Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコン「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」マクロの中でも優れたレンズ

ePHOTOzineがニコン「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」のレビューを公開。小型軽量ながら優れた光学性能と操作性を実現した標準マクロと言及し、エディターズチョイスとして高く評価しています。

ePHOTOzine:Nikon Nikkor Z MC 50mm f/2.8 Macro Review

レンズの紹介:

  • これまでのところ、ニコンZマウントのレンズは最高レベルのパフォーマンスを発揮する見事なものであった。そして今、このマウントに2つのマクロレンズが追加された。一つがこの50mm F2.8だ。

ビルドクオリティ:

  • 明らかにプラスチック製の外装だが、全体的な仕上がりは見事で、しっかりと作られている。
  • 最短撮影距離へ向かうにつれて内筒が前方へ伸びる。
  • フィルター径は46mmだ。このフィルターソケットにねじ込むレンズフードも用意されている。
  • レンズにはSB-R200フラッシュユニット用のSY-1-62アダプターリングを装着するための62mmフィルターソケットも備わっている。
  • また、ES-2 フィルムデジタイズアダプターにも対応している。
  • 62mmフィルターソケットに一般的なフィルターを装着すると、伸び縮みする内筒と接触して破損する可能性がある。
  • 7群10枚のレンズ構成には1枚のEDレンズと1枚の非球面レンズを使用している。前面にはフッ素コーティングが施され、使用している絞り羽根の枚数は9枚だ。
  • レンズは防塵防滴に配慮した設計である。

携帯性:

  • 重さは僅か260gである。

操作性:

  • 幅広いコントロールリングはカメラ側の設定によってフォーカスリングや絞りリングとして利用可能だ。もちろん滑らかに回転する。
  • AF/MF切替スイッチと、AFエリアは0.16~0.3mに限定できるAFリミッター用のスイッチを搭載している。
  • カメラの初期設定では省エネ設定でスリープが設定されている。これを解除しないとカメラがシャットダウンするので撮影が面倒だった。

オートフォーカス:

  • ステッピングモーター駆動のAFは滑らかで正確、そして静かに動作する。
  • AFは高速だ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • Z 7IIと組み合わせてテストした。
  • 中央はF2.8からExcellentで、F4からF8までOutstandingだ。F11~F16でExcellentとなり、F22でVery goodだ。
  • 端はF2.8でVery good、F4でExcellent、F5.6~F8でOutstanding、F11でExcellent、F16でVery good、F22でVery softだ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 高解像レンズながら、とても滑らかで魅力的な描写だ。

色収差:

  • 色収差は中央と端どちらもゼロに近い。追加で修正が必要とも感じない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • +0.71%の糸巻き型だ。追加の補正が必要な場合はカメラ側で修正可能である。

周辺減光:

  • 光量落ちはF2.8で-2.2段となる。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • フレアは適切に抑えられている。
  • フレーム隅に光源があると、僅かにゴーストが発生する可能性がある。

総評

NIKKOR Z MC 50mm F2.8は、優れた性能、優れた操作性、軽量でコンパクトな形状のすべてを兼ね備えた、優れたマクロレンズだ。マクロレンズに悪いものはないが、このレンズはさらにその上を行く優れたレンズである。

また、通常の100mmレンズと比べて、テーブルフォトや書類の複製などに無理な長さのワーキングディスタンスを必要としないという利点がある。また、フルサイズ用の標準レンズとしても優れている。APS-Cフォーマットでは、35mm判換算で約75mmの画角を持ち、ポートレート用の中望遠レンズとしても利用できる。

以上の結果から、NIKKOR Zレンズラインアップに加わったエディターズチョイスに相応しいレンズである。

  • 長所
    ・抜群のシャープネス
    ・色収差はとても少ない
    ・穏やかなヴィネッティング
    ・低歪曲
    ・逆光耐性
    ・美しいボケ
    ・防塵防滴
    ・立派な作り
    ・撮影倍率を確認可能
    ・静かで高速なAF
  • 短所
    ・距離表示が無い
    ・被写界深度表示がない
    ・レンズフードが小さすぎる

とのこと。
以前からePHOTOzineのNIKKOR Zレンズの評価は高く、このレンズで再びエディターズチョイスに選ばれた模様。小型軽量なマクロレンズですが、良好な解像性能と諸収差の良好な補正状態を実現している模様。作例を見る限り、ボケもまずまず綺麗に見えます。高解像レンズですので、滲みのある柔らかいボケではありませんが、悪目立ちすることは無さそうです。
マクロ距離での作例も用意されており、それを見る限りではフレーム周辺部まで収差を抑えたシャープな結果を得ることが出来るようです。至近距離でも収差の変動は良好に抑えられている模様。

ニコン「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」交換レンズデータベース

関連レンズ

Fマウント

関連記事

レンズサイズ比較

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER