Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 噂情報

キヤノンは2本のシネマ用T2ズームレンズを4月に発表する?

Canon Rumorsがキヤノンの新製品について噂情報を発信。4月に非常に明るいT2のシネマEOS用ズームレンズを2本発表すると良好なソースから情報を得た模様。エクステンダーも内蔵しているのだとか。

Canon Rumors:Canon to Launch Two Flexible Cine Zooms in April

信頼できる情報源によると、キヤノンはT2.0の非常に明るいシネマEOSレンズを2本発売するそうだ。広角レンズは14-20mmから始まり、40-60mmの間に収まるだろう。より長いレンズは、30〜45mmから始まり、80〜90mmまで伸びる予定だ。

これらのレンズは、Super35センサーサイズ用に設計されているが、レンズのカメラ側に取り付けられた拡大コンバーターを使用して、フルサイズのT2.8ズームに変換することが可能だ。

このレンズは、既存のCN 15.5-47mmとCN 30-105mmに代わるものだ。
EFマウントとPLマウントの両方が用意されると聞いている。

とのこと。
拡大光学系を内蔵したT2シネマ用ズームレンズが登場する模様。Super35mm用の光学系ですが、内蔵している拡大光学系でフルサイズセンサーでも利用できる模様。
同じようなコンセプトの「CN10x25 IAS S/E1/CN10x25 IAS S/P1」の新シリーズということでしょうか?プロユースのレンズであることは間違いなく、静止画アマチュアユーザーにはほとんど縁のないレンズだとは思いますが興味深いレンズですねえ。

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R7

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない
  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

EOS Kiss M3

2022年Q4

  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 噂情報