SIGMAの情報 SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

シグマ85mm F1.4 DG DNはGMを圧倒する究極の85mm

Sony Alpha Blogがシグマ「85mm F1.4 DG DN」のレビューを公開。6100万画素でも絞り開放からキレッキレのシャープネスでソニーGMを簡単に上回る模様。さらにボケは綺麗で高速AF、小型軽量が加わり「最高の85mm」と高く評価しています。

全てを兼ね備えた一本

Sony Alpha Blog:Sigma 85mm F1.4 DG DN Art

  • レンズはコンパクトだが密度が高く、重量は理にかなったものだ。
  • ビルドクオリティとエルゴノミクスは優れている。
  • Aポジションで絞りリングをロックできる特別なスイッチを持つ。
  • レンズフードにもロック・ロック解除用のボタンがある。
  • オートフォーカスは静止画・動画で非常に高速かつ正確で静かに動作する。
  • 瞳AFは完璧に動作する。
  • 被写体が手前に向かって歩いていたり、自転車で迫ってきても、F1.4の8コマ秒連写で全てシャープに撮影することが出来た。
  • シャープネス
    ・α7R IV 6100万画素
    ・中央:F1.4から抜群の切れ味だ。
    ・四隅:F1.4から非常に良好、F2で優れた結果となり、F2.8で抜群の性能となる。
    ・性能は際立っており、これまでテストした中で最高の85mmである。
  • 非常にシャープなレンズだが、肌は滑らかに描写され、非常に心地よい後ボケを得ることが出来る。シャープネスとボケがどちらも良好なレアケースである。
  • 口径食はF1.4で強い影響があるものの、F8で完全に解消する。
  • 歪曲収差は大きな糸巻き型だ。
  • 色収差はゼロに近い。
  • 逆光耐性は良好だが、それ以上のものではない。太陽に向かって撮影すると簡単にフレアが発生する。
  • F16まで絞ると素敵な光条が発生する。
  • ボケは非常に良好だ。縁取りは柔らかく、玉ねぎボケの兆候は見られない。口径食の影響で四隅は楕円形となる。
  • 後ボケは非常に柔らかく滑らかな描写だ。ソニー「FE 85mm F1.4 GM」のようだが、背景が騒がしいレアケースではGMより騒がしい描写となる。
  • 発色やコントラストは優れており、自然な描写だ。
  • 動画でもボケや色再現で優れた結果を得ることが出来る。デクリック機構のおかげて静かな絞り操作も可能だ。AFも優れている。コンパクトサイズなのでジンバルへの取り付けが可能だ。
  • 競合レンズとの比較
    ・最も小さいレンズであり、サムヤン「AF 85mm F1.4 FE」に次いで2番目に軽量なレンズだ。GMより10%小さく、25%軽い。
    ・ビルドクオリティはGMと同等だ。サムヤンやソニーGを上回っている。
    ・AFL・クリックレス機構を備えた完璧なエルゴノミクスだ。
    ・シャープネスはサムヤンよりも少し優れている。GMはα7R IVとの組み合わせで大きく見劣りするので、4200万画素センサーが限界だ。
    ・シグマとGMのボケは最高だ。絞っても円形を維持しており、後ボケは非常に柔らかい。
    ・DG HSMは玉ボケにいくらか非球面レンズの影響が見られる。
    ・サムヤンは玉ボケに縁取りがあり、F2.8まで絞ると絞り羽根の形状が目立つ。
    ・歪曲収差と周辺減光はDG DNが最悪だ。光学的にはDG HSMとGMが最も優れている。
    ・色収差は全てのレンズでとても良く抑えられている。
    ・逆光耐性は全てのレンズが良好だが、決して優れているわけでは無い。
    ・オートフォーカスはFE85mm F1.8とよく似た最高のAFだ。ただし、FE135mm F1.8 GMには少し劣る。効果的だが、素早いアクションシーンでは少し遅くなる。
    ・全体的に見て、DG DNは勝利を収めている。問題は歪曲と減光だが、これは将来的にレンズプロファイルで補正できるはずだ。

シグマ85mm F1.4 DG DN Artは光学性能・芸術的な描写・AF性能・エルゴノミクス・ビルドクオリティに加え、サイズ・重量・価格など、全ての分野で最高のレンズだ。ソニーEマウントの85mmラインアップの中で簡単にトップへ躍り出る素質を持っている。α7R IVと組み合わせ、ポートレートやウェディング用として使う究極の85mmとなるだろう。まさに必携レンズである。

長所:F1.4から優れた中央シャープネス・F2.8でフレーム全域が優れたシャープネス・6100万画素でも極めてシャープなF1.4の描写・85mm F1.4としては最小で最軽量クラス・優れたAF・滑らかなボケ・優れた玉ボケ・非常に良好で自然な発色・優れた肌調・F1.4でも優れたコントラスト・デクリック機構を備えた絞りリング・AF/MFスイッチ・AFLボタン・優れたビルドクオリティ・防塵防滴・色収差が皆無・リーズナブルな価格設定

平凡:逆光耐性

短所:歪曲収差(補正可能)・周辺減光(補正可能)

とのこと。
ほぼ全てのEマウントレンズをレビューしてきたSony Alha BlogのMARC ALHADEFF氏を唸らせる一本となっている模様。

歪曲収差と周辺減光は後処理やプロファイル補正の必要があるものの、小型軽量ながら非常に高性能なレンズに仕上がっているようです。6100万画素のα7R IVでも余裕の解像性能を備えたF1.4というのは凄いですね。これでサムヤンより小さいのだから驚き。

シャープなレンズであると共に、ボケ描写も非常に美しい描写ですね。軸上色収差も良く抑えられており、悪目立ちしないのがGood。
AFはMobile01でやや低評価となっていましたが、SARでは非常に高い評価を得ていますね。プロダクションモデルとの違いでしょうか?

SIGMA 85mm F1.4 DG DN | Art 交換レンズデータベース

購入早見表

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-SIGMAの情報, SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~