Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

The Phoblographerがタムロン「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2」の作例と第一印象を掲載

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

スポンサーリンク

The Phoblographerがタムロンのミラーレス用交換レンズ「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F053)」の作例とインプレッションを掲載しています。

  • レンズフードはキャップタイプだ。
  • タムロンが発表したフルサイズミラーレス用レンズは全てフィルター径を67mmで統一している。フィルターを使い回せるうえ、キャップも相互に利用することが可能だ。
  • 僅か2.5インチとコンパクトなレンズだ。重量は0.5ポンド弱とソニーEマウントボディと装着してバランスが取れたレンズサイズである。
  • フォーカスリング以外の操作部材は無い。他はボディ側で操作する必要がある。
  • 小型軽量なレンズだが、外装はしっかりとした作りだ。
  • 最短撮影距離は非常に短く、接写しやすい。
  • 瞳AFは純正レンズと同じように動作する。
  • 撮影時間は限られていたが、オートフォーカスは全体的にキビキビと動作するように感じた。ピントの迷いは無く、素早く合焦する。近くの被写体を撮影してもハンチングはあまりない。
  • プリプロダクションモデルのため画質の評価は時期尚早だ。無修正の作例を掲載するので自分の目で確かめて欲しい。

明るいレンズの需要があるのは間違いないが、カミソリのように薄い被写界深度は実用的とは程遠いものだ。タムロンは大口径レンズとは異なる独創的なアプローチの35mmを提案した。0.5ポンド弱と驚くほど軽いこのレンズの製品版を使うのが楽しみだ。

The Phoblographer:First Impressions: Tamron 35mm F2.8 Di III OSD M1:2 (Sony FE Mount)

とのこと。

「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F051)」のインプレッションも公開しており、比較して35mmのほうが歪曲収差が良好に補正されていることが分かります。ボケはまずまず綺麗に見えますが、作例数が少ないので評価するのは時期尚早。

α7R IIIと組み合わせた写真を見ると、35mm F2.8としては大きく見えますが許容範囲内のレンズサイズに見えます。

タムロン35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F053 交換レンズデータベース

35mm F/2.8 Di III OSD M1:2(Model F053)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~