Nikonレンズ Z NIKKOR 海外の評価

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sは十分な性能を備えた汎用性の高いレンズ

PCmagが「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」のレビューを公開。優れた光学性能とビルドクオリティで、豊富なNIKKOR Z 標準ズームの中間に位置するレンズとしてはエディターズチョイスに選ばれています。

PCmag:Nikon Nikkor Z 24-120mm F4 S Review

ニコンニッコールZ 24-120mm F4 Sは、優れた光学性能により、背景をデフォーカスした緻密な画像や、マクロ撮影時のピントの合ったクローズアップを実現します。ニコンZカメラに最適なズームレンズの一つです。

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 防塵防滴仕様に加えて、全面にはフッ素コーティングが施されている。

携帯性:

  • 競合レンズよりも広いズームレンジを備えているが、適度なサイズに抑えられている。
  • ズーム操作で内筒が伸びる設計だ。

操作性:

  • ゴムカバーのズームリングは操作しやすく、抵抗があるので誤操作することはない。
  • フォーカスリングはリニア・ノンリニアどちらにも対応している。
  • 従来のコントロールリングの操作は個人的に少し敏感すぎるが、このレンズはリングが少し固めで正確な操作が可能だった。

フォーカス:

  • ステッピングモーター駆動のマルチフォーカス構造を採用している。
  • 高速かつ、実質無音で不満はない。
  • フォーカスブリージングはほとんど見られない。
  • 最大1:2.6のマクロ撮影が可能だ。

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正は非搭載だが、Zカメラはボディ側に手振れ補正を搭載している。

解像性能:

  • Z 7IIの高解像センサーに問題なく耐用できるレンズだ。
  • ラボテストにおいて、広角側で優れた結果が得られ、望遠側でも良好なスコアとなる。
  • 24mm F4のフレーム端は完璧ではないものの、F5.6まで絞ればシャープな結果が得られる。
  • 望遠側ではより均質的な結果となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 接写性能が高く、大きなボケを得る機会が多い。
  • 大部分の撮影では滑らかなボケが得られる。
  • 玉ボケは典型的な玉ねぎボケの効果が見られる。

色収差:

  • 厳しいシーンでも色収差は抑えられている。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差は効果的に抑えられている。ただし、これはレンズプロファイルが補正している可能性がある。

周辺減光:

  • 減光補正をノーマルに設定してF4を使用すると、周辺部が少し暗くなることに気が付いた。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F22でシャープな光条が得られる。
  • 逆光は良好に抑えられている。

総評

ニコンZマウントの標準ズームレンズの選択肢は豊富だ。この24-120mm F4はそれら選択肢の中間に位置するレンズだ。十分な性能とカバーエリアを備え、レンズ交換の必要性を提言し、接写性能も含めると本当に汎用性の高いレンズに仕上がっている。これらを考慮し、PCmagのエディターズチョイスに選ばれるべきレンズとなった。低照度などの撮影では24-70mm F2.8のほうがおすすめだが、他の場合は24-120mmがおすすめである。

  • 長所
    ・ぬけのある解像度
    ・高速かつ静かなAF
    ・1:2.6のマクロ性能
    ・防塵防滴
    ・フッ素コーティング
    ・Fnボタン
    ・コントロールリング
  • 短所
    ・玉ねぎボケ

とのこと。
5本あるNIKKOR Z標準ズームレンズのうち、幅広いズーム域をF4でカバーしている便利なレンズですね。他社で一般的な24-105mmよりも望遠側が少し長いものの、適度なサイズ・重量に抑えられ、クラス最高の接写性能を備えたレンズに仕上がっています。光学手振れ補正こそ搭載していませんが、24-120mmであればボディ側の手振れ補正で十分と言えるかもしれませんね。テスト結果を公開していませんが、ImatestでZ 7IIと組み合わせた際の解像性能をチェックしており、十分な解像性能が得られていると言及しています。ただし、24mm F4のフレーム端は性能が少し低下する模様。

私も本レンズとZ 7を組み合わせて楽しんでいます。PCmagのテスト結果はおおむね同意できる内容となっており、24mm F4のフレーム端が甘いのもその通りかなと。望遠側は均質な性能を発揮し、色収差は良好に補正され、逆光耐性はとても良好です。歪曲収差と周辺減光はプロファイルにより強制的に補正されているので、プロファイルを使用できない現像環境では注意が必要です。

競合他社の24-105mm F4と比べると、強みとなるのは逆光耐性と望遠側の解像性能、そして接写性能の高さと言ったところでしょうか。欠点と感じる部分は少なく、お勧めしやすいレンズに仕上がっています。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S 最新情報まとめページ

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年2月 初値 125,730円
マウント 35mm 最短撮影距離 0.35m
フォーマット Z 最大撮影倍率 0.39倍
焦点距離 24mm-120mm フィルター径 77mm
レンズ構成 13群16枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F4 テレコン -
最小絞り F22 コーティング ARNEO・F
絞り羽根 9枚(円形絞り)
サイズ・重量など
サイズ φ84mm×118mm 防塵防滴 対応
重量 630g AF STM×2
その他 マルチフォーカス
付属品
レンズフード・ソフトケース

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, 海外の評価
-,