4 R LM WR/XF35mmF1.4 R

XF35mmF1.4 Rと比べるとレンズサイズが大きくなってしまったものの、カメラによっては許容範囲内と感じるかも。光学系はより複雑となり、特殊レンズは新にEDレンズを採用しつつ、非球面レンズの使用数も一枚増えています。さらに防塵防滴仕様、インナーフォーカス、リニアモーター駆動などを考慮すると納得のサイズ増。価格も1.5倍となっているのが悩ましいところ。レンズを乗り換える人もいれば、使い分けする人もいることでしょう。

XF33WR XF35R
焦点距離 33mm 35mm
構成 10-15 6-8
F値 F1.4-16 F1.4-16
絞り 9 7
MFD 0.3m 0.28m
MM 0.15倍 0.17倍
フィルター 58mm 52mm
サイズ 67*73.5 65*50.4
重量 360g 187g
防塵防滴 対応 -
AF リニア コアレスDC

XF23mmF1.4 R LM WR/XF23mmF1.4 R

33mmと35mmのサイズ・重量差ほどではないものの、防塵防滴・リニアモーター駆動、そしてより複雑な光学設計によりレンズは大きく、重くなっています。特に最短撮影距離が0.28mから0.19まで大きく改善しているので接写する機会が多い人は乗り換えを検討したいところ。XF33mmと異なり、売り出し価格はXF23mmF1.4 Rとほぼ同じなので、今から新規で購入するならWR版を検討か?

XF23WR XF23R
焦点距離 23mm 23mm
構成 10-15 8-11
F値 F1.4-16 F1.4-16
絞り 9 7
MFD 0.19m 0.28m
MM 0.2倍 0.1倍
フィルター 58mm 62mm
サイズ 67*77.8mm 72*63
重量 380g 300g
防塵防滴 対応 -
AF リニア コアレスDC

XF150-600mm(2022)

Xマウントの焦点距離を拡張する600mmまでの超望遠ズームレンズ。フルサイズ判換算で900mmに相当するバズーカ砲。APS-C用レンズとしては非常に大きなレンズとなるものの、150-600mmとしてのサイズ感は適正か。競合レンズが存在しない唯一無二のレンズとなる可能性あり。(ソニーはフルサイズ用のレンズで対応している)

XF18-120mm(2022)

静止画と動画をボーダレスに対応すると言われている高倍率ズームレンズ。広角18mmから望遠120mmまでの便利なズームレンジをカバーしつつ、電動ズームに対応しそうなスイッチを搭載しているように見えます。サイズは既存の「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」よりも大きく、タムロン「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」と同程度。開放F値は今のところ不明。

GF35-70mmF4.5-5.6 WR

沈胴構造の44×33mm用の標準ズームレンズ。大型センサー用ながら重量が390gと非常に軽い。GFX100SやGFX50S IIなど、軽量ボディと組み合わせることでフルサイズミラーレスも驚きの携帯性を発揮。

GF35-70
焦点距離 35-70mm
F値 F4.5-5.6
絞り 9
MFD 0.35m
MM 0.28倍
フィルター 62mm
サイズ 84.9*73.9
重量 390g
防塵防滴 対応
AF STM

富士フイルム「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」交換レンズデータベース

GF35-70mm F4.5-5.6 WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

沈胴時の全長はGF32-64mmF4と比べて遥かに短く、収納性が優れているのが魅力的。携帯しやすく、よりカジュアルに44×33mmセンサーカメラを使える時代が来たのかもしれません。

使用時は

X Summit PRIME 2021の情報

関連記事

    -FUJIFILMレンズ, FUJIFILM広角レンズ, FUJIFILM標準レンズ, FUJIFILM関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材比較