Tamronレンズ カメラ

IMAGING RESOURCEが50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDのサンプルギャラリー

IMAGING RESOURCEがタムロン「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD」のサンプルギャラリーを公開。ソニーGMよりも汎用性が高く、小型軽量で手ごろな価格のレンズと述べています。

IMAGING RESOURCE:Tamron 50-400mm F4.5-6.3 VXD Gallery Images: Wildlife and nature with this all-in-one telephoto zoom for Sony full-frame cameras

Tamron 50-400mm Gallery

  • タムロンは、ソニーEマウント用の8倍望遠ズームレンズ「50-400mm F4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」を発表した。
  • 標準から超望遠まで幅広い焦点距離を持ち、自然やスポーツなどアウトドアでの撮影に威力を発揮する汎用性の高いレンズだ。
  • VXDリニアモーターによる高速フォーカシングシステム、軽量・堅牢な構造、この焦点距離のレンズとしては驚くほどコンパクトなサイズなど、多くの特徴を備えている。
  • ソニー「FE100-400GM」とほぼ同じサイズ(実際はもう少し短い)でありながら、ワイド端は50mmまで使える。また、ソニーよりかなり安価で、1300ドル前後となる。
  • 実際に使ってみると、超望遠レンズのように見えるのに、ファインダーでは50mmという比較的広い視野が得られるのはちょっと不思議な感覚だ。
  • ワイド端では1:2のマクロ倍率、70mmで0.27mと、とても素晴らしい近接撮影が可能である。400mmでは1.5mと、長焦点域での近接撮影はあまり得意ではないが、まずまずの性能だ。
  • このレンズは非常に速く、静かにピントを合わせ、瞳AFはうまく機能する。
  • 野生動物や鳥を撮影する人にとって、400mmの焦点距離は少し短いと感じたが、6100万画素のα7R IVでトリミングすると良い感じになる。

とのこと。
400mmに達する望遠ズームとしては珍しい、光学8倍の高倍率ズームレンズですね。一般的な100-400mmよりも遥かに広い50mm画角を利用することが出来るので、汎用性が高く、幅広い被写体に対応できるレンズとなっています。

IMAGING RESOURCEは6100万画素のα7R IVと組み合わせることで、高解像な50-400mmとして利用できるほか、2600万画素のAPS-Cクロップで600mm相当の望遠域として利用できる点に興味を示しているようです。この際の解像性能も十分良好であり、満足のいく結果を得ることができそう。ただし、開放F値が「F6.3」となる焦点距離が短く、日中でも日陰での撮影ではISO感度がかなり高くなる模様。APS-Cクロップは当然ながら高ISO感度ノイズが目立つので、画質とシャッタースピードのバランスに注意する必要があるように見えます。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD 最新情報まとめ

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年9月22日 初値 148,500円
マウント E 最短撮影距離 0.25-1.5m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1:2-1:4
焦点距離 50-400mm フィルター径 67mm
レンズ構成 18群24枚 手ぶれ補正 対応
開放絞り F4.5-6.3 テレコン -
最小絞り F22-32 コーティング BBAR-G2
絞り羽根 9枚円形絞り
サイズ・重量など
サイズ φ88.5×183.4mm 防塵防滴 対応
重量 1,155g AF VXD
その他 USB-Cポート・ズームロック
付属品
レンズフード

関連レンズ

関連記事

-Tamronレンズ, カメラ
-,