SONYレンズ SONY広角レンズ レンズ 機材レビュー 海外の評価

FE PZ 16-35mm F4 Gは歪曲が大きいが小型軽量で良好な光学性能

Lesnumeriquesが「FE PZ 16-35mm F4 G」のレビューを公開。小型軽量なパワーズーム対応の広角ズームレンズですが、歪曲収差以外は良好な光学性能を実現していると高く評価しています。

Lesnumeriques:Test Sony FE PZ 16-35mm F4 G : un excellent zoom grand-angle compact

外観・構造:

  • FE16-35mm F4 ZA OSSの登場から8年後に正式発表されたレンズだ。
  • 外装は第二世代のソニー製レンズとほぼ同じだ。
  • フッ素コーティングや防塵防滴に対応している。

携帯性:

  • ZAレンズが518gであるのに対し、このレンズは僅か353gである。
  • 全長はZAレンズと比べて1cm短くなっている。

操作性:

  • パワーズームに対応している。リング操作やスイッチ操作で焦点距離を変更可能だ。ズーム速度はボディ側で調整可能である。
  • コントロールは第二世代のソニー製レンズとほぼ同じだ。あらゆる操作を備えている。
  • ズームリングとフォーカスリングの回転は少し緩すぎるように感じる。
  • 絞りリングはクリックあり/なしを選ぶことが出来る。

フォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載である。

解像性能:

  • 16mmはF4から高解像だ。理想的な絞り値はF4からF8で、F5.6でピークを迎える。
  • 24mmや35mmに設定するとシャープネスはさらに良好となる。
  • FE12-24mm F2.8 GMよりもピークの解像性能が高い。ただし、均質性は12-24mm F2.8のほうが良好だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 中央は円形の玉ボケとなり、隅に向かって変形する。

色収差:

  • 色収差の問題はほとんど無い。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 16mmで顕著な歪曲収差が発生する。この際の歪曲収差は9%と非常に大きい。
  • ボディ内でトリミングしつつ補正可能だ。

周辺減光:

  • 広角端と望遠端で最も目立つ。
  • 絞ってもかなりの減光量が見られるがソフト補正が可能だ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

FE PZ 16-35mm F4 Gは、ソニーが提案する異形の広角レンズだ。軽量で、電動ズームを搭載しており、携帯性を重視しつつ撮影したい方に最適だ。歪曲収差が大きいものの、非常に高いレベルのシャープネスを発揮するレンズである。

  • 長所
    ・小型軽量
    ・防塵防滴
    ・Fnボタン
    ・クリック/デクリックの絞りリング
    ・電動ズーム
    ・良好なシャープネス
    ・諸収差の補正状態
  • 短所
    ・F4
    ・広角で強い歪曲収差
    ・周辺減光

とのこと。
フルサイズ対応のF4広角ズームとしては非常に軽い(353g)レンズですね。小型軽量ながらXDリニアモーターによる高速AFを実現し、さらにパワーズームにも対応しているとのこと。光学性能は歪曲収差をデジタル補正に丸投げしているものの、解像性能やその他の収差を良好に補正しているようです。これでインナーズームまで実現しているのだから凄いですねえ。ドローンやジンバルにも搭載しやすい広角ズームレンズに見えます。

F4広角ズームとして安い価格設定ではありませんが、それでも20万円超のキヤノンほどでは無く、機能性を考慮すると手ごろな価格と感じるかもしれません。

ソニー FE PZ 16-35mm F4 G 最新情報まとめ

FE PZ 16-35mm F4 G
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソニーストア icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-