SONYレンズ SONY広角レンズ レンズ 海外の評価

DPReviewがソニーFE 20mm F1.8 Gのサンプルギャラリーと第一印象を公開

【価格情報】オリンパスオンラインショップのポイント利用上限増加中

スポンサーリンク

DPReviewが海外で正式発表されたばかりのソニー製交換レンズ「FE 20mm F1.8 G」を使ったサンプルギャラリーと第一印象を公開しています。

A near-perfect optic: Sony 20mm F1.8 G sample images and analysis

  • ソニーはフルサイズα向けの大口径広角単焦点レンズ「FE 20mm F1.8 G」を発表した。
  • このレンズは2枚の高度非球面レンズと3枚のEDレンズを導入しており、四隅まで優れた画質を約束している。ネタバレとなるが、光学性能はほぼ完璧だ。
  • XDリニアモーターの導入で高速オートフォーカスも実現している。
  • とてもシャープなレンズだ。6100万画素のα7R IVと組み合わせても余裕をかじる解像性能である。
  • 絞り開放の近接撮影でもコントラストは非常に高い。
  • 大口径レンズで問題となる軸上色収差はほとんど存在しない。注目に値する補正状態であり、本当に見事なパフォーマンスだ。
  • 倍率色収差は自動補正込みで収差をきちんと抑えている。
  • 歪曲収差は光学的に補正されている。
  • 周辺減光は四隅で最大-1.7EVの減光が発生する。
  • 非球面レンズの研磨状態は良好で心地よいボケを実現している。玉ねぎボケの兆候はほとんど無い。ただし、ボケの縁取りが僅かに強調されている。フレーム端ではボケが少し騒がしくなるかもしれない。

大口径の広角単焦点で軸上色収差と歪曲収差、周辺減光を光学的に補正するのは難しい。しかし、このレンズは四隅まで高いシャープネスを実現し、軸王色収差や倍率色収差、そして歪曲収差を良好に補正している。周辺減光は目立つが、このカテゴリのレンズとしては優れている。

肯定的な光学性能とクラス最高のフォーカス速度が組み合わさり、業界をリードする20mm F1.8に仕上がっている。

DPReview:A near-perfect optic: Sony 20mm F1.8 G sample images and analysis

とのこと。
実写作例を確認してみると、確かに四隅までシャープな光学性能ですね。6100万画素のα7R IVでここまで解像するのは凄い。倍率色収差は僅かに残存していますが、許容範囲内であり、自動補正でほぼ無視出来る収差量となっています。

広角レンズとしてはボケが綺麗で口径食の影響もまずまず抑えられているように見えます。逆光耐性はコマ収差の補正状態はまだ判断できませんが、公式ウェブサイトを信じるならば高水準な補正結果を期待できそうですね。

国内での販売価格は明らかとなっていませんが、海外では900ドルと言われています。無印と比べると少し高価な単焦点ですが、それだけの価値を持つレンズと言えるでしょう。

国内未発表のため簡易検索リンクです

関連記事

関連レンズ

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony E 最大5万円 -2020/7/26 2020/8/11
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, レンズ, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.