SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ

タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD 万人向けのハイクオリティな高倍率

Sony Alpha Blogがタムロンのミラーレス用交換レンズ「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」のレビューを掲載しています。高倍率ズームとしては非常に高性能なレンズとのこと。24-105Gと比べても健闘しているみたいですね。

  • ビルドクオリティはまずまずで、他のタムロン製ズームレンズと同じだ。ハイクオリティのプラスチックで構成され、装飾は何も無い。
  • 耐候性を確保するためにレンズマウントには目に見えるシーリングが施されている。
  • オートフォーカスは良好だ。このようなズームレンズとしては比較的高速で信頼性がある。瞳AFやリアルタイムトラッキングは完璧に機能する。
  • 望遠側は光量が低下するので28mm F2.8と比べるとフォーカス速度が遅い。
  • シャープネス
    ・α7R IV 6100万画素
    ・中央は28mmから135mmまで非常に良好なパフォーマンスを発揮する。1段絞るとさらに優れたパフォーマンスを発揮する。
    ・200mmでパフォーマンスは低下するものの、それでも非常に良好な結果だ。
    ・四隅は非常に良好な50mmを除くと、並~良好と様々だ。
    ・特に要求レベルの高いα7R IVと組み合わせても、このような高倍率ズームとしては非常に優れた性能だ。2400万画素のα7 IIIと組み合わせることで優れた結果となるだろう。
  • 周辺減光は中程度だ。
  • 歪曲収差
    ・28mm:小さな樽型
    ・50mm:適度な糸巻き型
    ・100mm:強い糸巻き型
    ・200mm:適度な糸巻き型
  • 色収差は少ない。
  • 逆光耐性はまずまずだ。
  • F16で素敵な光条が得られる。
  • 玉ボケ
    ・強い玉ねぎボケが発生する
    ・絞ると7枚の絞り羽根が角ばる
  • 後ボケはとても柔らかく素晴らしい。単焦点レンズほどでは無いが、高倍率ズームとしてはとてもキチンとした描写だ。
  • 発色はとても良好である。
  • FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSとの比較
    ・全体的にソニーよりタムロンが遥かに優れている。
    ・中央シャープネスはタムロンが非常に高い。ソニーは良くても並程度だ。
    ・後ボケはタムロンが良好だ。
    ・色収差はタムロンのほうが少ない。
    ・歪曲収差はタムロンのほうが少ない。
    ・ソニーの発色は良好だがタムロン以上ではない。
    ・タムロンはより低価格だ。
    ・ソニーのAFは並程度だ。子供やスポーツアクションには不向きである。
    ・タムロンのAFは高速で効果的だ。スポーツアクションも撮影できるだろう。
  • FE 24-105mm F4 G OSSとの比較
    ・タムロンも非常に良好だが、ソニーは中央で少し良好、そして四隅はより良好だ。
    ・違いは4200万画素や6100万画素で確認できるが、2400万画素では見分けがつかないだろう。
    ・AFはソニーが少し速い。
  • 28-75mm F/2.8 Di III RXDとの比較
    ・どちらも同じデザイン、フィルターサイズ、レンズサイズ、価格設定だ。
    ・シャープネスはほぼ同等だが、28-75mmが少し優れている。
    ・主な違いはF2.8の開放F値と絞り羽根の数だ。
  • 動画撮影でとても良好に機能する。

ハイクオリティを維持しながら1本の高倍率ズームで旅行をしたい全ての人に適したレンズだ。2400万画素と4200万画素で問題無く利用でき、大部分の場合で6100万画素にも対応している。

もちろん高倍率らしい妥協点もある。
・200mm F5.6は低照度での撮影に適していない。
・玉ねぎボケと7枚の絞り羽根
・200mmで僅かなパフォーマンス低下
・逆光時に少しフレアっぽくなる

とは言え、全体的にとても自然な描写であり、とても良好な発色と素敵な後ボケ、ズームレンジ全域で良好なシャープネスを得ることが出来る。オートフォーカスは高速で正確、価格は手ごろでレンズはコンパクトだ。強くおススメできるレンズである。

ソニー「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」と比較すると全く別物であることが分かる。ソニーは2400万画素できちんとした描写だが、4200万画素ではまったく信用できず、AFはあまり良く無い。

長所:28~135mmで優れた中央シャープネス・リーズナブルな価格・高倍率としては小型軽量・非常に高速で正確なAF・低色収差・最短撮影距離・歪曲収差と周辺減光が中程度

:ビルドクオリティ・逆光耐性・200mmでの低照度AF・200mmのシャープネス

短所:四隅のシャープネス・28mm始まり・玉ねぎボケ

Sony Alpha Blog:Tamron 28-200mm F2.8-F5.6 Di III RXD

とのこと。
ほぼ全てのソニーEマウント用レンズをレビューしているSony Alpha Blogでも非常に良好な評価となる高倍率ズームレンズのようですね。6100万画素のα7R IVでも良好な光学性能を期待できるようです。

私は手持ちのα7 IIIと組み合わせて使っていますが、テスト結果は概ね似たような印象です。Sony Alpha Blogも指摘しているように、200mm F5.6を使った場合の低照度AFは注意が必要。広角側が2段も明かるいので、望遠側のF5.6がとても暗く感じます(高倍率ズームとしては健闘しているF値ですが)。
さらに光学手ぶれ補正を搭載しておらず、効き目の悪いボディ側の手ぶれ補正ユニットだけでは200mmで満足のいく補正結果を得ることが出来ません。十分なシャッタースピードを稼げるようにISO感度を上げる必要があります。ベストを尽くすのであれば三脚を使いたいところ。

ちなみにFlickrの本レンズ専用ページには既に100点を超えるユーザー投稿が公開されています。併せて確認しておくと良いでしょう。私も専用のアルバムで作例や写真を公開しています。

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD交換レンズデータベース

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~