Nikonレンズ Nikon広角レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコン「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」は期待を裏切らない間違いなく素晴らしいレンズ

ePHOTOzineがニコン「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」のレビューを公開。抜群の解像性能に抜群の逆光耐性を備えているとのこと。非常に高価ですが、それでも強くおススメできるレンズと評価しています。

抜群の広角ズームレンズ

ePHOTOzine:Nikon Nikkor Z 14-24mm f/2.8 S Lens Review

  • レンズの紹介
    ・記載なし。
  • ビルドクオリティ
    ・非常に高水準で頑丈な作りだ。
    ・レンズには脱着できるレンズフードのほか鏡筒に内蔵されたレンズフードもある。
    ・レンズのズーミングは内蔵フード内で内筒が前後するので全長に変化は無い。
    ・花形レンズフードも同梱しているが、深いフードでは無い。遮光性と言うよりは保護性で有効なフードだと思われる。
    ・フードに112mmの円形フィルターを装着可能だ。
    ・金属製レンズマウントは頑丈で滑らかに装着できる。
    ・マウント部にはゼラチンフィルターのスロットがある。
  • 携帯性
    ・650gと軽いレンズではないが、ニコンZ 7との組み合わせでバランスは良好だ。
  • 操作性
    ・操作性は非常に効果的だ。
    ・フォーカスリングはバイワイヤ式だ。
    ・ズームリングは滑らかに回転する。14mm・15mm・16mm・18mm・20mm・24mmの焦点距離を表示している。
    ・小さなOLEDディスプレイを搭載し、DISPボタンで絞りや焦点距離、ピント距離・被写界深度などを表示できる。残念ながら被写界深度は十分な距離を表示できないので、あまり役に立たない。DISPボタン長押しで単位を変更することも可能だ。
    ・カスタマイズ可能なFnボタンやコントロールリングを搭載している。
  • オートフォーカス
    ・記載なし。
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • 解像性能
    ・14mmの中央はF2.8からF8まで際立った性能だ。F11からF16で優れた性能であり、F22でも非常に良好だ。
    ・14mmの端はF2.8から良好、F4で優れた性能となり、F5.6からF8で際立った結果となる。F11で優れた結果に戻り、F16でも非常に良好、F22でソフトだ。
    ・16mmの中央はF2.8からF8まで際立った性能だ。F11~F16で優れた結果となり、F22でも非常に良好である。
    ・16mmの端はF2.8で非常に良好、F4で優れた結果となり、F5.6で際立った性能だ。F8~F11で優れた結果となり、F16で非常に良好、F22でソフトとなる。
    ・20mmの中央は16mmとよく似ている。F2.8からF8まで際立った性能で、F8からF16で優れた結果となり、F22で非常に良好だ。
    ・20mmの端はF2.8で非常に良好、F4~F11で優れた結果となり、F16で非常に良好、F22でソフトとなる。
    ・24mmの中央はF2.8からF8で際立った性能、F11~F16で優れた結果となり、F22で非常に良好だ。
    ・24mmの端はF2.8からF11まで優れた結果となり、F16で非常に良好、F22でソフトとなる。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・記載なし。
  • 色収差
    ・倍率色収差は全体的にとても良好に補正されている。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・14mmで-3.59%の樽型だ。
    ・20mmで+0.35%の糸巻き型だ。
    ・24mmで+1.11%の糸巻き型だ。
    ・14mmでは歪曲がハッキリと見え、16mmで完璧に補正されている。
    ・広角レンズながら糸巻き型歪曲を伴っている。この種のレンズで樽型歪曲を見慣れていると、少し奇妙に見えるかもしれない。
  • 周辺減光
    ・このような広角レンズとしてはとても合理的な光量落ちだ。
    ・14mm F2.8 -2.56EV
    ・16mm F2.8 -2.2EV
    ・20mm F2.8 -1.9EV
    。24mm F2.8 -1.7EV
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・逆光耐性は並外れている。厳しい状況でもフレアの兆候は全く見られなかった。
  • 価格
    ・2499ポンドと非常に高価だ。
    ・ソニーEマウントであれば1299ポンドのシグマ14-24mm F2.8を利用できる。
    ・一眼レフユーザーならば1394ポンドのAF-S 14-24mm F2.8Gを検討するかもしれない。

総評

新しいニコンのレンズは期待を裏切らない性能だ。 間違いなく素晴らしいレンズであり、絶好調なニコンレンズを作り続けている。卓越したシャープネスを持つ驚くべき性能、そして素敵な操作性を備えている。

欠点は価格だ。性能もトップクラスなら価格設定もトップクラスだ。Z 7との組み合わせで非常に高価な買い物となる。この品質のレンズを欲しければ、このような価格設定が必要なのかもしれない。性能を必要とし、財布に余裕がある人にとって選びやすいレンズである。

このため、価格設定にもかかわらず、卓越したパフォーマンスを考慮すると強くおススメ出来るレンズだ。

長所:抜群のシャープネス・色収差がほとんどない・優れた逆光耐性・優れた操作性・ハイクオリティな鏡筒・L-Fnボタン・歪曲が良く補正されている・リアフィルター

短所:非常に高価・糸巻き型歪曲に違和感を覚える

とのこと。
各所で非常に高い評価を得ているレンズですが、ePHOTOzineでも同様となった模様。解像力テストは広角レンズと相性が悪く、特に四隅の結果は割り引いてみておく必要があります。実写では絞り開放から四隅まで非常にシャープな描写に見えますね。

何より嬉しいのは逆光耐性でしょうか。一眼レフ用「AF-S14-24mm F2.8G」は非常に評価の高い広角ズームですが、逆光耐性は泣き所となっていました。一方で、このレンズは他のZレンズ同様、鬼のような逆光耐性を発揮するようです。特に画角の広い広角ズームレンズでは重要なポイントですね。

価格は30万円に近いものの、このパフォーマンスが必要であれば、他に選択肢は残されていないように見えます。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S交換レンズデータベース

参考:レンズサイズ比較

関連レンズ

関連記事

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER