Canonレンズ Canon標準レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「RF50mm F1.8 STM」はEF50mm F1.8を上回る性能の手ごろな価格のレンズ

Mobile01がキヤノン「RF50mm F1.8 STM」のレビューを掲載。EF50mm F1.8 STMと比べて解像性能や収差補正が向上していると評価しています。オートフォーカスもEOS Rに最適化されているように見えますね。

EF50mm F1.8より優れたレンズ

Mobile01:Canon RF 50mm f/1.8 STM 評測報告|平民鏡皇的新舊對決 !

  • ビルドクオリティ
    ・安価なレンズらしく、同梱品にレンズフードが存在しない。
    ・レンズキャップは台湾製だ。
    ・1枚の非球面レンズを含めた5群6枚のレンズ構成である。
    ・レンズマウントは金属製だ。
    ・レンズの製造国はマレーシアである。
    ・外装はプラスチック製だが、マットな質感は明らかEFレンズよりも良好だ。
  • 携帯性
    ・レンズサイズはφ69×40.5mmだ。EFレンズよりも1.2mm長くなっているが、重量は同等の160gである。
    ・フィルター径はEFレンズが49mmだったのに対して、RFでは43mmと小さくなっている。
    ・直径は小さいが、MTFの性能は以前よりも良好だ。これは非球面レンズが上手く作用しているのだろう。
    ・絞りはRF85mm F1.8と同じくリバース設計で絞り値はF1.8~F22の間で操作可能だ。
    ・EOS Rとの組み合わせで非常に軽くて便利と感じる。
    ・EF50mm F1.8 STMをアダプター経由で使うよりも明らかにコンパクトである。
  • 操作性
    ・レンズにはコントロールリングのような外観のリングを搭載している。レンズ側面のスイッチを操作することで、フォーカスリング・コントロールリングとして切り替えて利用可能だ。
    ・コントロールリングで露出補正・絞り・ISO感度・シャッタースピードなどを操作できる。
    ・AF/MFの切替はメインメニューから操作する必要がある。Qメニューにフォーカスモードを切り替える項目は無い。
  • オートフォーカス
    ・最短撮影距離は0.35mから0.30mに改善している。この結果は最大撮影倍率も0.25倍まで向上している。このクラスとしては印象的な改善結果であり、実用的な性能だ。
    ・EOS Rとの組み合わせで瞬間的にAFが動作する。対称的にEF50mm F1.8 STMは合焦まで少し時間がかかる。サーボAFでの違いはさらに明らかだ。
  • マニュアルフォーカス
    ・記載なし。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • 解像性能
    ・MTF曲線ではEF50mmと比べて大きく改善している。
    ・実写ではF1.8でEF50mmに明らかな収差が残っているのに対し、RF50mmは遥かに良好だ。F2.8まで絞るとEF50mmはRF50mmに追いつく。
    ・最適な絞り値はF2.8~F11であり、F1.8は十分な性能だが優れているとは言えない。
    ・フレーム端はF1.8から実用的だが、安定するのはF2.8からF11である。EF50mmはF4まで絞ると画質が大幅に改善する。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・絞り値が小さいほど口径食が目立つ。
    ・F1.8で僅かな口径食があり、F2.2まで絞ると解消する。
  • 色収差
    ・EDレンズを使用していないものの、EF50mmよりも良好な補正状態だ。
    ・中央はEF50mmと同等だ。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・記載なし。
  • 周辺減光
    ・記載なし。
  • コマ収差
    ・コマ収差の補正はどちらも良好な結果を期待できない。
  • 逆光耐性
    ・F2から若干のゴーストが発生し、絞るごとに目立つようになる。
    ・F2.8まで絞るとクリアな光条が発生し始め、F8以降で光条が伸びる。
    ・RFとEFはどちらも期待を上回る光条だ。

総評

50mm F1.8は手ごろな価格で浅い被写界深度を楽しめる魅力的なレンズだ。EF50mm F1.8は何度かリニューアルされながら、低ごろな価格を維持して人気を博した単焦点レンズである。このRFレンズも手ごろな価格を維持しつつ、ビルドクオリティやAF、収差補正を改善し、EF50mm F1.8 STMを上回る性能を実現している。人気の単焦点レンズとなるだろう。

RF50mm F1.8 STM

EF50mm F1.8 STM

とのこと。
手持ちのRF50mm F1.8 STMは絞り開放でここまでヌケの良い中央解像では無いので、少し個体差があるかもしれません。とは言え、周辺解像や収差補正の傾向はほぼ同意見です。

EF50mm F1.8 STMと比べると、全体的にハロが良く抑えられているので開放付近の描写は改善したと感じるかも。コマ収差はRF50mmでも完璧な補正状態とは言えませんが、EF50mmと比べるとまだまだ良好。ただしF5.6~F8まで絞ると差はあまり無い感じ。

フォーカス速度はMobile01の動画を確認すると分かるように若干の改善が見られます。特に近距離でサーボAFを使う場面では差が出るかと思います。動作音も少し抑えられているような、いないような…。

1万円ほど高価ですが、光学性能差が価格差ほどの価値があると感じるかどうかは人次第だと思います。少なくともEOS Rとの組み合わせで小型軽量な50mm F1.8システムを組めるのは確か。メインシステムがEOS Rであれば検討する価値があると思います。

RF50mm F1.8 STM交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER